ポケモンGO:『金銀』に登場する「ジョウト地方」のポケモンたちが80種以上追加、性別、新しい進化、トレーナー着せ替えなど大規模アップデート

いよいよ『金銀』に登場するポケモンたちが本格解禁。 『Pokémon GO (ポケモンGO)』公式より、今週末にも『ポケットモンスター 金・銀』の「ジョウト地方」に登場するポケモンたち80種以上が追加されることが発表されました。

ポケモンGO:「バレンタイン」イベントが開催、アメ入手が2倍、この時期にピッタリのポケモン出現率や孵化率がアップなど

今年のバレンタインデーは火曜日。ですが、『Pokémon GO (ポケモンGO)』ではもう少し早く、バレンタインイベントが訪れます。2月9日早朝より2月15日までの間、『ポケモンGO』でバレンタインイベントが開催されます。

『ポケモンGO』、モバイルゲーム史上最速で世界売上10億ドルを突破

昨年7月に配信がはじまった『ポケットモンスター』のリアルワールドゲーム『Pokémon GO (ポケモンGO)』(iOS/Android)。今年に入って韓国でも配信が開始となるなど、世界の様々な国と地域で遊ぶことができますが、配信開始から現在までの累計販売売上が10億ドルを突破したことが、調査会社の調べにより明らかになりました。

ポケモンGO:2016年末までに売上9億5000万ドルを突破

2016年を象徴する現象の1つだったモバイルゲーム『ポケモンGO』。ゲームアプリの枠を超えて世界を席巻しましたが、配信開始から2016年末までの売上は iOS と Android の合計で9億5000万ドルを突破していることが調査会社 App Annie から報告されました。

ポケモンGO:2016年最終週の米国売上高はハロウィンイベントを上回りローンチに次ぐ高水準、販売ランキングもトップに

第2世代ポケモンの一部解禁やゲーム内イベントの実施など、積極的な動きが見られた年末の『Pokémon GO (ポケモンGO)』。ゲーム内コンテンツの追加やイベント、販売キャンペーンと年末の休暇および支出が重なった結果、アメリカ国内における2016年最終週の売上は、アプリのローンチに次ぐ高い水準となったようです。

ポケモンGO:ポケストップで「ふかそうち」がもらえる等の年末年始キャンペーン、ショップではホリデースペシャルセールも開催

『金銀』の第2世代ポケモンの追加や Apple Watch 対応、ホリデーピカチュウなど、12月は大きな動きの多い『 (ポケモンGO)』ですが、年末年始にかけて、ポケストップで「ふかそうち」やジョウト地方のポケモンが出現しやすいタマゴが手に入るなど、さらなるキャンペーンが実施されます。 ポケモンGO、年末年始キャンペーン ポケストップから「ふかそうち」やジョウト地方ポケモンの「タマゴ」 2016年

『ポケモンGO』がApple Watchに対応、近くにいるポケモンや歩いた距離の確認、歩数などがアクティビティデータと連携

「まもなく」と案内されていた Apple Watch 版『Pokémon GO (ポケモンGO)』ですが、23日早朝、ついに対応が開始。iOS 版の最新バージョン 1.21.2 を適用することで、『ポケモンGO』をApple Watch 上でも利用可能になります。

ポケモンGO:トレーナーがゲットしたポケモン総数は880億匹以上、歩行距離は地球20万周以上に

よく歩き、よく捕まえました。 今年7月に、 iOS / Android 向けに配信が開始された『Pokémon GO (ポケモンGO)』。『Ingress』のナイアンティックとポケモン、そして任天堂が手がける、現実世界を舞台とするリアルワールドゲームは世界中で大ヒットとなり、ゲームの枠を越えて各地で社会現象を引き起こしました。 今年9月には、公式から歩行距離が46億kmを突破したことが報告。そして

宮城県、11月の『ポケモンGO』のラプラス祭や復興イベントにおける集客は約10万人、経済効果は約20億円と報告

宮城県が11月に石巻市で実施した「ポケストップ追加企画 Explore Miyagi」など『ポケモンGO』関連イベントの結果を報告しています。

『Pokémon GO (ポケモンGO)』のバージョン 0.51.0 (Android) / 1.21.0 (iOS)、振動通知や昼夜モードの修正など

12月20日、『Pokémon GO (ポケモンGO)』の最新バージョン 0.51.0 (Android) / 1.21.0 (iOS) へのアップデートが開始されました。最新版を適用することで「誤った振動通知の修正」や「昼夜モードをよりトレーナーのいる場所の時間に沿った内容へ修正」等が行われます。

Apple Watch版『ポケモンGO』、リリースはまもなく「乞うご期待」

12月も後半に入り、2016年も残すところもうあとわずか。“年末” と予告されている Apple Watch 版『Pokémon GO (ポケモンGO)』は間に合うのでしょうか。発表から配信開始までのラグが少ないアプリとは言え、ここまで何もないとひょっとして延期、あるいは中止もあるのではと勘ぐってしまいますが、公式アカウントがその不安を一部払拭しています。