テレビから離れ、持ち運んで遊べるゲーム機 Nintendo Switch。標準コントローラーのJoy-Conは、対応ソフトであれば、おすそわけして、左右どちらか一方でも1つのコントローラーとして使用することができ、すぐにマルチプレイが可能です。

このページでは、大型連休や年末年始の人が集まる時期に活躍する、皆でわいわい楽しめるマルチプレイが盛り上がる Nintendo Switch ソフトを紹介しています。

3人以上のマルチプレイで必要になるもの

Nintendo Switch (ニンテンドースイッチ) 本体セットには Joy-Con (ジョイコン) が (L)(R) 1セット付属しています。

この Joy-Con は、携帯モードやJoy-Conグリップに装着するなどして、2つで1つのコントローラーとして使うだけでなく、片方で1つの独立したコントローラーとして使うこともできるんです。なので、1つ持ち操作に対応しているソフトであれば、Joy-Conを “おすそわけ” して、すぐに2人プレイを楽しめるというわけです。

1つ持ちの操作(おすそわけプレイ)に対応しているソフトを3人以上で遊びたい時は、Joy-Conがもう1セットあれば最大4人プレイまで楽しめます。

2セット目以降のJoy-Conは、本体に接続しての充電ができないことから充電が間に合わなくなることがあります。充電スタンドや充電グリップがあると充電切れの心配がなく安心です。

遊びたいソフトがNintendo Proコントローラーに対応していれば、プロコンを使ってマルチプレイも楽しめます。

マルチプレイが盛り上がる!4人プレイ対応のおすすめSwitchソフト

マリオカート8 デラックス

  • メーカー:任天堂
  • ジャンル:レース / アクション
  • プレイ人数:1 – 4人(ローカル通信プレイ:2 – 8人、オンラインプレイ:2 – 12人)
  • DLに必要な容量:6.8GB

最大4人プレイ(ローカル通信プレイなら最大8人)対応。

『マリオカート8 デラックス』は、Wii Uの『マリオカート8』に、有料配信された追加コンテンツや『スプラトゥーン』のインクリングなどの新キャラクター、新コース、マシン、アイテムなどを加えシリーズ最大ボリュームとなった、定番アクションレースゲーム『マリオカート』の決定版的内容のソフトです。バトル専用コースが復活して、新ルールも追加。対戦ももっとアツく楽しめるようになりました。

コースアウトせずに運転し続けられる「ハンドルアシスト」機能も搭載され、初めての人もより遊びやすくなりました。Wii U版を持っていても買い直して遊ぶ価値があるだけの進化を見せています。

スーパー マリオパーティ

  • メーカー:任天堂
  • ジャンル:パーティー
  • プレイ人数:1 – 4人(ローカル通信プレイ:2 – 4人、オンラインプレイ:2 – 4人)
  • DLに必要な容量:2.7GB

最大4人プレイ対応。

『スーパー マリオパーティ』は、定番パーティーゲーム『マリオパーティ』シリーズのNintendo Switch向け最新作。Joy-Con1つあれば遊べるので、もう一方のJoy-Conをおすそわけしてすぐに2人マルチプレイを楽しめます。

収録ミニゲームは80種類。相手と競い合うだけでなく、息を合わせて攻略するミニゲームや、身体を動かす体感ミニゲームが収録されていたりとジャンルはさまざま。2台のSwitch本体をつなげて遊ぶ、新しいプレイスタイルのゲームも収録されています。

星のカービィ スターアライズ

  • メーカー:任天堂
  • ジャンル:アクション
  • プレイ人数:1 – 4人
  • DLに必要な容量:3.9GB

最大4人プレイに対応。

『星のカービィ スターアライズ』は、アクションゲームの『星のカービィ』最新作。敵を仲間にできる新アクション「フレンズヘルパー」を使えるようになったカービィが、フレンズ能力やおなじみのコピー能力を使い、様々なステージを攻略していきます。難易度も高くなく、カービィをはじめとするキャラクターのキュートなアクションを見ながら、初心者から上級者まで楽しくワイワイ遊ぶことができます。

無料アップデート適用で歴代シリーズのキャラクターも「ドリームフレンズ」として仲間に。

ぷよぷよテトリスS

  • メーカー:セガゲームス
  • ジャンル:パズル
  • プレイ人数:1 – 4人 (ローカル通信プレイ:2 – 4人、オンラインプレイ:2 – 4人)
  • DLに必要な容量:1.3GB

最大4人プレイ可能。

『ぷよぷよテトリスS』は、2大落ち物系パズル『ぷよぷよ』と『テトリス』をこの1本で楽しめる贅沢なソフト。

ぷよぷよルール、テトリスルール、あるいはぷよぷよとテトリスで対戦する「VS」、時間制でルールが入れ替わる「スワップ」など、両方のルールを組み合わせた様々な対戦ルールで遊ぶことができます。

