ニンテンドーeショップが活況なNintendo Switchでは、毎週続々と新作ソフトがリリースされています。とても追いきれないので、好みのジャンルのゲームを感想がてら備忘録代わりにメモしておくことにしました。このページでは「Metroidvania(メトロイドヴァニア)」系ジャンルのソフトをまとめています。

「Metroidvania(メトロイドヴァニア)」とは

「Metroidvania(メトロイドヴァニア)」は、『メトロイド』と『キャッスルヴァニア(悪魔城ドラキュラの海外名)』を組み合わせた造語。どんなジャンルかというと、主に2D視点の探索型アクションアドベンチャーゲームのことを指す、アクションアドベンチャーのサブジャンルです。

具体的には、プレイヤーは広大なフィールドマップを探索しながら、敵と戦い、ときにパワーアップアイテムなどを入手して能力や装備を強化。それによってこれまで行けなかった場所や倒せなかったボスを攻略して、さらに行動範囲を広げながらゲームを進めていくというのが基本的な流れです。

メトロイドヴァニアの代表的なタイトルは、この造語のもととなった『メトロイド』や『悪魔城ドラキュラ』シリーズ。フォロワータイトルも多く生まれており、Nintendo Switch でも同ジャンルのゲームがたくさん配信されています。

Nintendo Switch で遊べる!おすすめメトロイドヴァニア

1.

Hollow Knight (ホロウナイト)

  • メーカー:Team Cherry
  • ジャンル:アクション / アドベンチャー
  • プレイ人数:1人
  • DLに必要な容量:5.2GB

滅びゆくムシ達の王国の物語…キュートで壮大な『Hollow Knight』の世界にようこそ! 『Hollow Knight(ホロウナイト)』は2Dスタイルのアクションアドベンチャーゲーム。

曲がりくねった洞穴、古代都市、危険な荒れ地などが絡まり合うようにして構成される広大な世界を、汚染された生物と戦い、ちょっと変わったムシたちと交流しながら、王国の中枢に秘められた太古の秘密を解き明かす冒険の旅に出よう!

『Hollow Knight(ホロウナイト)』は、荒廃したムシたちの古代王国が舞台の2Dアクションゲームです。

可愛さと、ちょっと不気味な感じが同居する登場するキャラクター。といっても、主人公を見て可愛いと思えたらキャラクターデザインについては問題ありません(一部を除く)。独特の美しい背景と、美しい音色のBGMが響くダークで広大な世界を思う存分冒険を楽しめます。

通常の能力強化に加えて、チャームと呼ばれる能力(スキル)強化系の装備の組み合わせがキモになっていて、自分の戦いやすいスタイルやその時々に合わせて効果的な組み合わせを探すのもまた楽しい。もちろんそのチャームも世界を歩いて探さなくてはならないし、付けられる数も限られているのだけれど。

難易度は高め。ただしやられ方は理不尽というよりも「あそこをこうすれば」「このチャームの組み合わせならいけるのでは?」など次につながるようになっているので、何度も何度も挑戦してその先を見たくなります。ボリュームもすごい。

2.

スチームワールドディグ

  • メーカー:フライハイワークス
  • ジャンル:アクション / アドベンチャー / アーケード
  • プレイ人数:1人
  • DLに必要な容量:89.0MB

お宝がたくさん埋まっている鉱山を舞台に、深く、さらに深く掘り進め、地中奥深くに潜むナゾを解き明かしましょう。

Nintendo Switch版ではテキストを一新!未プレイの方も、プレイ済みの方も、新しい気持ちと共にお楽しみいただけます。

『SteamWorld Dig (スチームワールドディグ)』は、スチームボットの「ラスティ」が、ツルハシを使い掘って掘って探索しながら進むスチームパンクな世界観の地底掘削アクションアドベンチャーゲームです。開発はスウェーデンのImage & Form。地底にはラスティの叔父のジョーが残した「ステーション」が存在していて、そこでラスティがパワーアップ。すると出来ることが増え、探索可能な範囲も広がっていきます。

自分でルートを開拓しながら掘り進み、行き詰まったかなと思ってもいい具合に能力を強化できるポイントが見つかったりなどバランス調整が絶妙。お宝を集めながら、どんどん下へ下へと掘り進んでいきます。

ニンテンドー3DSやWii Uなど他機種でも遊ぶことができますが、Nintendo Switch版はフライハイワークスが販売を担当。ローカライズにあたってテキストが一新されています。

3.

スチームワールドディグ2

  • メーカー:フライハイワークス
  • ジャンル:アクション / アドベンチャー
  • プレイ人数:1人
  • DLに必要な容量:251MB

ここ最近、スチームボットの世界では、不思議な地震が頻発しています。
ドロシーは果たして行方不明のラスティを見つけることが出来るのでしょうか?
そして、日に日に強くなっている頻発地震の震源とは…?

ドロシーと一緒に、地底を探検し、すべてのナゾを解き明かしましょう!

『SteamWorld Dig 2 (スチームワールドディグ2)』は、スチームボットの「ドロシー」が、行方不明になってしまった前作の主人公「ラスティ」を探すため、ツルハシを片手に地底で大冒険活劇を繰り広げる、地底掘削アクションアドベンチャーゲームです。開発は一連の『SteamWorld』シリーズの丁寧な仕事ぶりで評価を高めているスウェーデンのImage & Form。

1人で地底深くを掘り進んでいく、都度キャラクターを強化して行動範囲が広がっていく基本システムは前作の『スチームワールドディグ』と同じですが、『2』になったことで収集要素や強化が大進化。行き詰まった?と思ったら強化してもっと進めるようになるバランス調整は今回もお上手です。

4.

Axiom Verge (アクシオムヴァージ)

  • メーカー:Thomas Happ Games
  • ジャンル:アドベンチャー / アクション
  • プレイ人数:1人
  • DLに必要な容量:214MB

これこそキミが何十年も待ちかねていたアクションアドベンチャーだ。実験室で事故に遭遇したはずの科学者が、なぜか神秘的なエイリアン世界の只中で目覚めた。これはどこか遠くの惑星? 遥かな未来? はたまた複雑なシミュレーションゲーム?

大規模な迷宮世界の奥底を探索、その秘密を学び、その中におけるキミの役割を明らかにしよう。

『Axiom Verge (アクシオムヴァージ)』は『メトロイド』を彷彿とさせる、8bitテイストの探索型アクションゲーム。ゲームデザインからプログラミング、アート、BGMなどをクリエイターであるThomas Happ氏がたった1人で作り上げた個人制作タイトルです。

広大なマップと探索要素、能力の強化やそれにともなう行動範囲の拡大といった「メトロイドヴァニア」に必要とされる要素は完備。

ナビがどこへ向かえばいいのか教えてくれすぎるなんてことはなく、ファミコンテイストなその見た目の通り、昔ながらの探索アクション/アドベンチャーを楽しむことができます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で