[追記あり] 任天堂、『ミニスーパーファミコン』は『ミニファミコン』よりも大幅に増産。ただし年末までの期間限定出荷

ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン

[追記]
任天堂は当初計画の「2017年末までの期間限定出荷製品」を修正し、「2018年」以降も『ミニスーパーファミコン』を出荷していくと発表。年明け以降も店頭で購入できそうです。

[オリジナル]
国内外の任天堂から発表されたニンテンドークラシックミニシリーズ第2弾『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』。

幻の『スターフォックス2』のほか、全21の人気・定番タイトルを収録してこの秋ローンチとなりますが、任天堂は入手困難になった先代『ミニファミコン』の反省を踏まえ、ファミコンに勝るとも劣らない人気ハードの復刻に際して、今回は大幅に生産台数を増やしての発売となるようです。

Kotaku の取材に応じた任天堂の担当者は、『ミニスーパーファミコン』の具体的な販売計画は伏せたものの「ミニファミコンよりも大幅に生産数量を増やします」と回答。

2016年11月に国内外で発売された『ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ』は、当初計画の150万台があっというまに完売。追加で80万台が生産され、計230万台が出荷されました。

入手困難な状況が解消されないまま生産終了となったことに対して、ファンからは不満の声もあがっていましたが、ミニスーファミに関してはその反省を踏まえて生産体制が強化。具体的な数量が分かっていないのでなんとも言えませんが、ずっとプレミア価格がついたままということは避けられるかもしれません。

ただし、ミニスーパーファミコンは今のところ、本体発売の10月5日(海外:9月29日)から2017年末までの期間限定出荷製品だということです。来年以降の出荷は未定。

『ミニスーファミ』は、クラシックコンテンツに大きく関心を寄せているファンに対する製品で、ゲーム専用機事業を長期的な観点で見た場合に、Nintendo Switch やニンテンドー3DSに注力していく方針に変わりはないということです。

ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン
メーカー: 任天堂
発売日: 2017-10-5

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書などなど約 40 万冊がラインナップ。

初回 30 日間は無料で体験。コインが1枚付与され、好きなオーディオブック1冊と交換可能。毎月入れ替わるボーナスタイトル1冊も受け取れます。また聴き放題のポッドキャストも。

月額 1,500 円の有料会員になれば「好きなオーディオブック1冊と交換できるコイン」「無料でもらえる月替りのボーナスタイトル1冊」「聴き放題のポッドキャスト」を自由に楽しめます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。