2017年3月3日、任天堂から家庭用ゲーム機「Nintendo Switch (ニンテンドースイッチ)」が発売されました。

据置型ゲーム機として遊べるはもちろん、ニンテンドー3DSなどの携帯型ゲーム機のように持ち出して遊べる点が魅力のスイッチは、発売されるやいなや世界中で大ヒットを記録。Wii Uの後だったので、発売前は悲観的な見方も少なくありませんでしたが、蓋を開けてみれば、1億台以上を販売したあの Wii を超える販売ペースとなった国もでるほどの売れ行きです。

付属のコントローラー Joy-Con は (L)/(R) が付属し、対応ソフトならすぐにマルチプレイを楽しむこともできます。

大人気ハードには、メーカーもこぞって参入。毎週多数のゲームが発売され、どれを買えばいいのか迷ってしまいます。この記事では、任天堂ファンの管理人が実際に遊んで面白いと感じたソフトや高評価・人気のソフトを厳選してご紹介。初めて任天堂のゲーム機を買った方や、久しぶりに任天堂のゲーム機を買ってどのソフトを買えば良いのかわからないといった方の参考になれば幸いです。

Nintendo Switch 面白くておすすめのゲームソフト

RPG・アドベンチャー

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

  • メーカー:任天堂
  • 開発:任天堂
  • ジャンル:アクション/アドベンチャー
  • プレイ人数:1人
  • DL版に必要な容量:13.8GB

最初に紹介するのは、スイッチの本体同時発売ソフトの1つだった『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』(Wii U 版も同時発売されています)。

『ゼルダの伝説』は『スーパーマリオ』と並ぶ、任天堂を代表するシリーズの1つです。

近年のゼルダといえば、大掛かりなダンジョンに挑んで謎を解くいうアドベンチャーゲームのイメージが強くなっていました。仕掛けの答えを導き出せないとそこで行き詰まってしまいがちで、難しい、とっつきにくい印象を与えていました。

今回の『ブレス オブ ザ ワイルド』ではそのアタリマエを見直しまし、「オープンワールド(オープンエア)」というジャンルに変化。巨大なダンジョンは減り、広大なフィールドでの探索やサバイバルがメインとなっています。もちろん、要所要所にパズルを解く謎解きがあったり、ゼルダ姫や世界を救出する目的はいつものゼルダなわけですけれど。

広大で生きたハイラル世界を舞台に、どこへ行き、何をするのか。攻略の順番まで冒険の全てがプレイヤーに委ねられます。ストーリー攻略のために魔物退治をするのはもちろん、絶景ポイントを探したり、野生動物を倒して食料や装備の素材を獲得したり、泳いだり、山からスノボのように滑り降りたり、ゲーム終盤になっても自由度の高いアドベンチャーが待っています。どのくらい自由度が高いかというと、いきなりラスボスに挑むことができるほど(倒せるかどうかは別として)。

大胆な変革の結果、従来ゼルダらしさとされていた大規模な謎解き要素は薄れたものの、国内外で大絶賛の評価。2017年の「ゲーム・オブ・ザ・イヤー(今年の最優秀ゲーム)」に選ばれるなど、新しい『ゼルダの伝説』を作り上げた傑作です。

  • リンクになりきって、生き生きとした広大なハイラルの世界を自由に冒険
  • ガイドが充実していて、進行状況や目的をいつでも確認でき初めてでも遊びやすい
  • メディアやユーザーから大絶賛、最高傑作との呼び声も

Minecraft

  • メーカー:Mojang / 日本マイクロソフト
  • 開発:4J Studios Ltd. / Microsoft Studios
  • ジャンル:アクション / アドベンチャー / ストラテジー / シミュレーション
  • プレイ人数:1-4人 (ローカル通信・オンラインプレイ:2-8人)
  • DL版に必要な容量:655MB

