【楽天ウォレット】楽天スーパーポイントをビットコインなど暗号資産と交換可能に

暗号資産の現物取引サービス「楽天ウォレット」のアプリを通じて、楽天市場や楽天カードで獲得できる「楽天スーパーポイント」を暗号資産へ交換できるサービスがはじまりました。 楽天ウォレットの口座を持っていて、楽天ポイントを貯めているユーザーは、ポイントを「楽天ウォレット」で取り扱う暗号資産のビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)へ交換することができるようになりま

ポイント投資で投資信託をゆるく積立購入、ほったらかしで無理なく続けられる

2017年8月より、楽天証券では楽天スーパーポイントを使った「ポイント投資」というサービスがはじまりました。楽天市場の買い物などで貯まるポイントを使って、投資信託を購入できるというものです。 貯まった楽天ポイントは楽天市場で使うこともできるけれど、SPU(スーパーポイントアッププログラム)があるので楽天カードで支払いをしたほうがより多く獲得することができます。そこで我が家では、楽天ポイントを積立投

【キャッシュレス決済】現金払いと何が変わる?利用することでの変化

最近よく聞くキャッシュレス決済。ニュース番組でも取り上げられる機会が増えています。大規模キャンペーンが多く実施されていることから、僕の周りでもキャッシュレス決済を使う人が増えてきました。家族も使い始めました。 とはいえ、いまだにキャッシュレス決済を使ったことがない人も少なくありません。 今までの現金払いをそのまま利用できるのだから、キャッシュレス決済をあえて使う理由がない。現金が使えるのになんでキ

スマホ決済「ゆうちょPay」が5月に開始、銀行口座直結型でクレカ登録や事前チャージが不要

ゆうちょ銀行は2月1日、昨年発表していたスマホ決済サービス「ゆうちょPay」の開始時期について、2019年5月よりスタートすることが決定したと発表しました。

コード決済「QUOカードPay」が誕生、スマホで贈るデジタルギフト

プリペイドカードのQUOカードを発行するクオカードは1月30日、スマートフォンで使えるデジタルギフト「クオ・カード ペイ(QUOカードPay)」を3月14日より販売すると発表しました。 まずはコンビニエンスストアの「ローソン」「ナチュラルローソン」「ローソンストア100」全店で、3月26日より使えるようになります。対応する店舗は今後、順次拡大予定。

楽天、野球・サッカーのホームスタジアムを完全キャッシュレス化。2019シーズン開幕戦から現金決済は原則できなくなります

楽天は1月10日、プロ野球チーム「東北楽天ゴールデンイーグルス」のホームスタジアム「楽天生命パーク宮城」とサッカーJ1「ヴィッセル神戸」のホームスタジアム「ノエビアスタジアム神戸」について、両チームの2019年シーズン開幕戦より順次、完全キャッシュレス化する「スマートスタジアム構想」を発表しました。 スタジアム内での購入に、原則として現金が一切使えない完全キャッシュレス化の試みです。

Kyashを使った買い物でいつでも2%還元、サービスの特徴と利用方法

普段遣いするクレジットカードを選ぶときの要素の1つとして、還元率があります。カードによって保険や空港ラウンジ利用、ポイントなど、様々な優待サービスが付帯しますが、日常利用する上では還元率が重要になってきます。 最近利用している「Kyash(キャッシュ)」は、いつもの支払いが2%お得になるウォレットアプリ(バーチャルカード)またはリアルカード。 VISAブランドのプリペイドカードなのですが、残高不足

ウォレットアプリ「Kyash」へ申し込む方法、リアルカード発行・有効化の手順

利用額の2%が還元されるということで話題のウォレットアプリ「Kyash (キャッシュ)」に申し込んでみました。「Kyash」は、個人間送金や、バーチャルVISAプリペイドカードをアプリ内で発行しVISA加盟店での買い物に利用できるウォレットアプリ。 利用額の2%がKyash残高として翌月に還元されることや、リアルカードを発行して街での買い物に利用できることで注目度が高まっています。

KDDIが「auのiDeCo」サービスを開始、手数料0円、運用資産金額に応じてポイントも貯まる

KDDI、KDDIアセットマネジメントは、10月24日より個人向け確定拠出年金サービス「auのiDeCo」の提供を開始しました。スマホで管理ができる点や、運営管理手数料が永年0円、かんたんな商品選定、運用でWALLET ポイントやWow!スーパーポイントが貯まる点が大きな特徴です。

「ポイント運用 by 楽天PointClub」とは、保有するポイントで気軽に投資体験できる資産運用の入り口サービス

「楽天スーパーポイント」を投資信託の基準価額に連動して運用できるサービス「ポイント運用 by 楽天PointClub」が、10月3日よりはじまりました。 「ポイント運用 by 楽天PointClub」は楽天証券の口座がなくても楽天ポイントがあれば利用でき、指定した運用コースに応じてポイントが日々増減。実際の投資を擬似体験をすることができます。

郵便局窓口にキャッシュレス決済が導入、クレジットカード、電子マネー等で支払い可能に

日本郵便は全国の郵便局の郵便窓口にて、利便性向上を目的として、2020年2月よりクレジットカードや電子マネー、スマホアプリ決済によるキャッシュレス決済を順次導入します。郵便窓口での切手やはがき、レターパック、物販商品等の購入、また郵便料金、ゆうパックやゆうメール等の運賃の支払いで、キャッシュレス決済が可能となります。