【決算】カプコンの21年3月期は4期連続で過去最高益、『モンハンライズ』など大型新作やリピート販売が貢献

カプコンが2021年5月10日に発表した2021年3月期通期の連結業績は、発売早々に世界出荷 400 万本を達成するなど想定以上の伸びを示した『モンスターハンターライズ』をはじめとする大型タイトルや、利益率の高いリピートタイトルが貢献し、全ての利益項目で 4 期連続の過去最高益となりました。 売上高は前期比17%増の954億円、営業利益は52%増の346億円、経常利益は52%増の348億円、純利益

【決算】任天堂の21年3月期は売上高1.7兆円、『マリカ8DX』が発売以来最大の売上を記録

任天堂は2021年5月6日、記録的な売上となった2021年3月期の通期決算を発表。巣ごもり需要も追い風に主力の Nintendo Switch の勢いは4年目も衰えず、営業利益は前期比82%増の6,406億円となりました。売上高は34%増の1兆7,589億円、経常利益は88%増の6,790億円、純利益は86%増の4,804億円でした。 『あつまれ どうぶつの森』が2,085万本を販売し累計3,26

セガサミーHD、通期予想を上方修正 株主優待は廃止に

セガサミーホールディングスは2021年2月12日、2021年3月期通期の営業利益が90億円になりそうだと発表しました。前回発表予想は15億円の赤字。 エンタテインメントコンテンツ事業におけるコンシューマ分野の好調が持続している事から営業損益が改善する見込みだとしています。経常利益も50億円の赤字予想から120億円の黒字を見込みます。純損益に関しても、構造改革に伴う特別利益の計上額が前回予想を上回る

セガのゲーム販売好調、『ソニック』などセガサミーHDの業績改善に貢献

セガサミーホールディングスは2021年2月12日、2021年3月期第3四半期決算(2020年4月〜12月)を発表。巣ごもり需要を背景に家庭用ゲームを含むコンシューマ分野が数字を伸ばしています。 2021年に30周年を迎えるソニック関連タイトルは2020年4−12月に約370万本を販売。約360万本の『Total War』を上回り、最も売れたフランチャイズでした。

コナミの4−12月は減収増益、Switch向け『桃鉄』が1月までに250万本の大ヒット

コナミホールディングスが2021年2月4日に発表した2021年3月期第3四半期決算(2020年4-12月)は、主力のデジタルエンタテインメント事業が33%増など新型コロナの影響を受けた他事業の売上高減少分を相殺。また同事業は利益率も高いことから、利益項目では増益となりました。 第3四半期の売上高はほぼ前年同期並の1919億円、営業利益は69%増の405億円、純利益は66%増の270億円となりました

スクエニHDの4-12月は増収減益、ゲーム好調もコロナ禍でアミューズメント事業が苦戦

スクウェア・エニックス・ホールディングスは2021年2月3日、2021年3月期の第3四半期決算を発表。巣ごもり需要を背景に主力のデジタルエンタテインメント事業が大きく伸びるなどした結果、売上高は34%増の2,536億円を記録。営業利益は48%増の410億円、経常利益は38%増の387億円でした。純利益は4%減の184億円でした。 家庭用ゲームを含むデジタルエンタテインメント事業の売上高は49%増の

EAの10−12月は増収減益、『Apex Legends』新規プレイヤー数が前年比30%増

米エレクトロニック・アーツは現地時間2021年2月2日、2021年3月期第3四半期決算を報告。ゲーム本編のダウンロードやライブサービスが順調に推移したことにより、10-12月の売上高は前年同期比5%増の16.7億ドルとなりました。オンラインの前受収益 7.3 億ドルも含めた受注額は 19% 増加して 24 億ドル。 PCその他の売上高が25%増の3億2,600万ドルと拡大。コンソール向けは2%増の

【決算】任天堂4-12月は4年目スイッチ過去最高、『あつ森』以外のソフトも大ヒット。通期予想さらに上方修正

任天堂は 2021 年 2 月 1 日、2021 年 3 月期第 3 四半期の連結業績を発表(2020年4月〜12月)。Nintendo Switch の世界的人気が続き、発売 4 年目にして過去最大規模となったこの 9 か月の売上高は前年同期比37%増の1兆4,045億円を記録。営業利益は98%増の5,211億円、経常利益は93%増の5282億円、純利益は92%増の3767億円となりました。1株

カプコンの21年3月期第3四半期は過去最高益、新作や過去作のデジタル販売が好調

カプコンが2021年1月28日に発表した2021年3月期第3四半期(2020年4-12月)の連結業績は、すべての利益項目で過去最高を達成するなど好調でした。売上高は前年同期比23%増の640億円、営業利益は32%増の244億円、経常利益は29%増の241億円、純利益は34%増の175億円でした。

コエテクが通期予想を上方修正、Switch『ゼルダ無双 厄災の黙示録』が350万本出荷など好調

コーエーテクモホールディングスは2021年1月25日、2021年3月期の通期連結業績予想が前回発表時よりも上振れしそうだと発表しました。新しい見通しでは売上高は9.8%増の560億円、営業利益は29.4%増の220億円、経常利益は32%増の330億円、純利益は38.9%増の250億円になりそうだとしています。

英CodemastersはEAが買収へ

米エレクトロニック・アーツは12月14日、英国に拠点を置くゲームデベロッパーおよびパブリッシャーの Codemasters の買収で合意したと発表しました。 Codemasters は11月、Take-Two との間で買収に合意に達しており、2021年第1四半期に完了するはずでした。 が、Codemasters はより高額な買収価格を提示、水面下で交渉していた EA 案を受け入れることとしたようで

スクエニ、在宅勤務を正式に制度化し全従業員に適用。12月は約8割が基本在宅勤務に

スクウェア・エニックスは 2020 年 12 月 1 日より、現在実施している在宅勤務を正式に制度化します。 対象は役員および全職種の社員。 在宅勤務は新型コロナウイルス感染対策として導入されたものですが、今後も恒久的な制度として導入することが決定しました。 これにより柔軟かつ多様な就労環境を実現し、さらなる生産性の向上およびワークライフバランスの最適化を目指すとしています。 「在宅勤務制度」が導