様々なハードで発売されている、思うがままの世界を作ったり探検したりができる人気のクラフトゲーム『Minecraft (マインクラフト)』は、ニンテンドースイッチでも遊ぶことができます。2018年6月21日“Nintendo Switch Edition”が取れた、新しいマイクラがスイッチにも登場。最新の更新を含むアップデートが含まれていたり、マップサイズが無限大に、また他機種とのオンラインプレイなども可能になりました。

これまでの任天堂機向けバージョンに含まれている、『スーパーマリオ』の世界を『マイクラ』で表現で生きる「スーパーマリオ マッシュアップパック」もあらかじめ収録されています。

2017年に発売された『Minecraft: Nintendo Switch Edition』で遊んでいる方は、そのまま『Nintendo Switch Edition』を遊び続けることもできますし、それまでのワールドデータを新しい『Minecraft』用に変換して遊び続けることができます。

Wii U で発売されている『MINECRAFT: Wii U EDITION』のワールドデータを直接新しい『Minecraft』へ変換する方法は今のところリリースされていません。一度『Minecraft: Nintendo Switch Edition』を経由してデータを変換することは可能です。ただし、『Minecraft: Nintendo Switch Edition』は新しい『Minecraft』発売にともない、6月21日をもって販売が終了しています。

  • 大人気のモノづくりゲーム『マインクラフト』がスイッチでも遊べる
  • スーパーマリオのスキンが収録
  • 大規模アップデートで他機種のプレイヤーともオンラインプレイ
Minecraft (マインクラフト) - Switch
メーカー: 日本マイクロソフト

OCTOPATH TRAVELER (オクトパストラベラー)

  • メーカー:スクウェア・エニックス
  • 開発:アクワイア
  • ジャンル:RPG
  • プレイ人数:1人
  • DL版に必要な容量:3.0GB

『オクトパストラベラー』は、『ブレイブリーデフォルト』の浅野チームが担当したスクウェア・エニックスによる完全新作RPG。“HD-2D” と呼ばれる、2Dドット絵と3DCGが融合した表現が特徴で、スーパーファミコンの2D時代のRPGが、あのイメージのまま進化していったらどうなっただろう?というイメージを膨らませて設計されたかのようなゲーム画面の中、自由度の高い冒険やバトル、キャラクター育成を楽しむことができます。

『サ・ガ』や『ルナティックドーン』のような、自分がやりたいように進んでいけるゲーム。エニックスと合併する以前の、スクウェア黄金期のような手応えを感じられるファンタジーRPG。

  • 2Dドット絵と3DCGが融合した独特かつ美しい HD-2D
  • 独自の能力を持ち、プレイ感覚の異なる8人の主人公
  • 自由度の高い冒険、キャラクター育成
  • あの頃のスクウェアRPGが進化した、1つの到達点

アクション・シューティング

Splatoon 2 (スプラトゥーン2)

  • メーカー:任天堂
  • 開発:任天堂
  • ジャンル:アクション / シューティング
  • プレイ人数:1人(ローカル通信プレイ:2-8人、オンラインプレイ:8人)
  • DL版に必要な容量:3.6GB

Wii U で誕生し、任天堂の新たな顔となったカラフルなアクションシューティングゲーム『Splatoon (スプラトゥーン)』の新作『スプラトゥーン2』が、さっそくスイッチにも登場。インクリング(通称イカ)たちが、より派手で激しいバトルを繰り広げます。

日本国内では2018年3月までに260万本以上を販売しており、『ゼルダの伝説』や『スーパーマリオ』『マリオカート』以上の人気を獲得。スイッチ用ソフトとしては最大ヒットタイトルとなっています。

「4対4で地面にインクを塗り合って、時間内に塗った面積の多いチームが勝利」というシンプルかつ明快なルールと、とっつきやすい簡単操作はそのままに、新たなブキやギア(装備品)、ステージが追加されるなどして『2』にふさわしくパワーアップ。これまでのブキも特徴が変更されていたり、二丁拳銃のような新たなブキ「マニューバー」が加わりました。

