Nintendo Switchがポルトガルで最も売れた任天堂コンソールに、ソフト人気1位は『マリオカート8 デラックス』


 

2017年3月の発売から6年が経過してなお異例の売れ行きを見せている任天堂の家庭用ゲーム機 Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)。据置型ゲーム機としても携帯型ゲーム機としても利用できるハイブリッドコンソールはこの6年、世界各地のプレイヤーを魅了し記録的な普及ペースを見せてきました。さてポルトガルでは現在、史上最も売れた任天堂コンソールとなったようです。

任天堂ポルトガルが公式に発表しています。

任天堂ポルトガルは Twitter にて、同国において Nintendo Switch が任天堂史上最多販売ハードとなったことを報告。具体的な数字は明かされていないものの、かつてのヒットハードの記録を塗り替えたようです。

ポルトガルの Nintendo Switch ベストセラー

任天堂はさらに人気上位のタイトルも共有。1位は『マリオカート8 デラックス』でした。スイッチで大定番の『マリオカート8 デラックス』ですが、8コースずつ6回に分けて全48コースを順次追加する有料追加コンテンツ「コース追加パス」によりさらに息の長いロングセラータイトルとなっています。

  1. マリオカート8 デラックス
  2. スーパーマリオ オデッセイ
  3. あつまれ どうぶつの森
  4. ポケットモンスター ソード・シールド
  5. ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

任天堂の発表によるとニンテンドースイッチの世界売上は2022年12月末時点で本体が1億2,255万台で任天堂史上2位(1位はニンテンドーDSの1億5,402万台)、ソフトは 9 億 9,430 万本で任天堂史上 1 位となっています。


share