楽天銀行には、「ハッピープログラム」という会員優遇プログラムがあります。最近はどこの銀行もATM利用を見直し、一定の条件を満たさないと預け入れや引き出しなどの利用手数料が有料化となる動きが増えています。「ハッピープログラム」を使いこなすことで、ATM手数料や振込手数料が無料になったり、楽天スーパーポイントが貯まるメリットがあります。

楽天銀行「ハッピープログラム」とは

「ハッピープログラム」は、楽天銀行の利用者に提供されている優遇プログラムです。口座開設後にエントリーするだけで、ATM利用手数料が最大で月7回、他行宛の振込み手数料が最大で月3回まで無料になります。

また対象のサービスの取引をするたびに、楽天スーパーポイントが貯まります。楽天スーパーポイントの獲得倍率は最大で3倍。

ハッピープログラムで貯めたポイントを含め、楽天グループ各社で貯めた楽天スーパーポイントを、振込手数料やデビットカードの支払いなどに使うことができます。

楽天銀行利用がどんどん便利になるプログラムなので、エントリーしない手はありません。

ハッピープログラムの会員ステージと優遇内容

「ハッピープログラム」には、5段階の会員ステージが用意されています。ステージに応じてお得な特典を受けることができます。

会員ステージ、達成条件

会員ステージと、達成条件は次のとおりです。最初にエントリーした日から翌月1日(初回判定内容適用日)までの間は、「ベーシック」の会員ステージが適用されます。

  • スーパーVIP:残高300万以上 または 取引30件以上
  • VIP:残高100万以上 または 取引20件以上
  • プレミアム:残高50万以上 または 取引10件以上
  • アドバンスト:残高10万以上 または 取引5件以上
  • ベーシック:エントリーのみ

「ベーシック」の段階では楽天スーパーポイント付与しか特典がありませんが、1つ上野「アドバンスト」になればATM利用手数料と他行振込手数料が月1回それぞれ無料に。最上位のスーパーVIPならATM利用手数料が月7回、他行振込手数料が月3回無料。また楽天スーパーポイントも3倍となります。

取引とは、「他行口座からの振込」や「他行口座への振込」、「給与/賞与/年金の受取」「口座振替(自動引落)」「ATM取引(入出金)」「宝くじ(ナンバーズ or ロト)」「楽天証券の各種取引」などが対象です。

預金残高での達成が難しくても、取引回数を増やすことで会員ステージを上げていくことができます。

会員ステージ判定のタイミング

「ハッピープログラム」の会員ステージは毎月判定が行われます。翌月の会員ステージは「毎月25日終了時点の預かり資産残高」または「前月26日~毎月25日の対象商品・サービスの取引件数」で決定します。

  • 毎月25日終了時点の預かり資産残高
  • 前月26日~毎月25日の対象商品・サービスの取引件数

いずれかの条件をクリアしている、高い方のステージの優遇を翌月の1日から受けることができます。より高い会員ステージ判定を受けるには、25日までに残高を増やしておくか、対象の取引件数を増やすことが必要になってきます。

会員ステージを維持するには、毎月の判定タイミングで諸条件を満たしている必要があります。

取引件数は月によって変動もあるでしょうから、一定規模の預金を作っておくと安定して高い会員ステージへいくことができます。

「ベーシック」では優遇はほぼありません。最低でも会員ステージを「アドバンスト」へは上げておきたいところ。「アドバンスト」なら、ATM手数料と他行あて振込手数料が月に1回まで無料となります。銀行振込を行ったり、ATMから現金を引き出す機会は出てくるでしょうから、少なくとも月1回は無料で使えるこのステージは達成しておきたい。

会員ステージ「アドバンスト」は、「預金口座の残高が10万円以上 または 取引が5件以上」が条件です。楽天銀行の口座に10万円以上預けておくか、各種対象取引の条件を満たすようにしましょう。

楽天銀行

給与受取で、他行振込手数料が3回無料

ハッピープログラムにエントリーした上で、会社から振り込まれる給与の受取先銀行を楽天銀行に指定すると、給与が振り込まれた翌月は他行宛振込手数料が3回まで無料になります。公共料金やカード利用料金などの支払いを別の口座で行っている管理している場合、その銀行への振込手数料がかからないのは嬉しいですね。