チュートリアルも兼ねたオフラインで遊べる1人用の「ヒーローモード」も選べるブキが増えるなど進化。新たなストーリーで収録されています。

さらに『スプラトゥーン2』では、新モードの「サーモンラン」が登場。迫りくるシャケを倒してイクラを狩り、バトルに役立つアイテムをゲットする危険なバイト。いつものバトルとは異なる緊張感を持って協力プレイを楽しむことができます。

とっつきにくいと思われていたアクションシューティングゲームを、床を塗ればいいという単純明快なルールとキャッチーなビジュアルで男女問わず幅広い世代からの支持を獲得。なるべく自分の腕前に合ったマッチングがされるようになっており、キャラクターや世界観が気になっている程度の興味から始めても十分に楽しめる内容です。

  • 4対4で地面にインクを塗り合い、時間内に塗った面積の多いほうが勝ちという明快なルールのカラフルアクションシューティング
  • ゲーム内でも前作から2年が経過して、新しいブキ・ギアが追加
  • オンラインはもちろん、ローカル無線通信プレイにも対応。本体を持ち寄っていつでもどこでもバトル
  • 仲間と協力する新モード「サーモンラン」、新ルール「ガチアサリ」も追加
  • 追加コンテンツ「オクト・エキスパンション」で、タコ(タコガール/タコボーイ)も使える

スーパーマリオ オデッセイ

  • メーカー:任天堂
  • 開発:任天堂
  • ジャンル:アクション
  • プレイ人数:1-2人
  • DL版に必要な容量:5.3GB

任天堂の顔、マリオの新作アクションゲームもスイッチで発売されています。『スーパーマリオ オデッセイ』でマリオは、とある地球を舞台に大活躍。3Dアクションというジャンルながら、これまでの3Dマリオ制作のノウハウを活かして、アクションが苦手な人でも遊びやすく、マリオの新たな旅を楽しむことできるゲームに仕上がっています。

『スーパーマリオ64』『スーパーマリオ サンシャイン』のような、マップを探索する箱庭マリオの面白さが復活しているだけでなく、この間に制作された『スーパーマリオギャラクシー』や『スーパーマリオ 3Dワールド』などの経験がプラス。探索要素も楽しめる箱庭マリオでありながら、3Dマリオはとっつきにくかったという方でも遊びやすい作りになっています。

マップに行き先が表示されたり、ミスしてもすぐに復帰できる「おたすけモード」という救済機能があり、3Dアクションが苦手な人でも楽しめます。今遊べる最高の3Dマリオ。

『スーパーマリオ オデッセイ』では新たな能力「キャプチャー」が登場。相棒の「キャッピー」の力を借りて、マリオはクリボーやノコノコ、キラーなど様々なキャラクターやモノ(火の玉やタクシー、戦車など)に乗り移ることができます。この能力によって、これまでのマリオには無いアクションが実現。見えないものが見えるようになったり、マリオのままでは届かない場所へも行くことができたりと冒険の幅が広がりました。

また今回は2人プレイにも対応。Joy-Con をおすそわけして1人はマリオ、もう1人はキャッピーを操作して協力プレイを楽しめます。

  • 箱庭世界を自由に駆け回れる3Dアクションマリオの正当進化版
  • 個性の異なるさまざまな国とステージ、豊富な収集要素
  • キャプチャーでマリオがいろいろなキャラクターに変身
  • マリオとキャッピーで2人マルチプレイが可能
  • 本編以上に盛り上がる!? 写真撮影

星のカービィ スターアライズ

『星のカービィ スターアライズ』は、ピンク色で丸い姿をしているカービィが活躍するアクションゲーム『星のカービィ』シリーズの最新作です。残念ながら Wii U では本編が発売されなかったので、これが初の HD 画質のカービィ本編アクション。ハード中期から末期に発売されることの多いカービィ本編ですが、スイッチでは早くも登場。

