次の「ニンテンドークラシックミニ」シリーズはしばらく出ない?任天堂はNintendo Switch Online内でレトロゲームを拡充していく考え

2016年に「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」、2017年には「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」を相次いで発売し、近年のレトロコンソール人気を牽引してきた任天堂。ファミコン、スーファミとくれば次は「ミニ ゲームボーイ」もしくは「ミニ NINTENDO64」ではないか?との噂・憶測を呼んでいましたが、少なくとも近い将来に「ニンテンドークラシックミニ」シリーズの新作

【NPD】2周年のミニファミコン、2018年最も売れた復刻ハードに

2018年は、復刻ハードが相次いで発表・発売された1年でした。セガは『メガドライブ(ジェネシス)』、SNKは『NEOGEO』、そしてSIEは初代『プレイステーション』を復刻。レトロハードの間で再び競争が過熱しています。 しかし北米で2018年12月、そして2018年の年間のプラグ・アンド・プレイ・デバイス市場を制したのは、2016年に発売され、2周年を迎えた「ニンテンドークラシックミニ ファミリー

『ミニN64』は発売される?「現状、そうした計画はありません」と米任天堂社長

2016年に『ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ』を、2017年に『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』を発売し、復刻コンソール市場を築いた任天堂。 ファミコン、スーファミときたらその次のハードである NINTENDO64 も復刻されるのだろうかと誰もが考えるところ。以前と同じようにコントローラーアイコンの商標登録もされ、「ニンテンドークラシックミニ」新作はもはや確実視

「ニンテンドークラシックミニ」シリーズの累計出荷台数は1,000万台を突破

任天堂が2016年末より展開している「ニンテンドークラシックミニ」シリーズ。過去のゲーム機を手のひらサイズで復刻させるプロジェクトで、ファミリーコンピュータとスーパーファミコンが発売されています。 手頃な価格であることや、あらかじめ人気・定番タイトルが収録されていること、懐かしさと新しさが相まって発売開始以来世界的なヒットが続いていますが、任天堂によるとこれまでの全世界累計出荷台数は1,000万台

任天堂、スマホを「ゲームボーイ」化する手帳型ケース特許を米国で出願

スマホでバーチャルコンソールを配信? 「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」や「ミニ スーパーファミコン」をはじめ、過去のゲーム機の復刻が国内外で人気です。 『テトリス』や『スーパーマリオランド』『ポケットモンスター』『魔界塔士Sa・Gaa』など、多くの人気タイトルが発売されたゲームボーイの復刻も期待されていますが、任天堂は世界的に普及しているスマートフォンをはじめとするタッチスク

【ニンテンドークラシックミニ】「ファミコン」「スーパーファミコン」ダブルパックが9月に発売へ、特典としてACアダプター付属

任天堂が展開している復刻ハード『ニンテンドークラシックミニ』シリーズ。2016年にファミリーコンピュータ、2017年にスーパーファミコンが手のひらサイズのコンパクトな大きさで復刻されていますが、この2つのハードがセットになった「ニンテンドークラシックミニ ダブルパック(型番:NSL-0040)」が、任天堂販売から9月に発売されるようです。Amazon.co.jpや楽天ブックスなど大手ECサイトにて

【NPD】2018年6月に米国で一番売れたゲーム機はPS4でもスイッチでもなくミニファミコンだった

調査会社NPDより、非常に好調だった2018年6月の米国ゲーム小売市場規模が報告されました。ソフトではNintendo Switch『マリオテニス エース』が初登場1位を獲得。この『マリテニ』新作のヒットもあって、Nintendo Switch は唯一、前年比でソフトウェア販売がプラス成長を遂げたプラットフォームでした。 一方、ハードウェアは PlayStation 4 が最も多くの収益をあげまし

任天堂が「N64」を商標出願、「ニンテンドークラシックミニ」第3弾「ミニ64」発売に期待集まる

5月22日、任天堂が特許庁へ「N64」を商標出願していたことが明らかになりました(J-PlatPat 出願番号「2018-56188」で照会)。商標の区分が「家庭用テレビゲーム機用プログラム」「家庭用テレビゲーム機用のプログラムを記憶させた記憶媒体」を含む第9類や「テレビゲーム機」を含む第28類だったことから、近年人気となっているレトロコンソールの復刻版、任天堂で言えば『ニンテンドークラシックミニ

任天堂、ミニファミコンに「週刊少年ジャンプ創刊50周年記念版」 『ドラゴンボール』や『キャプテン翼』『ファミコンジャンプ』など20作を収録し7月に発売

任天堂が2016年に発売したファミリーコンピュータの復刻ハード『ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ(ミニファミコン)』に新展開。「週刊少年ジャンプ創刊50周年記念バージョン」登場することが発表されました。発売日は2018年7月7日、価格は7,980円+税。 『ドラゴンボール』や『キャプテン翼』『キン肉マン』『ファミコンジャンプ』など、ファミコンで発売された、ジャンプキャラクターが登