任天堂モバイル事業の累計売上が18億ドル規模に、稼ぎ頭は『ファイアーエムブレム』

『マリオカート ツアー』や『ファイアーエムブレム ヒーローズ』『どうぶつの森 ポケットキャンプ』『ピクミンブルーム』などが現在サービス提供中の、任天堂のモバイルゲーム。Sensor Tower が mobilegamer.biz に対して提供したデータによると、任天堂はモバイル事業でこれまでに、累計で約 18 億ドル(約 2,350 億円)を稼いだようです。

【ピクミンブルーム】配信開始から6か月の収益は推定530万ドルほど

ピクミンと一緒に歩く、歩いて花を咲かせる、任天堂と『ポケモンGO』の Niantic によるモバイルアプリ『Pikmin Bloom』(ピクミン ブルーム)。2021 年 10 月より順次アプリの配信がはじまってから半年ほどが経過しました。Sensor Tower によると、同アプリの売上はこれまでのところ推定 530 万ドル(約 6.9 億円)となっています。

任天堂、21年3月期のモバイル事業は「新作アプリも開発中だが現在配信中の6タイトルが中心」

任天堂のモバイルビジネスは、任天堂 IP に対する接点の拡大であったり、ゲーム専用機向けタイトルとの相乗効果を見込んでいると同時に、事業単体で「年間売上1,000億円」を目標にしているとか(わかりやすい数字として)、そのために年2〜3タイトルほどリリースしていくという話が以前から出ています。 ただ2019年度のモバイル・IP関連収入等の売上高は512億円(前期比+11%)。年々拡大しているとはいえ

任天堂/Cygames『ドラガリアロスト』は配信1年で売上1億ドルを突破

Cygamesと任天堂の提携タイトル『ドラガリアロスト』が2018年9月にサービスを開始してから1年が経ちました。 既存の任天堂キャラクター/シリーズが使われていない新規のモバイルRPGで、任天堂のモバイルゲームとしては異色のポジションにいる印象を受ける同作ですが、この1年のパフォーマンスはどうだったのでしょうか。 調査会社Sensor Towerによるとローンチからの総売上は1億ドルを突破し、任

任天堂、スマホ事業で他社とのパートナーシップを積極的に検討・推進

任天堂は2月1日、スマートデバイス向けゲームアプリ事業でLINEと協業し、『Dr. Mario World(ドクターマリオ ワールド)』を共同開発すると発表しました。これまでにも任天堂は、スマホ事業でDeNAやCygamesと協業していますが、提携する企業は今後も増えていくかもしれません。

任天堂スマホ事業は2018年に約3.5億ドル規模を販売、『FEH』が6割以上を占める

既存の『ファイアーエムブレム ヒーローズ』『スーパーマリオ ラン』『どうぶつの森 ポケットキャンプ』に加えて、Cygamesとの協業で『ドラガリアロスト』をローンチした2018年の任天堂スマートデバイス事業。正確な数字は決算で発表されますが、Sensor Tower から Sensor Tower Store Intelligence の推定値として、先行して2018年の年間売上が報告されています

『ファイアーエムブレムヒーローズ』の2018年11月売上は1380万ドル、『ドラガリ』の影響を受け前年比で19%減少

2017年2月の配信開始以来、任天堂のスマホ事業の稼ぎ頭となっている『ファイアーエムブレムヒーローズ』。Sensor Tower の Store Intelligence データによると、2018年11月の販売金額は推定1,380万ドル(1ドル113円換算で約15.6億円)だったようです。 前年11月との比較では19%の減少。10月に続いて前年同月を下回りました。売上の落ち込みは、9月下旬にリリー

『ドラガリアロスト』の売上は配信1か月で40億円に迫る、任天堂もCAもローンチを高く評価

任天堂がCygamesとの協業タイトルとしてリリースした新作アプリ『ドラガリアロスト』。配信地域は日本やアメリカ、台湾、香港、マカオとまだ限られているものの、サービス開始から1か月ほどで40億円近い売上を記録していることが任天堂から報告されています。