Suicaはカードタイプではなく、Apple PayのSuicaを使っています。アプリから簡単にチャージができるし、残高も確認できるので便利に使っています。

ところが、十分な残高があるつもりで買い物をしたら、実は残り残高が少なくて、危うく残高不足だったかもしれないなんてことがありました。

Suicaのチャージ残高が、あるタイミングから更新されていなかったんですね。ウォレットアプリをいったん終了してから再起動しても改善されないし、どうしたものか。

iOS: モバイルSuicaで残額が正しく表示されない

iOSのモバイルSuicaで、チャージ残高や利用履歴が反映されない、残額が変わらない不具合に見舞われました。このままでも使えないことはないのだけれど、表示が正しくないので残額をiPhone上で確認できません。またきちんとチャージされるのかどうかも不安です。

この不具合の対処方法としては「端末を再起動」「ヘルプモードをオンにする」の2点があります。今回は「ヘルプモードをオンにする」ことでデータが更新され、正しい残高が表示されるようになりました。

ヘルプモードをオンにする

iPhoneの場合

iPhoneの場合は、次の手順でヘルプモードを設定することができます。

  1. Walletアプリを起動しSuicaを選択します。
  2. 画面右上の「…」をタップして情報を表示し、

    「ヘルプモードをオンにする」を選択します。

  3. Touch IDまたはFace IDで、ヘルプモードをオンの設定にします。

Apple Watchの場合

Apple Watchの場合は、次の手順でヘルプモードを設定することができます。

  1. Walletアプリを起動し、Suicaを選択します。
  2. Apple Watchの画面を強めに押下し、「ヘルプモードをオンにする」を選択します。
  3. サイドのボタンをダブルクリックしてヘルプモードをオンの設定にします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で