カービィの2Dアクションゲームはマリオやドンキーコングなど任天堂の他のアクションゲームよりも難易度が低めに抑えられているので、アクションゲームを遊んでみたいけど難しいのは苦手という方には特におすすめできます。最大4人同時プレイに対応していて、協力しながら進んでいくことも可能です。シリーズ最多28種類のコピー能力を駆使して進んでいきましょう。

味方だけでなく、敵キャラもかわいいキャラクターがたくさん出てくるカービィですが、今回はその敵キャラを仲間にできる「フレンズヘルパー」システムが搭載。仲間にして一緒に冒険できます。

2017年で25周年を迎えたカービィ。その後に発売された初の本編ということもあってか、登場キャラクターは25年の集大成のようなファンサービス溢れる内容になっています。「フレンズヘルパー」では「ドリームフレンズ」として、歴代シリーズのキャラクターが続々登場。『星のカービィ2』のリック&カイン&クーや、『スーパーデラックス』のラスボスだったマルクなどなど。

対戦アクション・格闘

ARMS (アームズ)

  • メーカー:任天堂
  • 開発:任天堂
  • ジャンル:格闘 / スポーツ
  • プレイ人数:1-4人(ローカル通信プレイ・オンラインプレイ時:2-4人)
  • DL版に必要な容量:3.1GB

『ARMS』は、左右の手にコントローラー Joy-Con をもち(いいね持ち)、バネのように伸びるウデを持つファイターを操作して戦う体感操作の新・格闘スポーツゲームです。ハード発売1年目にして、任天堂からいきなり新規タイトルが登場。

総勢15名のファイターが登場する、任天堂らしい、海外でも違和感のないポップなゲームデザインでありながら、カジュアルに楽しむだけでなく、練習を重ねてガチな対戦アクションを求める人にも向いているゲームです。

スティックとボタンによる従来操作も可能ですが、体感操作で遊ぶことで『ARMS』本来の魅力を体験することができます。身体を動かして遊ぶので、夢中になって遊んでいるとゲームで筋肉痛になったり、あるいはダイエット効果があったなんていう報告も。

画面分割や本体を持ち寄ってのローカル通信対戦、オンラインプレイに対応。最大4人まで同時に遊ぶことができます。

  • のびーるウデで戦う、体感操作の格闘スポーツ
  • Joy-Con を左右の手に持つ「いいね持ち」の直感的な操作
  • 個性豊かなキャラクターやウデ
ARMS - Switch
メーカー: 任天堂

ポッ拳 POKKÉN TOURNAMENT DX

『ポッ拳 POKKÉN TOURNAMENT DX』は、アーケードや Wii U で発売された対戦アクション『ポッ拳 POKKÉN TOURNAMENT』のニンテンドースイッチ版。

『ポケットモンスター』と『鉄拳』がコラボしたタイトルで、子どもでも遊びやすい、複雑なコマンド入力を必要としない簡単な操作と、それでいて奥の深い駆け引きを楽しめる点が特徴。ピカチュウなどポケモンキャラを自分の手で動かしたいという思いに応えてくれるゲームです。チュートリアルや操作の練習モードももしっかりしていて、対戦格闘ゲームをそれほど遊ばない人を意識した作りになっています。

操作可能なポケモンはピカチュウやリザードン、ルカリオ、バシャーモ、カイリキー、ミュウツー、ハッサム、スイクンなど全部で21匹。普段は指示を出すだけのポケモンたちを、自分の手で動かすことができるのも醍醐味です。

対戦したいときに、Joy-Con を分け合ってすぐにバトルができるのもニンテンドースイッチならではといえます。

ドラゴンボール ゼノバース2 for Nintendo Switch

  • メーカー:バンダイナムコエンターテインメント
  • 開発:ディンプス
  • ジャンル:ドラゴンボールアクション
  • プレイ人数:1-2人(ローカル通信/オンラインプレイ:1-6人)
  • DL版に必要な容量:6.4GB

