【NPD】2021年6月はXbox Series X|SとNintendo Switchがハード市場をリード

NPD グループから 2021 年 6 月の米国ゲーム市場規模が報告。ハード市場は前年比 +112% と倍増。4億100万ドルを販売しました。2008年6月に6億1,700万ドルを達成して以降、6月としては最大の売上高を記録。中でも E3 以降、Xbox Series X|S の売上が大幅増。6月のトップセラーハードでした。

【ポケモンGO】5年間の累計売上は50億ドルを突破

配信開始から5周年を迎えた『Pokémon GO(ポケモンGO)』。サービス開始当初は世界的な社会現象となり、新型コロナのパンデミック下にあってもすぐさまニューノーマルな環境に対応する更新を行い、好調な売上を持続してきました。 Sensor Tower によると、世界中のトレーナーがこれまで『ポケモンGO』に費やした金額は推定 50 億ドル超(1ドル110円として5,500億円超)。AR ゲームジ

【NPD】2021年5月のハード市場トップはNintendo Switch、周辺機器ではハンコンが人気

NPD グループのレポートによると、2021年5月のハードウェア市場は前年同月と比べ5%拡大。2億4,400万ドルを記録しました。年初来では36%増の19億ドル。 最も売れたハードは Nintendo Switch で、販売台数と販売金額の両方で他社を上回りました。PlayStation 5 や Xbox Series X|S は供給が高い需要に追いついておらず、多くの場所で品薄が続いています。

『天穂のサクナヒメ』が世界累計出荷100万本達成(DL版・PC版販売数を含む)

マーベラスは2021年6月4日、2020年11月12日に発売を開始した『天穂のサクナヒメ』(対応機種 : Nintendo Switch / PlayStation 4 / PC(Steam)) の世界累計出荷本数が100万本を達成したと発表しました(ダウンロード版・PC版販売本数を含む)。 2020年11月発売、『天穂のサクナヒメ』(Switch/PS4/PC)の累計世界出荷本数が100万本を突

【MHRise】発売2か月で世界出荷700万本を突破、定期的なアップデートで勢い持続

カプコンは2021年5月28日、Nintendo Switch ソフト『モンスターハンターライズ』の全世界出荷本数が 700 万本を突破したと発表しました(ダウンロード版販売数を含む)。これを記念して、ゲーム内でチャレンジクエストとアイテムパックが配信スタート。さらに、 クリアするとジェスチャー「投げキッス」が入手できる、 新たなイベントクエスト「人魚竜は妖麗に舞う」も28日より登場します。

『バイオハザード ヴィレッジ』の売上が世界300万本を突破

カプコンは2021年5月11日、2021年5月8日に発売を開始した『バイオハザード』シリーズ最新作『バイオハザード ヴィレッジ』(PlayStation 5 / PlayStation 4 / Xbox Series X|S / Xbox One / PC)の世界販売が 300 万本を突破し、順調な滑り出しとなったと発表しました。

【レゴマリオ】コロナ禍でも成長したレゴの好業績に貢献、今夏ルイージも仲間入り

2020年7月より発売されている『レゴ スーパーマリオ』シリーズ。ブロック玩具の『レゴ』と世界的知名度を誇る任天堂のキャラクター『スーパーマリオ』とのコラボ商品群です。 『レゴ スーパーマリオ』は完成した後のコースで遊べるのが特徴。 モーションセンサー、カラーセンサー等が搭載されたレゴマリオをコース上で動かすと、顔や体にあるディスプレイが変化し、様々な表情や反応を楽しむことができます。スピーカーも

『マリオカート8』が米国で最も売れたレースゲームに、『マリオカートWii』を上回る

好調続く米国のゲーム市場。4年目に入ったNintendo Switchも勢い衰えず、対応ソフトの1つである『マリオカート8 デラックス』は、2004年に発売された Wii U ソフト『マリオカート8』とあわせ、米国で最も売れたレースゲームとなりました。NPD が報告しています。