『トライアングルストラテジー』が世界出荷+DL販売100万本突破、スクエニ浅野チームによる完全新作タクティクスRPG

Triangle Strategy トライアングルストラテジー

スクウェア・エニックスは2022年12月21日、Nintendo Switch / Steam で発売中のシミュレーションRPG『トライアングルストラテジー』(TRIANGLE STRATEGY)について、世界累計出荷・ダウンロード販売本数が100万本を突破したと発表しました。100 万本突破記念として現在、ダウンロード版40%OFFセールが実施中(Switch版は1/6まで、Steam版は1/5まで)。

『トライアングルストラテジー』は『オクトパストラベラー』で評価されたドット絵と 3D CG を融合させたグラフィック表現“HD-2D”を採用した新規シミュレーションRPG(タクティクスRPG)。クォータービューの高低差あるマップやそこで繰り広げられるバトル、キャラクターの選択・決断によって分岐する重厚なストーリーなど、往年の“タクティクス”を思わせるタイトルです。

開発はアートディンクとスクエニ浅野チーム。

開発中に意識したであろう過去作品のようにがんがん戦闘を繰り返して進むというよりはシナリオを見せることに比重がおかれており、その点は人を選ぶところ。とはいえ完成度は高く、この手のジャンルをあまり遊ばないという方に向けた設計もなされているので、世界観やシナリオ、BGMが刺さればオススメできるタイトルです。無料体験版が配信されているので、気になった方はまずはこの世界に触れてみては。

ダウンロード版が期間限定セール中ですが、パッケージ版も40%OFF程度の割引になっているストアも。

share