SBI証券が「Ponta」導入、取引に応じてポイントが貯まる・投資信託で使える

SBI証券は2021年8月21日、共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を導入すると発表しました。

2021年11月以降、SBI証券利用者は現在導入されている「Tポイント」といずれかを選択することができるようになります。

ポイント付与率等は、現行のTポイントと同水準。

取引に応じて Ponta ポイントを貯めたり、投資信託の購入代金に Ponta ポイントを利用する「Ponta ポイント投資」ができるようになります。

SBI証券によれば、複数の共通ポイントを投資に使えるマルチポイントサービスを導入するのは、国内主要証券では初めてだそう。

  • 国内株式現物取引 : 月間手数料の 1.1%相当のポイント
  • 投資信託取引 : 月間平均保有額に対して 年率 0.1 〜 0.2% 相当のポイント
    ※一部のファンドは 0.1%未満
  • 金・プラチナ取引 : 月間合計手数料の 1.0% 相当のポイント
  • 新規口座開設 : 一律 100 ポイント
  • 国内株式入庫 : 1回の移管入庫につき 100 ポイント
  • Ponta ポイント投資 : 投資信託の買付代金に最低 1 Ponta ポイントから使用可能

「Ponta(ポンタ)」はロイヤリティ マーケティングが運営する共通ポイントサービス。会員数は1億人以上。ローソンや au、ライフ、オイシックス、HMV、アパマンショップ、アフラックなど、日常消費から生活インフラ、ネットサービスを含め、全国の約25万店舗でポイントを貯めたり使ったりすることができます。

証券会社ではauカブコム証券がPontaを導入していて、各種取引でPontaポイントが貯まったり、投資信託の購入にポイントを使えるなどします。2021年11月以降はSBI証券ユーザーも同様に取引でPontaを貯めたり使ったりすることができるようになります。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazon のボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書など約 40 万冊がラインナップ。

月額 1,500 円の会員になって 12 万以上のタイトルを聴き放題で楽しむことができるほか、各タイトルを単品購入することも可能。

聴き放題の対象はオーディオブックやニュース番組、トーク・お笑いを含むポッドキャストなど。Audible だけのオリジナル作品やオリジナルポッドキャストも配信。

本は、聴こう。Audible で聴き放題。