楽天は1月10日、プロ野球チーム「東北楽天ゴールデンイーグルス」のホームスタジアム「楽天生命パーク宮城」とサッカーJ1「ヴィッセル神戸」のホームスタジアム「ノエビアスタジアム神戸」について、両チームの2019年シーズン開幕戦より順次、完全キャッシュレス化する「スマートスタジアム構想」を発表しました。

スタジアム内での購入に、原則として現金が一切使えない完全キャッシュレス化の試みです。

楽天のホームスタジアムが完全キャッシュレス化

チケットや飲食物、グッズなど、両スタジアム内で購入できるものは、原則すべて現金に代わってスマホアプリ決済サービス「楽天ペイ(アプリ決済)」や電子マネー「楽天Edy」、共通ポイントカード「楽天ポイントカード」、「楽天カード」およびMastercard・American Express・Visa・JCBブランドの各種クレジットカード、「楽天銀行デビットカード(JCB/Visa)」を含む各種ブランドデビットカードでの決済となります。

楽天はまた、「スマートスタジアム構想」として、今後もモバイルを活用した先進的なサービス・演出や、試合・動画コンテンツの活用、次世代の観戦スタイルの提供などを含めた「楽天エコシステム」を通じて、これまで以上に便利でストレスフリーな観戦体験の実現を目指していくとしています。

2019年シーズン開幕以降、楽天ホームスタジアムで利用できる決済方法

現金 → ×
楽天ペイ → ○
楽天Edy → ○
楽天ポイントカード → ○
楽天カードを含む各種クレジットカード → ○
楽天銀行デビットカードを含む各種デビットカード → ○

とはいえ、現金以外の決済手段を持たない、忘れてきてしまったなども考えられます。そうした来場者にはEdyカードの販売や貸出といったサポート施策や、一定条件・期間でビールが半額になるなどのキャンペーンの実施を計画しているとのこと。スタジアム内各所にEdyチャージ機が設置され、より気軽にチャージが可能となります。

楽天は「楽天ペイ」「楽天Edy」「楽天ポイントカード」「楽天カード」といったキャッシュレス決済可能なサービスを複数展開。利用すると楽天スーパーポイントを貯めることができ、スポーツ観戦でキャッシュレス決済の便利さを体験してもらうだけでなく、貯まったポイントを楽天市場をはじめとする楽天グループや対応サービスで消費するなど、楽天経済圏への取り込みも期待されます。

完全キャッシュレス化は、「楽天生命パーク宮城」では楽天イーグルスホーム開幕戦の2019年4月2日より順次。「ノエビアスタジアム神戸」ではヴィッセル神戸ホーム開幕戦(近日発表予定)より順次開始となります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で