Nintendo Switch / Nintendo Switch Lite のコントローラー「Joy-Con」や「Nintendo Switch Proコントローラー」を、その本体ではじめて使用するときは、本体への登録が必要になります。

マルチプレイなどでコントローラーを追加する際に必要な作業となります。このページではSwitch/Switch Liteへ新しくコントローラーを登録する手順を紹介しています。

Nintendo Switch/Switch Liteへコントローラーを登録したい

Nintendo SwitchやNintendo Switch Liteでは、「Joy-Con」や「Nintendo Switch Proコントローラー」といった純正コントローラーをその本体で初めて使う際は、登録作業が必要になります。

コントローラーの登録は、直接本体に取り付けて登録する方法と、無線で登録する方法があります。

本体へ取り付けて登録する方法

Joy-Conを登録する

標準コントローラーのJoy-Conは、Switch本体側面に取り付けることで登録することができます。本体の側面にあるレールに沿って、Joy-Con (L) (-ボタンが付いている)は左側、Joy-Con(R) (+ボタンが付いている)は右側の上から下へ向かって、カチッと音がするまで差し込みます。

取り付けたJoy-Conは本体に登録され、この後は取り外しても無線コントローラーとしてその本体で使用することができます。1台の本体には、最大10本(5セット)のJoy-Conを登録可能。

Switch Proコントローラーを登録する

Nintendo Switch Proコントローラーは、USBケーブルで本体に接続します。Switch本体のプレイモードを「TVモード」にし、プロコンとNintendo Switchドックを、USB充電ケーブルでつなぎます。これで登録が行われます。

無線で接続する方法

本体とコントローラーが一体になったNintendo Switch Liteは、上のように本体に取り付けて「Joy-Con」や「Nintendo Switch Proコントローラー」を登録することができません。従来Switchの場合でも、いちいち取り付けて登録するのはめんどうと感じることも。

そうしたときは、直接取り付けなくても、無線で登録することができます。

Nintendo Switch/Switch Liteを起動し、HOMEメニュー「コントローラー」を選択します。

「持ちかた/順番を変える」を選択すると、コントローラー接続画面が表示されます。ここで、使いたいコントローラー(登録したいコントローラー)のシンクロボタンを長押しします。コントローラーのランプが点滅しはじめたら指を離します。

画面左上に「登録しました」というメッセージが表示されたら、無事登録完了です。Joy-Conを登録した場合は、その後さらに、画面の案内に従って持ち方を決めます。

Nintendo Switch LiteでJoy-Conやプロコンを使用する場合は、無線で登録することで使用可能となります。

注意点

Joy-Conに登録できるNintendo Switch/Switch Lite本体は「1台」だけとなっています。

同じ本体で遊んでいる限り、登録し直すことはありませんが、本体を複数所有していて、別の本体で遊ぶという場合、使うたびに、その本体へ登録し直す必要があります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Amazonで買い物をするなら、Amazonギフト券に残高をチャージ(入金)して支払いをするのがおすすめです。

チャージタイプのAmazonギフト券(Amazonチャージ)は、現金でチャージ(残高を追加)するたびに、チャージ額に応じてポイントが貯まります。通常会員は最大2.0%、プライム会員なら最大2.5%還元。クレジットカードを使わず、Amazonで買えるほぼすべての商品で利用可能。

有効期限は発行から10年間。余裕をもって使えます。

Amazonチャージで残高を追加する

さらに今なら、初回チャージで1,000円分のポイントがもらえるキャンペーンが実施中。

Amazonチャージ 初回購入で1,000ポイントキャンペーン