タイムパトローラーとなって、『ドラゴンボール』の歴史を守るために闘うアクションゲーム『ドラゴンボール ゼノバース』シリーズから、第2弾『ドラゴンボール ゼノバース2』がニンテンドースイッチで発売されました。原作ストーリー改変しようとする敵と対峙し、歴史を守るために戦う。原作を知っているからこその先が気になる展開は『ドラゴンボール ゼノバース』シリーズならでは。

スイッチ版では、本体を持ち寄って遊ぶローカル通信で最大6人までのマルチプレイに対応しているほか、1台のスイッチ本体で2人までの対戦も可能。Joy-Conを “おすそわけ” して、すぐに対戦を楽しめます。また、Joy-Con の特徴を活かしたモーション操作も可能で、かめはめ波などの必殺技を繰り出すことができます。

『ドラゴンボール』の世界観の再現度が高く、スピード感のある3Dバトルも大迫力。良質なキャラゲーに仕上がっています。バンダイナムコも長くサポートを続けており、追加コンテンツやアップデートで、遊べるキャラクターがどんどん増えています。

  • アニメのような美しい映像、数々のドラゴンボールキャラクターが集結
  • 改変されようとする原作ストーリーを守るゲームならではの展開
  • モーション操作で悟空たちキャラクターになりきって必殺技を繰り出せる
ドラゴンボール ゼノバース2 for Nintendo Switch
メーカー: バンダイナムコエンターテインメント

スポーツ・レース

マリオカート8 デラックス

  • メーカー:任天堂
  • 開発:任天堂
  • ジャンル:レース/アクション
  • プレイ人数:1-4人(ローカル通信プレイ:2-8人、オンライン通信:2-12人)
  • DL版に必要な容量:6.8GB

説明不要の国民的カートレースゲーム『マリオカート』の最新作。『マリオカート8 デラックス』は、Wii U で発売された『マリオカート8』をベースに、発売後に配信されたアップデートや有料追加コンテンツ、新キャラクター、コース、マシンを加えた、アクションレース『マリオカート』シリーズ最大ボリュームの決定版と言える作品。アイテムの2つ持ちが復活して戦略の幅も広がりました。

中でも、バトルモードは専用コースが新たに制作。定番のふうせんバトルをはじめとするルールも5種類収録さるなど一新。よりいっそうアツい対戦プレイを楽しめます。

登場キャラクターは、『8』で登場したマリオファミリーに加えて、クッパJr.やキングテレサらが新たに参戦。他シリーズのキャラクターでは、『8』の追加コンテンツだった『どうぶつの森』のむらびととしずえ、『ゼルダの伝説』からリンク、そして新たに『スプラトゥーン』のガールとボーイが参戦。シリーズ最多の総勢42名というボリューム。お祭り感が増しています。

レース用のコースは、追加コンテンツとして配信された『エキサイトバイク』や『F-ZERO』『どうぶつの森』『ゼルダの伝説』モチーフも含め、シリーズ最多の48コースを楽しめます。

ボタン操作が難しければコントローラーをハンドルのように使うこともできますし、はじめて遊ぶ人には落下防止、コースアウト防止の「ハンドルアシスト機能」も備わっています。初心者でも安心してカート走行を楽しめます。片方の Joy-Con で操作できるので、始めたい時にすぐに2人プレイを楽しむこともできます。

  • 幅広い年代が楽しめる国民的アクションレースゲームの決定版
  • 新キャラクター・新アイテム・新ステージでシリーズ最大ボリューム
  • アイテム2つ持ちやバトルモードが充実し、対戦ツールとしてさらに進化

FIFA 18

  • メーカー:エレクトロニック・アーツ
  • 開発:EA Vancouver / EA Romania
  • ジャンル:スポーツ
  • プレイ人数:1-4人 (ローカル通信:2人、オンライン:2-8人)
  • DL版に必要な容量:13.5GB

世界的人気のサッカーゲーム『FIFA』がニンテンドースイッチに登場です。JリーグのJ1も収録されています。

様々なハードで発売されている『FIFA』ですが、スイッチ版の特徴は本体の特徴でもある携帯性を意識して、いつでもどこでも手軽に楽しめるようになっていること(EA 自身も、他機種との差別化のためか “ポータブルFIFA” を強調しています)。携帯モードでも滑らかな60fpsでゲームを進めることができます。

