最近よく聞くキャッシュレス決済。ニュース番組でも取り上げられる機会が増えています。大規模キャンペーンが多く実施されていることから、僕の周りでもキャッシュレス決済を使う人が増えてきました。家族も使い始めました。

とはいえ、いまだにキャッシュレス決済を使ったことがない人も少なくありません。

今までの現金払いをそのまま利用できるのだから、キャッシュレス決済をあえて使う理由がない。現金が使えるのになんでキャッシュレス決済を使うの?なにか違うの?と聞かれることも。

僕は普通に使っているけれど、そういえばなんでキャッシュレス決済を使いはじめて、そして使い続けているんだっけ?とふと立ち止まり、このページでは「キャッシュレス決済は現金払いとどのような違いがあるのか」について紹介していきたいと思います。

キャッシュレス決済で便利になること

キャッシュレス決済は文字通りキャッシュレスに、硬貨や紙幣といった現金を使わずに支払いを済ませることができます。

財布で小銭を探すなどして店員や後ろで並ぶ人を待たせることなく、すぐに支払いを済ませることができます。

ポイント還元などを抜きにすれば、これがキャッシュレス決済の一番のメリットではないかなと思います。現金払いと比べて、圧倒的に早いです。

Suicaなど電子マネーなら読み取り機にタッチすれば瞬時に完了しますし、クレジットカードも読み取ってもらえばそれでOK。最近はセミセルフレジが増えていますが、現金の場合は紙幣・硬貨を入れたあとに計算待ちがありますがカードは通して認証して終了です。

またこれら2つに比べるとアプリの起動の手間があるスマホのコード決済も、会計前に準備しておけば待つ・待たせることなく、コードを読み取ってもらうなどすれば完了です。

財布が軽い

キャッシュレスを中心にすると普段はほとんど現金を使いません。

なので財布に入れておくお金も減り、小銭が貯まってパンパンになることも少なくなりました。

とはいえ、現金をまったく使わないというわけではないので、急な出費があってもいいよういくらかは持ち歩いていますけれど。

使用履歴を確認できる

電子マネーやクレジットカード、QRコード決済サービスの多くは、使用履歴をアプリやウェブページから確認することができます。

いつ、何にいくら使ったのか具体的に金額を確認できるので、思わぬ支出の発見や節約につなげることができます。

現金払いのときは財布の中にあるお金が物理的に減っていくことで支出が分かるので、キャッシュレス決済とは一長一短だとは思いますけれど。

その場でチャージしたりなどできる(銀行ATMいらず)

現金払いで生活をしていると、現金が無くなればその都度、銀行やコンビニに設置されているATMからお金を引き出すことになります。

場合によってはATMを探さなくてはなりませんし、曜日や時間帯で出金に手数料が発生することも。

キャッシュレス決済の場合は、サービスにもよりますが、残高が一定金額未満になれば自動で指定した金額までチャージしてくれるオートチャージ機能がついていたり、クレジットカードとヒモ付けしてそもそもチャージする必要がなかったり、あるいは銀行口座から必要な金額をチャージするといったことも可能です。

これでATMを探す必要がなくなりました。

キャッシュレス決済で気をつけたいこと

お金を使っているという感覚が希薄になる

キャッシュレス決済では、文字通り現金のやりとりがないため、お金を使っている感覚が現金払いのときよりも希薄になります。実際に財布からお金が出ていく場面を見なくなり、数字のやり取りだけになってしまうので、どうしても現金のときより使いすぎというか財布の紐が緩むというか、消費というよりも浪費に近い支出が増えてしまいます。

ひんぱんにキャッシュレス決済を使ってもらおうと、業者側もたくさんのお得なキャンペーンを展開しています。キャンペーンに釣られていつもより買い物の回数が増えたり、割高な店で買物をしたりとしていくと、積み重なって大きな支出となっていることもあるかもしれません。

アプリの支払履歴で個別の支払額を確認するだけでなく、家計簿などで全体の支出もこまめに把握しておきましょう。現在の支出を確認するクセをつけておくことで、隠れ使いすぎを防ぐことができます。

おわりに

というわけで「キャッシュレス決済を利用すると現金払いからどう変わるのか」という話題でした。

お得なポイント還元に目がいきがちですが、それを抜きにしてもレジでの支払いがスムーズになったり、支払履歴を簡単に確認できたり、銀行・コンビニATMを探す必要がなくなったりといったメリットがあります。

一方で、お金を扱ってる感覚が希薄になることによる支出の増加には気をつけたいところ(個人的にもやらかしがちなので、気をつけたい)。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Audible (オーディブル) は、プロの声優や俳優などナレーター陣による朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。ベストセラー小説やビジネス書、自己啓発、洋書、童話・児童書、落語、講演など、様々なラインナップが揃っています。

初回登録後、最初の1冊は無料 (2か月目以降は月額1,500円で毎月1冊購入、その後は30%オフ価格で作品購入可能)。

会員期間中は、追加料金なしで楽しめるAudibleステーションも利用できます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。

Audible