新生銀行のATM利用が一部有料化、ステージによって手数料108円

新生銀行は2日、提携ATMでの出金手数料を一部有料化すると発表しました。10月7日より、現金の引き出し1回につき108円(税込)の手数料がかかるようになります。新生銀行は2001年から「ATM無料」を掲げてきましたが、一部とはいえそれが崩れることになります。

新生銀行、「ATM無料」を廃止へ、手数料一律108円

新生銀行が2001年以来掲げてきた「ATM無料」の旗を降ろす。10月にも有料化し、利用者から1回の現金引き出しにつき、108円受け取る。日銀のマイナス金利政策などで収益を圧迫される中、新生銀の顧客が他行のATMを使った場合に生じる手数料を負担するコストを減らす。ネット取引や電子マネーの普及に伴い、「ATM無料」の魅力が薄れてきた面もある。

新生銀、「ATM無料」廃止 運用難響き一律108円に キャッシュレス化も影 :日本経済新聞

新生銀行は「新生ステップアッププログラム」というサービスで取引状況等に応じて3段階のステージを設けていて、そのグレードによって、円定期預金の金利優遇や為替手数料優遇や住宅ローンの事務手数料優遇など様々な特典が用意されています。

今回、提携ATMの出金手数料が有料化となるのは、新生ステップアッププログラムのステージが「新生スタンダード」のユーザー。休眠口座などを除くと約100万口座あるそうです。該当する口座の利用者は、時間や場所、ATMの種別を問わず、出金一回につき一律で108円の手数料がかかります。

口座の残高が一定額以上であるとか預金の残高が一定額以上、住宅ローンを利用しているなど一定の条件を満たした「新生ゴールド」と最上位の「新生プラチナ」ステージのユーザーは、これまで通り無料で利用できます。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書などなど約 40 万冊がラインナップ。

初回 30 日間は無料で体験。コインが1枚付与され、好きなオーディオブック1冊と交換可能。毎月入れ替わるボーナスタイトル1冊も受け取れます。また聴き放題のポッドキャストも。

月額 1,500 円の有料会員になれば「好きなオーディオブック1冊と交換できるコイン」「無料でもらえる月替りのボーナスタイトル1冊」「聴き放題のポッドキャスト」を自由に楽しめます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。