おすそわけプレイでいつでもどこでも。

『ぷよぷよ』や『テトリス』なら多くの人がルールを理解しているので、そういう意味でもすぐに皆で遊ぶことができます。

Newスーパーマリオブラザーズ U デラックス

  • メーカー:任天堂
  • ジャンル:アクション
  • プレイ人数:1 – 4人
  • DLに必要な容量:2.5GB

最大4人プレイ可能。

『Newスーパーマリオブラザーズ U デラックス』は、Wii Uと同時発売された2D横スクロールアクションゲーム『Newスーパーマリオブラザーズ U』の、Nintendo Switch向け“デラックス”バージョン。通常の『Newスーパーマリオブラザーズ U』と、有料追加コンテンツとして配信された『Newスーパールイージ U』を、これ1本で遊ぶことができます。収録コースは全部で164コース。

新キャラクターとしてアクションゲームが苦手という方でも安心のキノピコやトッテンが加わり、最大4人で仕掛けいっぱいのコース攻略を楽しめます。

Overcooked 2 – オーバークック2

  • メーカー:Team17
  • ジャンル:ストラテジー / パーティー / コミュニケーション / シミュレーション
  • プレイ人数:1 – 4人(ローカル通信プレイ:2 – 4人、オンラインプレイ:2 – 4人)
  • DLに必要な容量:3.5GB

最大4人プレイ可能。

『Overcooked 2 – オーバークック 2』は、様々な環境下で調理するクッキング・アクションゲーム『Overcooked』の第2弾。時間内に、いかにたくさん料理を作れるかを目指します。最大4人で協力しあいながら、息の合ったプレイで、料理でオニオン王国の危機を救いましょう。

『2』ではオンラインプレイにも対応。友人や家族と顔を見ながら「あーだこーだ」と言いながら遊べるローカルこそこのゲームの真骨頂ですが、オンラインで遠くの友達とも遊べます。

スーパーボンバーマン R

  • メーカー:KONAMI
  • ジャンル:アクション / パーティー
  • プレイ人数:1 – 8人(ローカル通信プレイ:2 – 8人、オンラインプレイ:2 – 8人)
  • DLに必要な容量:3.8GB

最大8人プレイ可能。

『スーパーボンバーマン R』は、ボンバーマンを操作して、画面内にボムを設置し敵やライバルと戦うアクションゲーム『ボンバーマン』の新作です。わかりやすい往年のルールはそのままに、グラフィックやギミックが現代的に進化しました。発売当初の課題も度重なるアップデートで大きく改善。キャラクターも増え、ボンバーマン風にデフォルメされたコナミキャラクターを選べるようになりました。マルチプレイ用に、安心して遊べるタイトルとなりました。

「スマイル プライス コレクション」という廉価版が発売されており、手頃な価格となっています。

いっしょにチョキッと スニッパーズ プラス

  • メーカー:任天堂
  • ジャンル:コミュニケーション / アクション / パズル
  • プレイ人数:1 – 4人
  • DLに必要な容量:1.3GB

最大4人プレイ可能。

『いっしょにチョキッと スニッパーズ プラス』は、スニップとクリップという2人のキャラクターが、お互いのカラダをチョキチョキ切り合いながら、お題に挑戦するコミュニケーション・アクションパズル『いっしょにチョキッと スニッパーズ』に、新要素をプラスした作品です。プレイヤー同士のコミュニケーションが攻略のカギ。

新ステージが40種類追加され、合計100種類以上のお題に挑戦することができます。ステージを選ぶたびにキャラクターの形が変わり何度でも楽しめるモードや、スタンプモードも追加されました。

なお、『いっしょにチョキッと スニッパーズ』をすでに購入している方は、追加コンテンツを購入することで『プラス』と同等の内容にアップデートすることができます。

ビリオンロード

  • メーカー:バンダイナムコエンターテインメント
  • ジャンル:パーティー / テーブル / その他
  • プレイ人数:1 – 4人
  • DLに必要な容量:232MB

最大4人プレイ可能。

『ビリオンロード』は、日本全国をすごろくの盤面に見立て、サイコロを振ってすごろくをしながら、目標である日本一の大金持ちになることを目指す新感覚すごろくマネーゲーム。

キャラクターデザインや世界観制作担当が土居孝幸さんと井沢ひろしさんという点、日本全国をまわって物件を購入できるすごろく風ゲームということで、近年新作の出ない桃鉄を、バンダイナムコがガワを変えて作ってみましたというゲームです。

アイテムを使ってすごろくを有利に進めたり、全国各地の物件を購入して収益金をゲットしたり。大金持ちになる為の戦略は様々。個性豊かなモンスターたちの活用も勝利へのカギとなります。初回作品ということもあり、完成度やゲームのテンポは本家にはやや劣る印象です。

GO VACATION(ゴーバケーション)

  • メーカー:バンダイナムコエンターテインメント
  • ジャンル:パーティー / スポーツ / アクション / アドベンチャー
  • プレイ人数:1-4人(ローカル通信プレイ:2-4人)
  • DLに必要な容量:8.8GB

