13歳未満の子どもが自分のアカウントで『ポケモンGO』を遊ぶ方法

遂に日本でも配信がはじまった『Pokémon GO (ポケモンGO)』。遊ぶ前に、まず Googleアカウントか「ポケモントレーナークラブアカウント(PTCアカウント)」の取得が必要です。

小さい子にも大人気のポケモンですが、13歳未満は Google アカウントを取得できません。そのため『ポケモンGO』を遊ぶには「PTCアカウント」を取得することになります。

「PTCアカウント」も13歳未満だと直接自分のアカウントを作成することができないものの、保護者に紐付けるかたちで登録が可能。そこでまず保護者が「PTCアカウント」を作成し、その次に13歳未満の子どもの「PTCアカウント」を登録する流れとなります。

13歳未満の子が、自分のアカウントで『ポケモンGO』を遊ぶ方法

  1. 保護者が「ポケモントレーナークラブアカウント」を作成。
  2. PTCのプロフィールページから「お子さまのアカウントを追加」を選択。
  3. 生年月日やサインイン情報(ユーザー名やパスワード)等を設定し子どものアカウントを作成。
  4. 保護者のアカウントでサインイン後、作成した子どものアカウントのプロフィール編集画面にある「Pokémon GO設定」から、アプリの利用規約に同意する。
  5. 子どものPTCアカウント(ユーザー名、パスワード)で『ポケモンGO』にサインイン可能に。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazon のボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書など約 40 万冊がラインナップ。

月額 1,500 円の会員になって 12 万以上のタイトルを聴き放題で楽しむことができるほか、各タイトルを単品購入することも可能。

聴き放題の対象はオーディオブックやニュース番組、トーク・お笑いを含むポッドキャストなど。Audible だけのオリジナル作品やオリジナルポッドキャストも配信。

本は、聴こう。Audible で聴き放題。