【U-NEXT】21年8月期は売上高600億円、ユーザー数238万人を突破

U-NEXT

USEN-NEXT HOLDINGS は 2021 年 10 月 14 日、2021年8月期の通期連結業績を発表。売上高は前期比 8% 増の 2,084 億円、営業利益は同 43% 増の156 億円、経常利益は同 46% 増の 148 億円、純利益は同 64% 増の 80 億円の増収増益でした。

中間決算時に修正予想をしていましたが、それを上回る実績での着地となっています。

インターネット回線やMVNO サービス「y.u mobile」(ワイユーモバイル)を含む通信事業の売上高は 10% 増の 482 億円、営業利益は 12 %増の 45 億円で増収増益。個人向けサービスは手提げ圧力の強まりにより売上高の面では苦戦しているものの利益は安定。法人向け ICT や業務店向け自社光回線は底堅く推移しました。

U-NEXT は増収増益

動画配信サービスの「U-NEXT」を含むコンテンツ配信事業の売上高は前期比 31% 増の 600 億円。営業利益は668%増の57億円でした。

米ワーナーメディアと独占パートナーシップを結ぶなどしたコンテンツラインナップの拡充に加え、新型コロナ禍における巣篭もり需要を受け、契約者数は増加。2021 年 8 月末時点の会員数は 238.5 万人となりました。前期比で18%、36.5万人増加。足もと第4四半期(2021年6-8月)の純増は 13.6 万人で、四半期ベースで当期最大となっています。

電力等と「U-NEXT」を組み合わせた「withU-NEXTでんき」や「withU-NEXTでんき(ガスset)」も有料ユーザー獲得に貢献しています。

U-NEXT 課金ユーザー数推移

U-NEXT は新規ユーザー獲得に向けた広告販促費を継続して積極投入するほか、コンテンツのさらなる充実を図ります。また音楽ライブ配信の本格化も検討するなど、競争の激しい動画配信サービスで成長を目指します。2022年8月期も成長が見込まれているコンテンツ配信事業。グループの収益成長を牽引する事業として売上高670億円、営業利益69億円を目指します。

グループ全体では売上高2,200億円、営業利益170億円、経常利益160億円、純利益85億円を目指します。

U-NEXT について

「U-NEXT」は月額2,189円(税込)で22万本以上の映画、ドラマ、アニメなどの動画が見放題となるのに加え、149 誌以上の雑誌電子版が読み放題となる、見放題・読み放題が楽しめる動画配信サービス。

月額料金に含まれる 1,200 ポイントを使って公開・放送されたばかりの最新作をレンタルしたり、68 万冊以上ラインナップ(マンガ 40 万冊、書籍 24 万冊、ラノベ 4 万冊)の電子書籍を購入したりなどすることも可能です。

初回 31 日間は無料でお試し可能。さらに有料作品の購入やレンタルに使えるポイントも 600 円分もらえる。

※見放題の配信本数、読み放題対象の雑誌数は2021年11月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

U-NEXT まずは31日間無料体験

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書などなど約 40 万冊がラインナップ。

初回 30 日間は無料で体験。コインが1枚付与され、好きなオーディオブック1冊と交換可能。毎月入れ替わるボーナスタイトル1冊も受け取れます。また聴き放題のポッドキャストも。

月額 1,500 円の有料会員になれば「好きなオーディオブック1冊と交換できるコイン」「無料でもらえる月替りのボーナスタイトル1冊」「聴き放題のポッドキャスト」を自由に楽しめます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。

Audible