また「Ultimate Team」というチームマネジメントモードが任天堂ゲーム機では初めて収録されていて、自分好みのチームを作り上げることができます。

  • 膨大なライセンスを収録するリアルなサッカーゲーム『FIFA』がスイッチに登場
  • Jリーグ収録(J1)
  • 自分だけのクラブを作る「FIFA Ultimate Team」が任天堂機向けに初収録
FIFA 18  - Switch
FIFA 18 – Switch
メーカー: エレクトロニック・アーツ
発売日: 2017-09-29

ロケットリーグ

『Rocket League (ロケットリーグ)』は、ニンテンドーeショップで配信されているダウンロードソフト。ラジコンカーを操作して、巨大なボールを相手チームのゴールに入れることを目指すゲームです。ラジコンカー×サッカー。レースゲームで車を操作するようにラジコンカーを操作し、ハンドル操作や前進後退といった制御を行います。またブーストを使って、一時的に限界を超えたスピードを出したり、ジャンプしたりも可能。用意されたアクションを組み合わせてアクロバティックなシュートもでき、操作に慣れるにつれ、自分のスキルの上達を感じられます。スイッチ版では『スーパーマリオ』や『メトロイド』モチーフの限定マシンも登場します。

マリオテニス エース

  • メーカー:任天堂
  • 開発:キャメロット
  • ジャンル:スポーツ
  • プレイ人数:1-4人(ローカルプレイ:2-4人 / オンラインプレイ:1-4人)
  • DL版に必要な容量:1.9GB

N64から続いている定番テニスゲーム『マリオテニス』シリーズの最新作が、ニンテンドースイッチに登場。マリオがあのラファエル・ナダルと共演したCMも話題となりました。

簡単シンプルな操作で初心者でも楽しく遊べるこれまでのシリーズの特徴は引き継ぎつつ、「エナジーゲージ」を消費して発動する「ねらいうち」や、自分以外の動きがスローモーションになる「加速」といった新システムが登場。これまでにない駆け引きが生まれました。相手のラケットを破壊する、またそれを防ぐ攻防も取り入れられています。

もちろん、新要素を省いたシンプルなルールでも遊ぶことができます。

“マリオ”冠のゲームらしい、マリオの世界観を生かしたストーリーや登場キャラクター、アクションだけでなく、ラリーの応酬やリターン、サービスエースといったテニスの面白さも詰め込まれているテニスゲームです。

  • マリオテニスに新システム搭載
  • 誰でも楽しめる簡単操作
  • 本物のテニスさながらの駆け引き

パズル

いっしょにチョキっとスニッパーズ

  • メーカー:任天堂
  • 開発:SFB Games
  • ジャンル:コミュニケーション / アクション / パズル
  • プレイ人数:1-4人
  • DL版に必要な容量:1.4GB

『いっしょにチョキっとスニッパーズ』は、プレイヤー同士の会話や息の合ったプレイでパズルの答えを導く、コミュニケーション・アクションパズルゲームです。カラダを切ることができる2人のキャラクター(赤い方がスニップ、黄色いのがクリップ)をチョキチョキと切りあいながら、いい具合の形を創り上げ、ステージごとに出される様々なお題クリアを目指します。

正攻法で行くもよし、多少強引でもクリアできたりと、いろいろな切り口でクリアを狙えます。

画面に表示されるお題を見て、一緒に遊ぶ人とクリア方法をあれこれ考えているのが楽しいパズルゲームです。

  • ひらめきとコミュニケーションが攻略のカギを握るパズルゲーム
  • 体をチョキチョキ、2人で答えを考えながら試行錯誤が楽しい
いっしょにチョキッと スニッパーズ プラス 【オリジナルマリオグッズが抽選で当たるシリアルコード配信(2018/1/8注文分まで)】
いっしょにチョキッと スニッパーズ プラス
メーカー: 任天堂
発売日: 2017-11-10