また受取ごとに楽天スーパーポイントが最大3ポイントもらえます。

給与受取口座が楽天銀行でない場合でも、規定で指定されているなど特別な場合を除いて変更可能です。給与振込担当の方へ相談してみましょう。また給与受取で得られる特典は、第二口座への指定でも対象となります。

ハッピープログラム対象の取引(楽天スーパーポイントが貯まる)

「ハッピープログラム」は手数料無料などの特典があるだけでなく、対象の取引を利用することで楽天スーパーポイントを貯めることも可能。楽天銀行をメインバンクとして利用することで、取引ごとにポイントがどんどん貯まります。このあたりは様々な分野でサービスを展開する楽天ならでは。

ハッピープログラム対象サービスは次のようなものがあります。

  • 他行口座からの振込
  • JRA 即PAT・楽天競馬・SPAT4への入金 ご注意
  • ボートレースへの入金 ご注意
  • KEIRIN.JP・チャリロト・Kドリームス・e-SHINBUN BETへの入金
  • 楽天銀行法人口座からの振込入金 ご注意
  • 給与⁄賞与⁄年金(国庫金)の受取
  • 他行口座への振込 ご注意
  • 口座振替(自動引落) ご注意
  • 楽天バンク決済 ご注意
  • Pay-easy(ペイジー)
  • 楽天銀行即時入金サービス ご注意
  • 海外送金(送金のみ)
  • ゆうちょ出金
  • ATM取引(入出金)
  • 宝くじ(ナンバーズ / ロト)
  • 楽天証券 各取引

「他行口座からの振込」や「他行口座への振込」「給与/賞与/年金(国庫金)の受取」「口座振替(自動引落)」「ATM取引(入出金)」「楽天銀行即時入金サービス」などは比較的利用頻度が高く、条件を達成しやすいかと思います。給与受取口座に指定しておけば他行口座への振込も無料にできますし。

楽天証券口座を開いている方は「マネーブリッジ」で口座連携しておくと、ハッピープログラムの会員ステージを上げやすいです。

楽天銀行

楽天銀行×楽天証券 マネーブリッジ

「マネーブリッジ」は、楽天銀行の口座と楽天証券の口座を連携するサービス。楽天証券は金融商品の取引を行わない、投資をしないという方にとって関係なく見えがちですが、楽天銀行で預金するだけの場合でも、このマネーブリッジを利用しないと損をします。というのも、楽天銀行の普通預金の金利は0.02%ですが、マネーブリッジを設定するとその金利が0.10%にアップします。

楽天銀行の預金残高が増えれば増えるほど受取利息も増えていきますから、株や投資信託など投資による資産運用を考えていない場合でも、楽天証券口座を開設してマネーブリッジ設定を行っておきたいところ。口座開設や維持手数料、マネーブリッジの手数料は無料です。

貯まったポイントで投資もできる

楽天証券では「ポイント投資」という仕組みがあり、貯まった楽天スーパーポイントで投資信託を購入することができます。元手0円でも、ポイントだけで投資信託を買える素晴らしいプログラムです。「ハッピープログラム」などで貯まったポイントを1円単位で使うことができます。

またポイント投資は楽天市場のSPU対象にもなっています。

月1回500円以上のポイント投資を行えば(最低1ポイント含まれていればOK。全部ポイントでも、ポイントと現金を組み合わせての注文も可)、楽天市場の商品がいつでもポイント+1倍になります。

マネーブリッジを設定していると楽天証券での取引もハッピープログラム対象に含まれてくるので、我が家では楽天証券での取引が会員ステージ上げに貢献しています。

おわりに

というわけで、楽天銀行「ハッピープログラム」についての紹介でした。無料でエントリーでき、会員ステージに応じてATM手数料無料や楽天スーパーポイント付与などの特典を受けることができる優遇プログラムです。「VIP」以上になれば手数料無料回数も余裕ができ、また楽天スーパーポイント獲得倍率も3倍と楽天銀行の利用がもっとお得に。

貯まったポイントはポイント投資に回すなどすることもでき、楽天エコシステムでの活用の幅が広がります。

地方銀行から都市銀行、ネット銀行など様々な銀行口座を使ってきましたが、使い勝手の良さや楽天グループのサービスをよく利用していることなどから、我が家では現在、楽天銀行がメインになっています。

楽天銀行

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で