【楽天銀行】普通預金金利優遇やハッピープログラムが2022年4月から改悪に、金利年0.1%は300万円まで

楽天銀行

楽天銀行は 2022 年 4 月 1 日から、普通預金金利の優遇金利を改定します。

楽天銀行では楽天証券との口座連携サービス「マネーブリッジ」を利用すると、楽天銀行の普通預金金利が年0.10%にアップします。

現在この優遇金利は残高に関係なく一律で適用されますが、4月から適用される範囲が残高300万円以下の部分のみに縮小。300万円を超える残高に関しては年0.04%に低下します。

マネーブリッジによる優遇金利

  • 2022年3月31日まで : 普通預金残高に関係なく、一律で年0.10%
  • 2022年4月1日以降 : 普通預金残高300万円以下の部分が年0.10%、300万円を超える部分は年0.04%

マネーブリッジは楽天証券と楽天銀行が共同で提供する口座連携サービス。連携することで楽天銀行の優遇金利が適用されるほか、銀行と証券の口座間の資金移動を自動で行うことができたり、サービスの利用に応じて「楽天ポイント」を受け取ることができます。

ハッピープログラムも改悪に……

楽天銀行ではハッピープログラムという顧客優遇プログラムがあり、各種取引ごとに楽天ポイントを獲得できたり、ATM利用手数料や他行振込手数料が一定回数無料になるなどします。

このハッピープログラムに含まれる楽天証券での取引(投資信託分)で獲得できるポイントに関しても、2022年4月1日より条件が変更されます。

2022年3月31日までは投資信託の残高10万円ごとに3ポイントから最大10ポイントが付与されますが、2022年4月以降は「一定の残高を月末時点の残高が、はじめて達成した場合」に変更。4月末時点の残高から新ルールでの判定がはじまり、6月付与分から変更後のポイントが付与されます。

これまで毎月一定額付与されていたポイントが、今後は10万円や50万円、100万円などの一定額に“はじめて達したとき”のみの付与に変更。毎月継続して受け取ることができなくなります。

ハッピープログラムで獲得できるポイント(楽天証券の投資信託)も変更

  • 2022年3月31日まで : 残高10万円ごとに3~10ポイント
  • 2022年4月1日以降 : 一定の残高を“はじめて達成したとき”のみ10〜500ポイント

ポイント付与対象は残高2,000万円までとなり、一度残高2,000万円を達成してポイントが付与された以降は、ハッピープログラムでのポイント付与および投資信託資産形成ポイントプログラムに基づくポイントの付与は行われません。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazon のボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書など約 40 万冊がラインナップ。

月額 1,500 円の会員になって 12 万以上のタイトルを聴き放題で楽しむことができるほか、各タイトルを単品購入することも可能。

聴き放題の対象はオーディオブックやニュース番組、トーク・お笑いを含むポッドキャストなど。Audible だけのオリジナル作品やオリジナルポッドキャストも配信。

本は、聴こう。Audible で聴き放題。