Nintendo Switchソフトのデジタル販売比率が50%を突破、新型コロナの影響や『あつ森』でパッケージ版を上回る

任天堂は9月16日に開催した2021年3月期経営方針説明会のなかで、Nintendo Switch におけるパッケージ併売ダウンロードソフト(パッケージソフトのダウンロード版)のダウンロード版販売本数比率が、第1四半期の段階で50%を超えている超えていることを明らかにしました。 新型コロナウイルス感染拡大の影響で世界的な外出自粛が続いたことによる影響、ダウンロード版と親和性の高いタイトル(あつまれ

Nintendo Switchの国内累計販売台数が1,500万台を突破、ソフト上位5タイトルはいずれも300万本以上

任天堂が2017年3月3日に発売を開始した家庭用ゲーム機「Nintendo Switch」(ニンテンドースイッチ)の国内累計販売台数が1,500万台を突破したようです。ファミ通調べで明らかになりました。ソフト売上トップは『あつまれ どうぶつの森』で562万本(ダウンロード版を除く)。 ファミ通は9月10日、任天堂のハイブリッド家庭用ゲーム機「Nintendo Switch」の国内推定販売台数が、累

スクエニ、『聖剣伝説3 ToM』の販売好調「当初の想定を大きく上回っている」

スクウェア・エニックスが 2020 年 4 月に Nintendo Switch / PlayStation 4 / Steam 向けソフトとして発売した『聖剣伝説3 トライアルズ オブ マナ』。1995 年 9 月発売のスーパーファミコン用アクション RPG『聖剣伝説3』のフルリメイクタイトルで、現代向けにグラフィックの向上やシステムのブラッシュアップなどが施されています。 オリジナル版を尊重し

カプコンの2020年4-6月のデジタル販売内訳、任天堂プラットフォームは15%

カプコンは8月5日、2021年3月期第1四半期の決算説明会カンファレンスコール資料および質疑応答概要を公開。好調に推移したデジタル販売のプラットフォーム内訳も明らかになっており、任天堂プラットフォームは新作がなかったにもかかわらず、全体の 15% を占めました。 概算値として公開された数字によれば、4〜6月に最大シェアとなったのは PlayStation と PC でそれぞれ 35% 程度。Xbo

Nintendo Switchの累計ソフト販売本数が3DSやスーファミを上回る、本体はファミコン超え目前

任天堂は8月6日、売上高が前年同期の2倍、純利益は6.4倍になるなど記録的な業績となった2021年3月期第1四半期決算を発表。Nintendo Switch は本体568万台、ソフト5,043万本を記録しました。 Nintendo Switch の過去3年を振り返ってみると、この販売数はだいたい半年分に相当する規模です(2019年4-9月は本体693万台/ソフト5,849万本、2018年4-9月は

UK : 『ペーパーマリオ オリガミキング』がシリーズ最大ローンチを記録

7 月 12 日 〜 18 日週の英国週間ゲームチャート(パッケージ販売)は、SIE / Sucker Punch Productions が手掛ける『Ghost of Tsushima』が初登場1位を獲得。 同タイトルは SIE の PS4 タイトルとして最大の初動を記録した『The Last of Us Part 2』には届かなかったものの、新規 IP として見ると昨年発売された SIE Be

【ポケモンGO】配信から4年の累計収益は36億ドルを上回っていると推計、2020年は過去最高を更新する勢い

2016年7月6日にオーストラリアとニュージーランド、アメリカからサービスを開始した『Pokémon GO』(ポケモンGO)が、配信開始4周年を迎えました。 2019年8月には世界10億を超えるダウンロードを記録し、2020年に入っても多くの人に遊ばれています。進化を超える進化「メガシンカ」が登場予定であるなど、ゲーム内容も大きな進化を続けています。 調査会社 Sensor Tower のレポート

【あつ森】発売3か月で国内パッケージ版売上が500万本を突破、『とび森』超え目前

ファミ通は7月1日、任天堂が3月20日に発売を開始した Nintendo Switch ソフト『あつまれ どうぶつの森』について、パッケージ版の国内推定累計販売本数が500万本を突破したようだと発表しました(※ダウンロードカードおよび「Nintendo Switch あつまれ どうぶつの森セット」を含む。ダウンロード版の本数は含まない)。 この数字は Nintendo Switch 向けのパッケー

『Dead Cells』の売上が累計300万本を突破、最新アップデート “Update of Plenty” も正式リリース

Motion Twin は7月1日、“ローグヴァニア” アクション『Dead Cells』の累計販売本数が300万本を突破したと発表しました。 これに合わせ通算19度目のメジャーアップデートを実施。ゲームバランスの再調整を含む “Update of Plenty” がまずは PC 版で正式リリースされています。 家庭用ゲーム機向けにも今後数週間内に到着予定。