最大4人プレイ対応(ローカル通信プレイは2〜4人)。

『GO VACATION(ゴーバケーション)』はもともと2011年にWiiで発売されたゲームで、新要素を加えてNintendo Switchバージョンとして発売されました。オープンワールド的な巨大な遊びの島「カワウィー島」を舞台に、50種類以上もの様々なスポーツやレジャーなどを楽しめるリゾートツアー体験ゲームです。

Switch向けの調整はされていますが、ベースはあくまでWii版。Wii版を遊び尽くしたという方は買い直すほどではないかもしれませんが、そうではない場合、おすそわけプレイでカジュアルにたくさんのミニゲームを楽しめます。

1−2−Switch

  • メーカー:任天堂
  • ジャンル:パーティー
  • プレイ人数:1 – 2人
  • DLに必要な容量:1.3GB

最大2人プレイ可能(大人数が楽しい)。

『1-2-Switch』は、ゲーム画面でなく「相手の目」を見ながら遊ぶ、HD振動やジャイロなど Joy-Con の多彩な機能を活かした全く新しいパーティーゲームです。

早撃ちを競う「ガンマン」や見つめ合って卓球をする「ピンポン」、「真剣白刃取り」など対面ゲームが全部で28種類収録。ゲームを遊ぶのは2人プレイまでですが、3人、4人・・・と人が増えることでもっと盛り上がる、もっと面白くなるゲームです。ゲームで笑顔が生まれる、任天堂らしさが見える1本。

大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL

  • メーカー:任天堂
  • ジャンル:アクション / 格闘
  • プレイ人数:1 – 8人(ローカル通信プレイ:2 – 8人、オンラインプレイ:2 – 4人)
  • DLに必要な容量:14.0GB

最大8人プレイ可能
『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』は、マリオやリンク、カービィ、サムス、ドンキーコング、ピカチュウなど任天堂キャラクターや他社のゲストキャラクターが一堂に会して大乱闘を繰り広げる、対戦アクションゲーム『大乱闘スマッシュブラザーズ』シリーズの最新作です。

最大の特長は、過去シリーズに登場したファイターが“全員参戦”すること。新参戦するファイターもあわせ、追加コンテンツなしで74体ものキャラクターが集いました。ステージや楽曲、アイテム、アシストフィギュア、ポケモンもシリーズ最多。史上最大、超ボリュームのスマブラとなっています。

スーパーマリオメーカー2

  • メーカー:任天堂
  • ジャンル:アクション
  • プレイ人数:1 – 4人
  • DLに必要な容量:2.9GB

最大4人プレイに対応。

『スーパーマリオメーカー2』は、2Dアクションの『スーパーマリオ』のコースを作って遊べる『スーパーマリオメーカー』シリーズの、Nintendo Switch向け完全新作です。

スーパーマリオ 3Dワールド』のゲームスキンが新たに加わったほか、コースづくりに使えるパーツも、コースのシーンスキンも大幅増量。便利な機能も増え、『2』にふさわしい進化を遂げました。Joy-Conをおすそわけすれば2人で協力してコースを作成することも可能。

さらに、最大4人のマルチプレイに対応。Joy-Conをおすそわけして、作成したコースや投稿されたコースを、家族や友達と一緒に遊ぶことができます。「つくる」「あそぶ」の両方の楽しみ・面白さがパワーアップした『スーパーマリオメーカー』です。

じっくり凝ったステージを作るばかりでなく、皆で集まった時に、制限時間30分など時間を区切って即席でコースを作って遊ぶのも面白いですよ。

クラッシュ・バンディクー レーシング ブッとびニトロ!

  • メーカー:セガゲームス
  • ジャンル:レース / アクション / パーティー / スポーツ
  • プレイ人数:1-4人(ローカルプレイ:1-4人 / オンラインプレイ:1-8人)
  • DLに必要な容量:6.5GB

『クラッシュ・バンディクーレーシング ブッとびニトロ!』は、『マリオカート』フォロワーとして初代プレイステーションで発売された『クラッシュ・バンディクー レーシング』海外版をベースに、後のクラッシュを題材とするレースゲーム作品(『クラッシュ・バンディクー 爆走!ニトロカート』『クラッシュ・バンディクー がっちゃんこワールド』)の要素も盛り込んだアクションレーシングゲームです。“リマスター+”と言われていますが、新要素が多く、リメイク以上の新作に近い内容です。

『マリオカート』以外のアクションレースゲームを探していたり、もう少し実力勝負をしたい人、クラッシュ好きな人などにオススメ。

おわりに

というわけで、「対戦・協力プレイが盛り上がるオススメのNintendo Switchソフトを紹介」という話題でした。ニンテンドースイッチは従来の据置型ゲーム機の枠を超え、持ち運んでどこでも皆で楽しく遊ぶことができます。

Wiiリモコンの進化系のようなワイヤレスコントローラーのJoy-Conを渡せば、すぐにマルチプレイを始められる点もグッドです。

1人用も含め、おすすめソフトをまとめた記事もよろしければ御覧ください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で