【噂】『ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム』が任天堂のスイッチ最後の大作ソフトに?

IGN が公開した E3 2023 の情報によると、今年のイベントには任天堂・ソニー・マイクロソフトのプラットフォームホルダー 3 社の姿はありません。『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』1本でも出展した任天堂がショーフロアにもブースを構えないのなら初めてのこと。 この報道を受け VGC もまた、任天堂の計画を知る関係者の話として、任天堂が E3 2023 をスキップすることを決めたと報じ

【E3】任天堂も出展見合わせか、ソニーやマイクロソフトに続いてプラットフォームホルダー3社とも不在に

コロナ禍で中止や完全オンラインでの開催を余儀なくされ、2023年は4年ぶりにリアルでのイベント開催が予定される E3(Electronic Entertainment Expo)。業界最大規模のイベントですが、最大手が不在となる可能性がでてきました。 米メディア IGN が複数情報筋からの情報として独占的に伝えた内容によれば、今年の E3 には任天堂、ソニー、マイクロソフトのプラットフォームホルダ

【噂】『星のカービィ Wii デラックス』には新しいエピローグが含まれる?海外ボックスアートから

任天堂が2023年2月24日に発売を予定している Nintendo Switch ソフト『星のカービィ Wii デラックス』。2011年に発売された Wii ソフト『星のカービィ Wii』に新要素を追加した Nintendo Switch 向け移植版です。 新たなコピー能力や充実のミニゲームを最大4人で楽しめる「わいわいマホロアランド」といった追加要素が含まれ、グラフィックもリファイン。そして本作

【UK】『FEエンゲージ』の初週売上は前作『FE風花雪月』と比べ31%減、しかしシリーズ歴代2位の規模

任天堂の2023年最初のタイトル、『ファイアーエムブレム』シリーズ最新作の『ファイアーエムブレム エンゲージ』が2023年1月20日に発売されました。GfK による英国市場の週間チャート(パッケージ版)において、見事初登場1位デビューを飾っています。 ただしローンチ売上は 2019 年発売の前作『ファイアーエムブレム 風花雪月』と比べ、31%減少しました。

Nintendo Switch、Wiiの記録を上回りフランスで最も普及したホームコンソールに

フランスはアニメやマンガなど日本のサブカル人気が高い国のひとつ。ゲームも人気で、『マリオ』『ゼルダ』『ポケモン』などを持つ任天堂も高い支持を得ています。任天堂の現行主力ハードである Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)は 2017 年の発売当初から好調で、2022 年は約 98.7 万台を販売。累計販売台数は 709 万台に達し、これまで Wii(630万台)が保持していたホーム

任天堂、映画『ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー』公開に合わせていつかハイライトを準備

1月20日の『ファイアーエムブレム エンゲージ』を皮切りに、5月の『ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム』、年内発売予定の『ピクミン4』など、2023年も任天堂は Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)向けに注目作を複数発売する計画。ゲーム以外の面でも、2月にはユニバーサル・スタジオ・ハリウッドの「スーパーニンテンドーワールド」がオープンしますし、マリオの 3D アニメー

『星のカービィ ディスカバリー』、2022年の米国ゲーム売上で年間14位に。スイッチソフトとして第4位

NPDグループから2022年の米国ゲーム市場規模が報告され、Nintendo Switch ソフト『星のカービィ ディスカバリー』が年間売上 14 位に入ったことが明らかになりました。 スイッチソフトとしては『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット』『Pokémon Legends: アルセウス』『マリオカート8 デラックス』に次ぐ第4位の好セールス。なお任天堂ソフトはダウンロード版の売上

【噂】『バテン・カイトス』リメイクが2023年夏発売を目指し開発中

発売から20年。 2003年にニンテンドーゲームキューブで発売されたナムコのRPG『バテン・カイトス 終わらない翼と失われた海』(開発はモノリスソフトとトライクレッシェンド)のリメイクを、Nintendo Switchで見られるかもしれません。 Exputer が情報筋から得たという情報によると、開発中のゲーム画面が確認されました。リメイク版は Nintendo Switch 向けに任天堂監修のも

サウジ系ファンドが任天堂株を買い増し、保有比率6.07%に

2022年5月に任天堂株を5.01%取得し話題となったサウジアラビアの政府系ファンド(SWF)であるパブリック・インベストメント・ファンド(PIF)が、その後も任天堂株を買い増していたようです。2023 年 1 月 12 日付で関東財務局に提出された変更報告書で明らかになりました。 今回の買い増しでPIFの保有比率は1%以上増加して6.07%に。 PIF は保有目的を「純投資」としています。 PI

【いっせいトライアル】『いっしょにチョキッと スニッパーズ プラス』が遊び放題、スイッチ初期の名作Co-opパズル

Nintendo Switch Online 加入者を対象に実施されている、Nintendo Switch の対象ソフトを期間限定でまるごとすべて遊ぶことのできるイベント「いっせいトライアル」。 次回は2023年1月13日12時〜1月19日17時59分に開催されます。 対象ソフトは『いっしょにチョキッと スニッパーズ プラス』。

【比較】『ファイアーエムブレム エンゲージ』パフォーマンスは前作から大きく改善、画質の向上やロード時間短縮など

任天堂とインテリジェントシステムズによるロールプレイングシミュレーション『ファイアーエムブレム』シリーズの最新作『ファイアーエムブレム エンゲージ』が Nintendo Switch (ニンテンドースイッチ) で 2023 年 1 月 20 日に発売。本編新作としては2019年の『ファイアーエムブレム 風花雪月』に続く、スイッチで 2 作目のタイトルです。 2周目に入った開発で、技術的にどのような

バレンタインを楽しく彩る「ゴディバ meets あつまれ どうぶつの森」コレクション発売、スイッチ本体が当たるキャンペーンも

ゴディバ ジャパンは 2023 年 1 月 16 日より、任天堂の Nintendo Switch ソフト『あつまれ どうぶつの森』とコラボレーションした「ゴディバ meets あつまれ どうぶつの森」コレクションの発売を開始しました。 「ゴディバ meets あつまれ どうぶつの森」コレクションは『あつまれ どうぶつの森』に登場するしずえやたぬきち、ジュン、ちゃちゃまるといったキャラクターなどを