任天堂株が8か月ぶりの安値、『ポケモン』新作発表と『Nintendo Labo』で材料出尽くし感

5月30日、Nintendo Switch (ニンテンドースイッチ) 向けの『ポケットモンスター』最新作『ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ / Let’s Go! イーブイ』と、『XY』や『サン・ムーン』に続く『ポケットモンスター 完全新作RPG』が株式会社ポケモンから発表されました。 『ポケモンGO』との連動や本編最新作発表は、ニンテンドースイッチへのポ

カプコン、2019年3月までにミリオン級の「大型タイトル」を2作品投入

さらなる『モンハン』新作はあるでしょうか。 カプコンは9日に開催した2018年3月期の通期決算説明会において、2019年3月期(2018年4月〜2019年3月)は大型タイトルを少なくとも2作品投入する計画を明らかにしました。他と合わせ、新作で740万本の販売を目指します。休眠IP・リメイクの活用にも力を入れます。

【NPD】2018年3月の北米市場:スイッチ発売の反動減で前年比11%ダウン、月間トップの『Far Cry 5』は年間でも1位に

NPD グループから、2018年3月における、アメリカのゲーム小売市場規模が報告。2017年は Nintendo Switch 発売があった反動から、前年と比較して11%減という結果となりました。中でもハードウェアが32%減と大幅に減少しています。

Ubisoft、カナダにオープンワールド研究開発の新拠点、AAAタイトルでモントリオールなど他スタジオと連携

次代への投資を続ける Ubisoft は4月6日、カナダのマニトバ州にある都市ウィニペグに、AAA タイトル向けのツールや技術研究開発を担う新スタジオを設立すると発表しました。今秋より事業開始予定。 カナダにある他の開発スタジオ、モントリオール、ケベック、サグネ、トロントと連携し『アサシン クリード』や『ファークライ』といった Ubisoft の人気フランチャイズで、より臨場感のある没入度の高いオ

Ubisoft、Vivendi の敵対的買収から逃れる

フランスのメディア企業 Vivendi (ヴィヴェンディ) が、保有していた Ubisoft の株式すべてを売却することを決定しました。売却額は20億ユーロ。Vivendi は Ubisoft の敵対的買収を目指していると長く報じられてきましたが、全株式を手放す決定をしたことで、この話も幕引きとなりそうです。

米トイザらスが破綻し米国の全店舗を閉鎖、日本のトイザらスへの影響は?

昨年9月に経営破綻(連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用を申請)し、経営再建を目指してきた米玩具販売大手トイザラスですが、米国内の全735店を閉鎖し、米国事業を清算するとして破産裁判所に届け出たことを15日に発表しました。米国事業の買い手が見つからず、債務再編も難航したため、清算する方針を固めたと報じられています。 玩具大手のトイザらスは、大型量販店の玩具取扱量増加や Amazon.c

2Dゲーム開発エンジン「GameMaker Studio 2」がニンテンドースイッチに対応、『Undertale』などがリリースへ

『Undertale』のニンテンドースイッチ版が「Nintendo Direct 2018.3.9」内で発表された3月9日、「GameMaker Studio 2」のニンテンドースイッチ対応も発表されました。 YoYo Games は 2D ゲーム開発エンジン「GameMaker Studio 2」で任天堂との契約に合意したと発表しました。これにより、GameMaker で開発されたゲームを、ニン

カプコン、『デッドライジング』開発のバンクーバースタジオで人員2割削減のレイオフ

『デッドライジング』シリーズの開発などで知られるカプコンの海外開発拠点カプコン・バンクーバーで、約50名のレイオフが実施されました。同スタジオで働いていた複数スタッフが退社の旨を伝えるツイートをしているほか、匿名を条件にメディアの取材に応じた元所属スタッフが明かしています。

任天堂フランスが2017年の販売状況を報告、スイッチは Wii を上回り史上最速普及

Nintendo Switch (ニンテンドースイッチ) の発売前、発売から1年で前世代機 Wii U の累計を超えると意気込んでいた任天堂フランス。実際の売上はどうだったのでしょうか。同拠点でゼネラル・マネージャーを務める Philippe Lavoué 氏が地元メディア Les Numériquesのインタビューに応じ、2017年末までのスイッチを含む任天堂製品の販売成績を報告しました。