日本郵便は全国の郵便局の郵便窓口にて、利便性向上を目的として、2020年2月よりクレジットカードや電子マネー、スマホアプリ決済によるキャッシュレス決済を順次導入します。郵便窓口での切手やはがき、レターパック、物販商品等の購入、また郵便料金、ゆうパックやゆうメール等の運賃の支払いで、キャッシュレス決済が可能となります。

郵便局窓口にキャッシュレス決済が導入、2020年2月より順次

日本郵政グループの日本郵便は、郵便局の郵便窓口にキャッシュレス決済を導入すると発表しました。導入時期は2020年の2月以降。簡易郵便局を除く、全国の郵便局で順次クレジットカードや電子マネー等を使った支払いが可能となります。導入開始はまだ1年以上先ですが、郵便局にもついにキャッシュレス決済の波が。なお、郵便窓口で取扱可能となる具体的なブランド名等は、決定次第あらためて発表するとのこと。

カード決済が可能になれば経費の管理等も楽になりますし、電子マネーにも対応することで、小銭でジャラジャラしがちな郵便局での支払いがスマートで便利に。対応するサービスによっては、ポイント利用やポイント還元を受けられるかもしれません。たとえば楽天ペイなら、通常200円につき1ポイントが貯まります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で