「楽天スーパーポイント」を投資信託の基準価額に連動して運用できるサービス「ポイント運用 by 楽天PointClub」が、10月3日よりはじまりました。

「ポイント運用 by 楽天PointClub」は楽天証券の口座がなくても楽天ポイントがあれば利用でき、指定した運用コースに応じてポイントが日々増減。実際の投資を擬似体験をすることができます。

ポイント運用 by 楽天PointClub

「ポイント運用 by 楽天PointClub」は、楽天会員が楽天の提供する各種サービスや提携する店舗で貯まった「楽天スーパーポイント」を活用して手軽に運用を疑似体験できるサービスです。実際のお金ではなく、ポイントをポイントのまま運用。

投資信託に準じて日々増減するポイントで、実際の投資に似た体験をすることができます。増えたポイントを引き出して通常ポイントとして使うことも可能です。

楽天証券の口座を持っていなくても、貯まった楽天スーパーポイントがあるのなら、誰でも利用することが可能です。運用コースは「アクティブコース」と「バランスコース」の2種類。自分の好みに応じた運用コースを選択し、ポイント数を設定することで運用を開始できます。

手数料はかかりません。

各コースの運用内容は次の通りです。

  • アクティブコース:「楽天・インデックス・バランス・ファンド(株式重視型)」に連動。日本を含む全世界の株式70%・債券30%
  • バランスコース:「楽天・インデックス・バランス・ファンド(債券重視型)」に連動。日本を含む全世界の株式30%・債券70%
  • 追加する場合:100ポイント以上100ポイント単位(1回の追加ポイント数は30,000ポイント(ダイヤモンド会員は500,000ポイント)まで)
  • 引き出す場合:1ポイント以上1ポイント単位

設定した楽天ポイントは、楽天証券で購入可能な投資信託の基準価額に原則連動して日々増減。これにより、実際の投資に似た体験ができます。この運用で増加した楽天ポイントは、いつでも1ポイント単位で引き出すことができ、楽天のサービスや提携する各店舗で使うことができます。

※ポイント運用で利用可能なポイントは、通常ポイントです。期間限定ポイントや、他ポイントから交換した楽天ポイントは利用できません。

ポイント運用 by 楽天PointClub 利用手順

次の3ステップで、簡単に「ポイント運用 by 楽天PointClub」を開始できます。

  1. ポイント運用 by 楽天PointClub」ページへアクセスし、「ポイント運用をはじめる」を選択。「アクティブコース」か「バランスコース」のいずれかを選択します。
  2. 運用するポイント数を設定して確認。
  3. ポイント運用がスタート。運用実績は「ポイント運用 by 楽天PointClub」ページからいつでも確認することができます。

楽天スーパーポイントは、楽天証券の投資信託購入に使えるようになるなど利用機会が広まっていますが、ここへきてポイントをポイントとしてそのまま運用する「ポイント運用 by 楽天PointClub」がスタート。楽天IDとスーパーポイントさえあれば、手数料無しで、ポイントを使って投資を疑似体験できる素敵なサービスです。

ポイント運用 by 楽天PointClub

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で