2016年夏のローンチから3年以上が経った『Pokémon GO (ポケモンGO)』の累計売上が、現在までに30億ドルを突破しました。調査会社Sensor Towerが推定値として報告しています。

2016年夏の配信開始から4年目に入っている『ポケモンGO』。売上が最も膨らんだのは1年目の2016年で8億3,200万ドルでした。その後、2017年には5億8,900万ドルに減少。しかし2018年には8億ドル台を回復して8億1,600万ドル、2019年はこれまでに7億7,430万ドルを販売しており、このままいけば2016年を上回る見通しです。

2017年は第2世代ポケモンの登場やジムシステムの大幅改修、レイドバトル、伝説ポケモンの実装、後半には第3世代ポケモンが登場し始めました。

2018年に入ると月1コミュニティ・デイの開催や、タスクをこなして報酬を受け取れるリサーチ、待望のフレンド・交換機能、PvP(対戦)、第4世代ポケモンの登場、いつでも冒険モードなどが追加。便利機能や遊びの要素が充実したことでアクティブユーザー数が再び増え始めます。

2019年はGOスナップショット、チーム変更メダリオン、GOロケット団などが導入。また第5世代ポケモンも登場しています。Sensor Towerによると、GOロケット団の導入などが大きく貢献しているとのこと。

Sensor Towerの推定値では2019年8月単月の売上は1億1,100万ドルでしたが、9月には1億2,600万ドルに増加しています。10月はこれまでに6,780万ドルとのこと。

「Pokémon GO Fest」など、リアルイベントも大きな盛り上がりを見せる『ポケモンGO』。都市部だけでなく地方のトレーナーもより楽しめるよう調整や改善が続けられるといいます。

また世界中のトレーナーとオンラインバトルを楽しめる「GOバトルリーグ」が2020年初頭に実装予定であるなど、「外へ冒険にでかけて、歩く」という基本要素を残しつつ、遊びの部分でもまだまだ進化していきます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Amazonで買い物をするなら、Amazonギフト券に残高をチャージ(入金)して支払いをするのがおすすめです。

チャージタイプのAmazonギフト券(Amazonチャージ)は、現金でチャージ(残高を追加)するたびに、チャージ額に応じてポイントが貯まります。通常会員は最大2.0%、プライム会員なら最大2.5%還元。クレジットカードを使わず、Amazonで買えるほぼすべての商品で利用可能。

有効期限は発行から10年間。余裕をもって使えます。

Amazonチャージで残高を追加する

さらに今なら、初回チャージで1,000円分のポイントがもらえるキャンペーンが実施中。

Amazonチャージ 初回購入で1,000ポイントキャンペーン