パーティー

1-2-Switch (ワンツースイッチ)

  • メーカー:任天堂
  • 開発:任天堂
  • ジャンル:パーティー
  • プレイ人数:1-2人
  • DL版に必要な容量:1.3GB

ニンテンドースイッチ同時発売ソフトの1つとして、『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』とともに任天堂から発売された『1-2-Switch (ワンツースイッチ)』は、スイッチのコントローラー「Joy-Con (ジョイコン)」の多彩な機能を楽しめるパーティーゲーム。

このゲームの大きな特徴は、これまでのようにテレビ画面を見ながら遊ぶのではなく、相手の目を見ながら遊ぶということ。臨場感のある細やかな「HD振動」やジャイロなどのセンサーが備わった Joy-Con で、新体験が広がります。ゲームを遊んでいる人だけでなく、それを見ている周りの人がいるともっと盛り上がります。

  • 新コントローラー「Joy-Con」の新しい機能を活用したミニゲーム集
  • 相手の顔を見て遊ぶ、ゲームの新しいかたち
  • 見ている周りも盛り上がる
1-2-Switch 【オリジナルマリオグッズが抽選で当たるシリアルコード配信(2017/10/26-2018/1/8注文分まで)】
1-2-Switch (ワンツースイッチ)
メーカー: 任天堂
発売日: 2017-03-03

スーパーボンバーマン R

  • メーカー:KONAMI
  • 開発:KONAMI
  • ジャンル:アクション / パーティー
  • プレイ人数:1-8人 (ローカル通信・オンライン:1-8人)
  • DL版に必要な容量:2.4GB

『スーパーボンバーマン R』は、爆弾を配置して爆風を利用して敵を倒しゴールを目指すあの『ボンバーマン』シリーズの、家庭用ゲーム機向けとしては約10年ぶりになる完全新作です。

手軽にマルチプレイを楽しめるニンテンドースイッチにぴったりの、わいわい楽しめるアクションパーティーゲーム。ローカルでもオンラインでも最大8人まで参加可能なのでたくさんの友達と一緒に盛り上がれます。発売直後の印象だと正直イマイチでしたが、その後、継続的にアップデートが行われ不具合が改善されていっただけでなく、新キャラなども追加。かなり遊びやすくなりました。

  • 対戦ゲームの老舗・ボンバーマンが帰ってきた
  • 最大8人で遊べる
  • アップデートでキャラクターやモードが追加
スーパーボンバーマンR
スーパーボンバーマンR
メーカー: コナミデジタルエンタテインメント
発売日: 2017-03-03

シミュレーション

マリオ+ラビッツ キングダムバトル

任天堂の「マリオ」と、フランスの Ubisoft のキャラクター「ラビッツ」とがコラボレーションしたターン制の戦略シミュレーションゲーム。様々なジャンルのゲームに挑戦しているマリオですが、戦略SLGは今回が初めて。いたずら好きなラビッツがマリオの世界観に入り込んだことで、キノコ王国もいつもとは違う奇妙な雰囲気に変化。Ubisoft の開発チームがマリオ愛ある人たちで構成されていたこともあって、マリオの世界とラビッツ、そしてマリオとしては新しいジャンルへのチャレンジが上手く行っています。

考えなしに突っ込むとこてんぱんにされてしまうなかなか骨太な難易度で、メンバー構成と武器、スキルをきちんと考えながら進めていくのが攻略のカギ。2キャラクターが単純にコラボしたお祭りソフトにとどまらない出来のソフトです。

マリオ+ラビッツ キングダムバトル - Switch
マリオ+ラビッツ キングダムバトル – Switch
メーカー: 任天堂
発売日: 2018-01-18

というわけで、1年目からジャンルもタイトル数も非常に充実しているニンテンドースイッチのおすすめソフトでした。今回挙げていない中にもたくさんゲームがありますので、色々と遊んでぜひお気に入りの1本を見つけてみてください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で