モバイル版『ウイイレ2019』が10月に新シーズンアップデート、『eFootball ウイニングイレブン2020』へ

コナミは現在配信中のモバイルゲームアプリ『ウイニングイレブン2019』について、10月に大型アップデートを実施し、新たに『eFootball ウイニングイレブン2020』としてサービスを開始します。クラブチーム・選手データの更新だけでなく、家庭用ゲーム版『eFootball ウイニングイレブン2020』の試合エンジンを完全移植。新ボールコントロール「フィネスドリブル」も可能になり、モバイルでも『ウ

【Shazam】調べた曲をApple Music / Spotifyに自動作成されるプレイリストでまとめて聴く

今さら素敵な機能に気がついた。 街なかなどで流れているBGMを聴かせると、曲名やアーティストを教えてくれるアプリ「Shazam」。聴き取った後の楽曲は、音楽配信サービスでストリーミング再生・購入することができますが、これまでに調べた曲がプレイリストとして保存され、まとめて聴ける機能があったんですね。

ポケモンGO:4年目は『ブラック・ホワイト』イッシュ地方の第5世代が登場へ

『Pokémon GO (ポケモンGO)』は2016年夏のローンチから3周年を迎え、記念イベントの開催情報や特別なイラストが公開されました。 まずは記念イベントについて、以下の日程で3周年記念ゲーム内イベントが開催されます。

『ドクターマリオ ワールド』は7月10日配信開始、キャラクター・ボリューム・SNS連携・課金要素

任天堂は18日、今夏配信予定としていたiOS/Android向けゲームアプリ『Dr. Mario World (ドクターマリオ ワールド)』について、7月10日に配信開始すると発表しました。ダウンロード価格は無料(アイテム課金有り)。 本アプリは任天堂とLINEのゲームアプリ事業における協業で生まれたアプリ。同じ色を3つそろえてウイルスを退治する人気の落ちものパズルゲーム『ドクターマリオ』のスマホ

ドラクエになった現実世界を歩く位置情報RPG『ドラゴンクエストウォーク』が2019年内ローンチ

スクウェア・エニックスは6月3日、『ドラゴンクエスト』シリーズのスマートフォン向け最新作『ドラゴンクエストウォーク』を2019年内に配信すると発表しました。対応OSはiOS/Android。料金形態は基本プレイ無料のアイテム課金型。 スマホの中に広がる、ドラゴンクエストのフィールドと化した現実世界を、プレイヤーが主人公となって歩き、冒険を進めていく位置情報RPGです。 「歩く」を強調するようにロゴ

【ポケモンGO】「いつでも冒険モード」を設定しているのに反映されない、歩いた距離がカウントされない不具合

『ポケモンGO』に実装された「いつでも冒険モード」は、アプリを起動していない間も端末に記録された情報をもとに歩いた距離などをカウントしてくれる便利な機能。 移動距離を稼ぐためにアプリを起動する必要がなくなるので、設定することでバッテリー持ちも良くなりました。1週間に歩いた距離に応じてリワード(報酬)も獲得することができます。 関連:【ポケモンGO】「いつでも冒険モード」で気になること、週の区切りや

任天堂、ベルギーで『FEH』『ポケ森』の配信を終了へ

任天堂は、配信中のモバイルゲームアプリ『ファイアーエムブレム ヒーローズ』と『どうぶつの森 ポケットキャンプ』について、ベルギーでのサービス提供を終了すると発表しました。8月27日をもって同地域での提供は終了となり、この日以降はゲームをダウンロードして遊ぶことはできなくなります。