【auブックパス】Android版アプリ内から商品の新規購入ができなくなります(2022年4月下旬以降)

au 公式の電子書籍サービス「auブックパス」。iOS/Androidそれぞれ閲覧・管理するための本棚アプリが配信されていますが、このうち Android 版アプリについて、2022 年 4 月下旬リリース予定のバージョンより仕様が変更。アプリ内から商品購入ができなくなります。 この変更は Google のポリシー変更にともない実施されるもので、以降の商品購入はブラウザから「auブックパスストア」

【dマガジン】「Fireタブレット」に対応、事前にダウンロードしてギガ消費せず雑誌を読める

NTTドコモが提供する定額制雑誌読み放題サービス「dマガジン」が、Fireタブレットに対応。Amazon アプリストアでアプリの配信がスタートしています。

【Kindle Unlimited】読み放題で新生活を応援

この春からはじまる新しい暮らしに向け、Amazon の電子書籍読み放題 Kindle Unlimited では「新生活応援特集!」や「講談社 料理レシピ本特集」が組まれています。 「新生活応援特集!」では仕事術や思考法、勉強方法、ダイエットなどに関する100冊以上のタイトルがラインナップ。『外資系金融のExcel作成術―表の見せ方&財務モデルの組み方』『漫画 バビロン大富豪の教え 「お金」と「幸せ

【楽天マガジン】読み放題対象の雑誌・別冊・ムックが「900誌以上」に拡大

楽天の電子雑誌読み放題サービス「楽天マガジン」。1コイン以下の価格(月額418円 / 年額3,960円 ともに税込)で幅広いジャンルの雑誌を読むことができる高コスパなサービスです。 2021年12月より参加雑誌が増加。計 900 誌以上を読めるようになりました(別冊・ムックを含む)。

【Kindle Unlimited】「20冊まで」同時利用可能に、まとめてDLして使いやすく

Amazon の電子書籍読み放題サービス「Kindle Unlimited」。全体で 200 万冊以上もの対象書籍を読み放題で楽しめる月額 980 円のサービスです。膨大なラインナップがある一方で、同時に読める(ダウンロードしておける)冊数は上限 10 冊までとなっており、返却しないと次の本を読めません。 手元においておきたいタイトルが増えてくるとすぐに上限にかかってしまうので、10 冊上限という

楽天マガジン・dマガジンで読める女性ファッション誌

電子雑誌読み放題サービスの代表格である「楽天マガジン」と「dマガジン」。いずれも月額500円以下で、数百冊の雑誌を読み放題で楽しむことができます。 どのような雑誌を読むことができるのか調べてみました。 この記事では女性ファッション誌・ムックを紹介しています。

【Kindleストア】AmazonポイントはKindle本購入に使える、買い物をする方法・手順と注意点

Amazon で対象商品を購入すると付与される Amazon ポイント。Amazon ギフト券残高と似ていますが、Amazon ポイントは基本的に、デジタルコンテンツの支払いに使用することはできません。しかし Kindle 本の購入に使うことはできます。 ただし初期状態では Amazon ポイントを Kindle 本購入に使わない設定になっている場合もあるため注意が必要。 このページではAmazo

【楽天Kobo】タッチペン対応、手書きできる電子書籍リーダー「Kobo Sage」登場

楽天グループの Rakuten Kobo は、「楽天Kobo」の新型電子書籍リーダー「Kobo Sage(コボ セージ)」「Kobo Libra 2(コボ リブラツー)」を 2021 年 10 月 20 日に発売します。価格は「Kobo Sage」は30,800円(税込)、「Kobo Libra 2」が23,980円(税込)。 ともに 32 GB のストレージを備え、一般的な小説で約 28,000

【比較】Kindle Paperwhite シグニチャーエディションと通常モデルとの違い

Amazon の電子書籍リーダー「Kindle」シリーズの中でも最も人気となっている「Kindle Paperwhite」に新モデルが登場。従来モデルよりも画面が大きく(6インチ→6.8インチ)、バッテリー持ちも向上しているなど、様々な点で進化しています。カバーや「Amazon Kids+(1年)」が付属する「Kindle Paperwhiteキッズモデル」もあわせて販売。 また今回はもうひとつ「