次の「ニンテンドークラシックミニ」シリーズはしばらく出ない?任天堂はNintendo Switch Online内でレトロゲームを拡充していく考え

2016年に「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」、2017年には「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」を相次いで発売し、近年のレトロコンソール人気を牽引してきた任天堂。ファミコン、スーファミとくれば次は「ミニ ゲームボーイ」もしくは「ミニ NINTENDO64」ではないか?との噂・憶測を呼んでいましたが、少なくとも近い将来に「ニンテンドークラシックミニ」シリーズの新作が登場することはなさそうです。

任天堂アメリカの社長を務めるDoug Bowser氏はThe Vergeとのインタビューのなかで、任天堂が現在フォーカスしているのはNintendo Switcファミリー(Nintendo SwitchとNintendo Switch Lite)のさらなる普及であることを確認しています。

「任天堂が現在フォーカスしているのは、Nintendo Switch LiteやフラッグシップのNintendo Switchといった、我々の専用プラットフォームです。数年前に発売したクラシックコンソールでの体験の一部については、Nintendo Switch Onlineを通じて利用できるようになっていますし、この点は任天堂が注力していく分野です」

ニンテンドウ64に関しては、略称である“N64”や三叉上の形をした独特な形状のコントローラーが商標登録されるなどしていたことから、ミニ化に向けた動きが進んでいるのでは?と噂あるいは憶測を呼んでいました。

一方でビジネス的な観点から、「ニンテンドークラシックミニ」シリーズはハード移行(Wii U/3DSからNintendo Switchへ)の端境期における隙間を埋める製品だったとの見方も。

実際、NoAの前社長であるReggie Fils-Aime氏(レジー社長)は海外メディアに対して、「ニンテンドークラシックミニ」(特に2016年末発売のミニファミコン)はそうした役割の製品だったと発言したこともありました。

Nintendo Switchは2017年3月の発売開始から2年半で累計4,000万台を突破(2019年9月末までに4,167万台)。任天堂の据置型ゲーム機で歴代3位、スーパーファミコンの生涯普及台数4,910万台にはやくも追いつき追い越そうかという勢いです。

Nintendo Switchの有料オンラインサービスであるNintendo Switch Onlineに加入すると現在、「ファミリーコンピュータ Nintendo Switch Online」や「スーパーファミコン Nintendo Switch Online」というソフトをダウンロードすることで70タイトル以上のファミコン・スーパーファミコンソフトを遊ぶことが可能。

任天堂は今後もNintendo Switch Onlineサービス内容の拡充に取り組んでいくとしており、N64やその他の旧任天堂ハードのソフトも、ファミコンやスーパーファミコンのようにNintendo Switch Onlineの中で遊べる日が来るかもしれません。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書などなど約 40 万冊がラインナップ。

初回 30 日間は無料で体験。コインが1枚付与され、好きなオーディオブック1冊と交換可能。毎月入れ替わるボーナスタイトル1冊も受け取れます。また聴き放題のポッドキャストも。

月額 1,500 円の有料会員になれば「好きなオーディオブック1冊と交換できるコイン」「無料でもらえる月替りのボーナスタイトル1冊」「聴き放題のポッドキャスト」を自由に楽しめます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。