モレスキンから『ゼルダの伝説』ノートブックが登場、初代ドット絵が映える3デザイン

任天堂は『ゼルダの伝説』公式Twitterアカウントを通じ、愛好者の多いノート「モレスキン」から『ゼルダの伝説』デザインの限定ノートブックが発売されたことを発表しました。デザインは「MOVING LINK」「SWORD」「コレクターズエディション」の3種類。 いずれも初代ゼルダがモチーフとなっていて、いたるところに8ビットのドット絵感を感じられるノートとなっています。 もともとは海外で昨年発売され

『マリオ』『ゼルダ』に『スプラ』、本革使用の任天堂キャラクターアイテムが三英から新登場

ぬいぐるみをはじめキャラクターグッズを数多く手がける三英貿易から、新たな任天堂グッズが登場です。 本革を使用した「FAVORITE+ LEATHER GOODS」シリーズが5月下旬に新発売。 『スーパーマリオブラザーズ』『ゼルダの伝説』『スプラトゥーン2』をテーマにしたキーホルダーやパスケース、名刺入れ、コインケースが発売されます。 自分用にするもよし、プレゼントにも。

メディコム・トイ、「UDF ウルトラディテールフィギュア」に『ゼルダの伝説』新作が登場。約3年ぶりの任天堂キャラクターシリーズ第4弾

任天堂キャラクターシリーズとしては第4弾、ゼルダの伝説シリーズとしては第3弾にあたる「UDF ウルトラディテールフィギュア ゼルダの伝説」新作がメディコム・トイから発売されます。 発売は2020年9月30日予定。 今回フィギュア化されるのは『時のオカリナ』『ふしぎのぼうし』『ブレス オブ ザ ワイルド』の3人のリンクです。

【スーパーマリオメーカー2】「Ver.2.0」で『ゼルダの伝説』のリンクになれる追加要素、剣や盾、弓矢にバクダンを駆使して冒険できる

ででででーん 任天堂は12月5日、Nintendo Switchソフト『スーパーマリオメーカー2』の無料更新データ「Ver.2.0」の配信を開始します。 色々機能が追加されますが目を引くのはリンクの登場。『スーパーマリオブラザーズ』スキンにおいて、パワーアップアイテム「マスターソード」が登場。ドットリンクに変身することができます。そしてこのリンク、見た目だけじゃない変化を見せてくれます。

『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド 続編』初公開トレーラーをN64風グラフィックで表現したデメイク映像

E3 2019にて任天堂から発表された、『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』の続編。Nintendo Switchソフトとして2020年の発売を目指して開発が進められています。 ですが仮に『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』がニンテンドウ64で発売されており、その続編も続けてN64で発表されたら?というファンメイドムービーが制作・公開。 動画は100万再生を超える注目を集めています

欧州:任天堂、『ゼルダの伝説 夢をみる島』は2019年のSwitchソフトで最速の売れ行きと報告

任天堂が2019年9月20日に発売を開始したNintendo Switchソフト『ゼルダの伝説 夢をみる島』。 1993年にゲームボーイで発売された同名タイトルのリメイク作品は、UK市場のみならず、欧州全体でも好調。今年発売されたNintendo Switchソフトの中で最速で売れているソフトとなっているようです。

Switch『ゼルダの伝説 夢をみる島』リメイクがオープンワールドにならなかった理由

1993年にゲームボーイで発売された『ゼルダの伝説 夢をみる島』が、26年の時を経てNintendo Switchでリメイクされました。ミニチュアのジオラマを見ているかのようなかわいいビジュアルで生まれ変わった夢島。音楽もアレンジされました。その一方でゲーム内容人関しては基本的には原作通り、忠実にリメイクされています。 『ゼルダの伝説』といえば、任天堂は2013年、今後のゼルダシリーズについて“ゼ

UK:『ゼルダの伝説 夢をみる島』は今年発売のNintendo Switchソフトで最大初動を記録

9月15日〜9月21日週におけるイギリスの週間チャートにおいて、初登場1位を飾ったNintendo Switchソフト『ゼルダの伝説 夢をみる島』。『スーパーマリオメーカー2』を上回り、今年発売されたNintendo Switchソフトのなかで、これまでのところ最大の初動となりました。

【比較】『ゼルダの伝説 夢をみる島』Nintendo Switchリメイク版の特徴やTVモード/携帯モード時のパフォーマンス、原作からの進化

1993年にゲームボーイで原作が発売されてから26年の時を経てNintendo Switchでリメイクが実現した『ゼルダの伝説 夢をみる島』(開発は『時のオカリナ3D』や『ムジュラの仮面3D』などで実績のあるおなじみグレッゾ)。 関連 : Switch『ゼルダの伝説 夢をみる島』開発はグレッゾが担当 まるでミニチュアのジオラマを覗き込んでいるような、ユニークな、独特の雰囲気を持つこだわりのグラフィ