任天堂、3DSは「需要のある限り販売を継続」「Switchとは棲み分けができている」

2011年に発売されたニンテンドー3DS。画面が大きな3DS LLや立体視を省いた2DS、機能を強化した“New”系統など、さまざまな本体バリエーションの発売によって、2018年9月末までに世界7,350万台以上普及する人気ゲーム機となっています。 とはいえ、初代ハードの発売開始から8年目を迎えていることやNintendo Switchの普及によって、今年度はここまでのところ、ハード・ソフトともに

【比較】どこが変わった?『ルイージマンション』3DSリメイク版のゲームキューブ版との違いや新要素について

2001年、ニンテンドーゲームキューブの同時発売ソフトの1つとして発売されたルイージ主演作『ルイージマンション』が、ニンテンドー3DSでリメイク。行方不明になったマリオを探し出すため、オバケいっぱいの広大なお屋敷の中を、ルイージが大冒険するアクションアドベンチャーゲームです。

【NPD】2018年8月の米国ゲーム市場は26%増、ハードや周辺機器が好調。ソフト1位は『Madden NFL 19』

NPDグループから2018年8月(2018年8月5日〜9月1日)の米国ゲーム小売市場規模が報告され、前年比26%増の7億9,600万ドルを達成したことが明らかになりました。 ソフト面では『Madden NFL 19』が好調な立ち上がりとなったほか、Steam版がリリースされた『モンスターハンター:ワールド』が月間2位に返り咲きました。 ハード面でも3社それぞれが好調。周辺機器・アクセサリ市場も8月

【比較】どこが変わった?『毛糸のカービィ』3DS版の“プラス”な新要素・新モード、Wii版との違い

2010年に発売されたWiiソフト『毛糸のカービィ』に新要素を “プラス” したニンテンドー3DSソフト『毛糸のカービィ プラス』が2019年3月7日に発売されます。開発担当は、オリジナルWii版に続いてグッド・フィール。 Wii版の面白さに新要素が “プラス” された『毛糸のカービィ プラス』について、わかっている情報をまとめています。

3DSでリメイク、『ルイージマンション』はハロウィーンの10月に海外発売。『amiibo』にも対応

任天堂は21日、ニンテンドー3DSで2018年内の発売を予定しているアクションアドベンチャーゲーム『ルイージマンション』について、北米で10月12日に、欧州で10月19日に発売日が決定したと発表しました。ハロウィーンに合わせて、初代『ルイージマンション』のリメイクが発売です。

3DS『メイドインワリオ ゴージャス』の無料体験版が配信開始、300種類のプチゲームの一部を体験可能

「メイドインワリオの集大成」の体験版が配信。 任天堂は18日、2018年8月2日に発売予定の『メイド イン ワリオ』シリーズ最新作『メイド イン ワリオ ゴージャス』について、無料体験版の配信を開始しました。体験版では『メイド イン ワリオ ゴージャス』に収録されている300種類ものプチゲームの一部を先行体験することができます。ダウンロードに必要な空き容量は811ブロック。

【イナイレ】3DS版初代『イナズマイレブン』が完全無料で期間限定配信

レベルファイブは14日、『イナズマイレブン for ニンテンドー3DS』を7月20日10時より “完全無料” で期間限定配信すると発表しました。課金なしで初代『イナズマイレブン』の全編をニンテンドー3DSで遊ぶことができます。

任天堂、3DSの後継機について「いろいろな可能性を検討している」

6月28日に任天堂の社長に就任した古川俊太郎氏は、京都新聞のインタビューに対して、2011年の発売から7年が経ち8年目に入っている携帯型ゲーム機「ニンテンドー3DS」について言及。持ち運びできる据置型ゲーム機ニンテンドースイッチの普及が国内外で進むなか、価格面などで優位性があるとして、今後も当面は棲み分けが可能だとの考えを示しました。後継機種については「いろいろな可能性を検討している」と述べていま

3DS『マリオ&ルイージRPG3 DX』が早くも豪州レーティングを通過、2019年発売予定の『マリルイ3』リメイク

3月の Nintendo Direct にて発表された『マリオ&ルイージRPG3!!!』のリメイク『マリオ&ルイージRPG3 DX』。 『1』をリメイクしたあと、『2』を飛ばして登場する、2009年にニンテンドーDSで発売された『マリオ&ルイージRPG3!!!』をフルリメイクした作品ですが、2019年の発売予定ながら、早くも海外版『MARIO & LUIGI: BOW