英CodemastersはEAが買収へ

米エレクトロニック・アーツは12月14日、英国に拠点を置くゲームデベロッパーおよびパブリッシャーの Codemasters の買収で合意したと発表しました。 Codemasters は11月、Take-Two との間で買収に合意に達しており、2021年第1四半期に完了するはずでした。 が、Codemasters はより高額な買収価格を提示、水面下で交渉していた EA 案を受け入れることとしたようで

スクエニ、在宅勤務を正式に制度化し全従業員に適用。12月は約8割が基本在宅勤務に

スクウェア・エニックスは 2020 年 12 月 1 日より、現在実施している在宅勤務を正式に制度化します。 対象は役員および全職種の社員。 在宅勤務は新型コロナウイルス感染対策として導入されたものですが、今後も恒久的な制度として導入することが決定しました。 これにより柔軟かつ多様な就労環境を実現し、さらなる生産性の向上およびワークライフバランスの最適化を目指すとしています。 「在宅勤務制度」が導

Take-Two、英Codemastersの買収で合意。レースゲーム開発の老舗を取り込みポートフォリオを強化

Take-Two Interactive Software は 2020 年 11 月 10 日、数多くのレースゲームを手がけるイギリスのパブリッシャー/デベロッパー Codemasters を傘下に持つ持株会社 Codemasters Group Holdings の買収で合意したと発表しました。買収は 2021 年第 1 四半期に完了予定。 買収後も Codemasters の CEO である

EA、『FIFA 20』のプレイヤー数が3,500万人規模に到達

米エレクトロニック・アーツは現地時間 11 月 5 日に 2021 年 3 月期の第 2 四半期決算を発表。新作の発売スケジュールや新型コロナウイルスの影響で前年と比べパッケージ販売が減少しましたが、デジタルが伸長したことでいくらか相殺。7-9月の売上高は事前の予想を上回り、前年比14%減の11.5億ドルでした。純利益は78%減の1.8億ドル。前年は一時的な税制優遇措置がありました。

任天堂の4-9月は増収増益、『あつ森』が初代『スーパーマリオ』を上回り単一ソフトとして国内最多セールス

任天堂は 11 月 5 日、2021 年 3 月期第 2 四半期決算(2020年4〜9月)を発表しました。売上高は73%増の7695.2億円、営業利益は209%増の2914.2億円、経常利益は249%増の2974.9億円、純利益は243%増の2131.2億円でした。 上半期が非常に好調だったことから、通期予想を上方修正。売上高は2,000億円増の1.4兆円、営業利益は1,500億円増の4,500億

カプコンの21年3月期第2四半期は全ての利益項目で過去最高を更新、中間配当の増配を決定

カプコンは 2020 年 10 月 29 日、2021 年 3 月期第 2 四半期連結業績を発表。新型コロナウイルスの収束が見通せないなか、売上高、営業利益、経常利益、純利益すべてが前年同期を上回る増収増益となりました。また全ての利益項目で過去最高を更新しています。 売上高は13%増の420.6億円、営業利益は28%増の178.6億円、経常利益は26%増の175.7億円、純利益は32%増の129.

スクエニの4-6月期は純利益が3.5倍、『FF7R』などHDゲームやスマホ向けを中心に好調

スクウェア・エニックス・ホールディングスは 8 月 6 日、2021 年 3 月期の第 1 四半期決算を発表。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて特別損失を計上したものの、主力のデジタルエンタテインメント事業が好調だったことから大幅な増収増益を達成。 売上高は前年同期比63%増の871億円、営業利益は241%増の245億円、経常利益は284%増の242億円、四半期純利益は249%増の144億円とな

任天堂の4-6月期は純利益6.4倍、『あつ森』が累計2,240万本などSwitch好調

任天堂は 8 月 6 日、6 月 30 日に終了した 2021 年 3 月期第 1 四半期決算(2020 年 4 〜 6 月)を発表。Nintendo Switch がハード/ソフトともに好調で、純利益が前年同期の6.4倍になるなど大幅な増収増益を達成しています。 売上高は108%増の3,581億円、営業利益は428%増の1,447億円、経常利益は576%増の1,503億円、四半期純利益は541%

テイクツーの4-6月はQ1として過去最高の売上高を達成、『GTA V』が500万本などデジタル販売・オンラインサービス好調

Take-Two Interactive は、2020 年 6 月 30 日に終了した 2021 年 3 月期第 1 四半期の業績を報告。デジタル販売やオンラインサービスが好調に推移したことで、売上高は前年同期比 54% 増の 8 億 3,130 万ドルを達成しています。純利益は 91% 増の8,850 万ドルでした。