【楽天証券】「楽天カード」クレジット決済での投信積立設定口座数が100万口座を突破

ポイント投資、増えてます。 楽天証券では「楽天カード」クレジット決済で投資信託の積立をすると、積立額の1%分の「楽天ポイント」が貯まる「楽天カードクレジット決済」というサービスがあります。毎月5万円を上限に積立をすることができ、最大500ポイント貯めることが可能です。 この設定をすることで楽天市場のポイントアッププログラム SPU も自動で達成されるので、いつもの買い物がよりおトクに。貯まった楽天

【楽天ポイント】ビットコイン取引価格の変動に連動して増減する疑似体験サービス開始

楽天は2021年3月18日、ビットコインの取引価格の値動きに連動して「楽天ポイント」が増減するサービス「ポイントビットコインby楽天PointClub」の提供を開始しました。 「楽天ポイント」を利用してビットコインの取引体験ができるサービスで、楽天IDを持っていて「楽天ポイント」を持っている楽天会員であれば誰でも気軽に利用を始められます。 楽天は楽天ポイントで投資信託の運用体験ができる「ポイント運

【楽天カード】税金・公共料金のポイント付与率が500円につき1ポイントに改悪、6月利用分から

楽天カードは2021年3月1日、2021年6月利用分から公共料金などの利用分についてのポイント付与率を、従来の1%(100円につき1ポイント)から0.2%(500円につき1ポイント)に引き下げると発表しました。

【au PAYゴールドカード】au通信料金11%還元など特典内容が改定、年会費の元は取れる?

還元率の高いキャンペーンを頻繁に実施していることや、自分の生活圏内で対応する店舗が増えたため、KDDIのスマホ決済サービス「au PAY」を利用する機会が増えています。 我が家では基本的に楽天ポイントを貯めているため、今までPontaポイントは気にしていなかったのですが、スーパーなどで「au PAY」支払いをするようになり、Pontaポイントがザクザク貯まるようになりました。 そうなってくると、も

auカブコム証券で「Pontaポイント」を使ったポイント投資が可能に

KDDI と auカブコム証券(旧カブドットコム証券)は、9 月 26 日より共通ポイントサービス「Pontaポイント」を使って投資信託の買付ができる「ポイント投資」の提供を開始しました。 楽天証券でも楽天ポイントを使ったポイント投資を行えますが、auカブコム証券ではPontaポイントでポイント投資を行えます。

【Kyash】資金移動業の登録が完了、アプリ内の残高を現金として出金可能に

ウォレットアプリ「Kyash」を提供する株式会社 Kyash は 8 月 27 日、 「資金決済に関する法律」に基づく資金移動業の登録を完了したと発表しました(登録番号:関東財務局長第00082号)。 資金移動業登録により、本人確認を経たユーザーはアプリ内の残高を現金として出金することができるようになります。これにより、Kyash が提供するサービスの幅が広がることが期待されます。 新機能の詳細は

投資信託の保有でPontaポイントがたまる、KDDIとauカブコム証券の「auカブコムの資産形成プログラム」

KDDI と au カブコム証券は 2020 年 8 月下旬より、保有している投資信託の月間平均保有額に応じて共通ポイントサービス「Ponta ポイント」が毎月たまる「au カブコムの資産形成プログラム」の提供を開始します。

「auじぶん銀行」と「三菱UFJ銀行」がファミペイの銀行口座チャージに対応

ファミリーマートが iOS / Android 向けに提供しているバーコード決済機能付きアプリ「ファミペイ」上で利用できるバーコード決済「FamiPay」の銀行口座チャージ機能対応金融機関に、5月26日より「auじぶん銀行」と「三菱UFJ銀行」が追加されます。 FamiPay銀行口座チャージは現在、みずほ銀行と三井住友銀行が対応しています。5月26日0時より対応金融機関が追加され、「auじぶん銀行

【au PAYカード】auユーザー以外でも利用可能に、au PAY残高チャージのポイント付与は1%還元にアップ

KDDIとKDDIフィナンシャルサービスが発行するクレジットカード「au PAY カード(旧au WALLET クレジットカード)」「au PAY ゴールドカード(旧au WALLET ゴールドカード)」が、2020年5月21日からauユーザー以外であっても申し込み・利用ができるようになりました。 特典内容も変更となり、ポイントを貯めやすくなりました。