任天堂の22年4-6月は『星のカービィ ディスカバリー』がシリーズ最大売上を記録、スイッチ本体は半導体不足等の影響で売上にブレーキ

任天堂は2022年8月3日、2023年3月期第1四半期決算(2022年4〜6月)を発表。半導体不足などの影響を受け Nintendo Switch 本体の販売台数は23%近い減少となりましたが、円安の影響で為替差益が発生して増益に。

売上高は前年同期比5%減の3,074.6億円、営業利益は15%減の1,016.5億円、経常利益は30%増の1,667.2億円、純利益は28%増の1,189.8億円でした。

Nintendo Switch 本体の販売台数は343万台(23%減)、ソフトの販売本数は4,141万本(9%減)でした。

2022年4-6月の任天堂は新作として『Nintendo Switch Sports』と『マリオストライカーズ バトルリーグ』を発売。『Nintendo Switch Sports』が484万本、『マリオストライカーズ バトルリーグ』は191万本と順調な滑り出しとなっています。

前期までのタイトルでは 2022 年 3 月発売の『星のカービィ ディスカバリー』が188万本(累計453万本)を販売してシリーズ最大のセルスルー(小売店等から消費者へ販売された数字)を記録したほか、2017年4月発売の『マリオカート8 デラックス』が148 万本(累計4,682万本)を販売するなど、定番タイトルが堅調に推移しています。

これらの結果、任天堂タイトルのセルスルーとしては『あつまれ どうぶつの森』が好調だった2021年3月期に次ぐ、第1四半期として Nintendo Switch 歴代 2 位の水準になったとのこと。

任天堂ミリオンセラータイトル(2022.4 – 2022.6)
  • Nintendo Switch Sports – 484万本(国内90万本 / 海外394万本)
  • マリオストライカーズ バトルリーグ – 191万本(国内13万本 / 海外179万本)
  • 星のカービィ ディスカバリー – 188万本(国内41万本 / 海外147万本 / 累計453万本)
  • マリオカート8 デラックス – 148万本(国内30万本 / 海外118万本 / 累計4,682万本)

※セルイン = 任天堂グループからグループ外への販売。いわゆる出荷。消費者に対する任天堂直販サイトでの販売やダウンロードソフトの販売を含む。
※セルスルー = 小売店から消費者への販売。いわゆる実売に相当。消費者に対する任天堂直販サイトでの販売やダウンロードソフトの販売を含む。

デジタル売上高を見ると、パッケージ併売ダウンロードソフト(パッケージ版ソフトのダウンロード版)が好調に推移したほか、Nintendo Switch Online による売上も増加。さらにサードパーティー製タイトルの追加コンテンツが販売を伸ばしたこともあり、前年同期比16%増の880億円を記録しています。

※デジタル売上高の計上は、原則として任天堂の自社ソフトウェアはグロスで計上(総額表示)し、他社ソフトウェアはネットで売上計上(純額表示)。他社ソフトウェアはソフトメーカー等との契約に基づき、任天堂が受け取る販売手数料を売上として認識し、計上しています。

モバイル・IP関連収入等は減収に。ロイヤリティ収入は安定的に推移したものの、スマホ向け課金収入が減少して17%減の109億円でした。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazon のボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書など約 40 万冊がラインナップ。

月額 1,500 円の会員になって 12 万以上のタイトルを聴き放題で楽しむことができるほか、各タイトルを単品購入することも可能。

聴き放題の対象はオーディオブックやニュース番組、トーク・お笑いを含むポッドキャストなど。Audible だけのオリジナル作品やオリジナルポッドキャストも配信。

本は、聴こう。Audible で聴き放題。