噂:任天堂、スマホ版『ゼルダの伝説』を開発中。『どうぶつの森』に続いて投入へ

スマホ進出1年目に3タイトルをリリースし、今後も年に2〜3タイトル程度を投入予定だとビジネス計画を明らかにしている任天堂。18年3月期はまず『どうぶつの森』が決定していますが、任天堂を代表する IP の1つである『ゼルダの伝説』も、スマホ向けタイトルとして登場するかもしれません。

ウォール・ストリート・ジャーナル (WSJ)によると、任天堂はスマートデバイス向けのラインナップ拡充のため、『ゼルダの伝説』を投入する予定とのこと。“事情を知る複数の関係者が明らかにした” と記事にしている。

スマホ1年目は『Miitomo (ミートモ)』『スーパーマリオ ラン』『ファイアーエムブレムヒーローズ』をリリースし、2年目は『どうぶつの森』を配信予定だとしている任天堂。任天堂は年に2〜3本程度を新たに投入し、既存サービスと合わせてスマホ事業を拡大していく計画ですが、関係筋だという人物によれば、『どうぶつの森』は2017年後半、『ゼルダの伝説』はそれに続く予定だそう。ただし “配信開始の時期や順番は変わる可能性” があるとのこと。

現時点では任天堂と DeNA の両社ともこの件についてコメントしておらず、書いている記者も記者なので噂の域を出ませんが、任天堂は自社 IP のスマホ向け対応に関して「活用する任天堂 IP に制限を設けず、どの IP でもいい案ができれば、積極的に活用していく」との考えを、岩田社長時代はもちろん、君島社長にバトンタッチしてからも変えていません。なので、スマホ向けゼルダの面白いアイデアがあれば、採用される可能性はゼロではないのでしょう。

Nintendo Switch / Wii U 用ソフト『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』で任天堂は、これまでのゼルダのアタリマエを見直し、伝統を残す部分と大胆に変化させた部分を見事に融合。オープンエア(オープンワールド)の世界で、新しいゼルダを作り上げました。スマホ版がもしあるのなら、携帯機チームが活躍しそうですが、はたしてどんなゲーム内容、そしてビジネスモデルで登場するのでしょうか。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazon のボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書など約 40 万冊がラインナップ。

月額 1,500 円の会員になって 12 万以上のタイトルを聴き放題で楽しむことができるほか、各タイトルを単品購入することも可能。

聴き放題の対象はオーディオブックやニュース番組、トーク・お笑いを含むポッドキャストなど。Audible だけのオリジナル作品やオリジナルポッドキャストも配信。

本は、聴こう。Audible で聴き放題。