任天堂、3DSビジネスはまだ終わりではない「2020年にかけてもサポート」

Nintendo Switchで楽しめる3つのプレイモードのうち、携帯型ゲーム機のようにして遊べる携帯モードに特化したNintendo Switch Liteが2019年9月に発売されました。 ニンテンドー3DSに置き換わるようなハードが登場したことで、2011年から続く3DSもいよいよ完全に終了してしまうのかのように見えます。しかし任天堂はもうしばらく3DSでのビジネスを続けていく考えのようです

ニンテンドー3DS向けYouTubeサービスが9月3日で終了

ニンテンドー3DSでYouTubeを利用していますか?残念ながらニンテンドー3DSの「YouTube」サービスは、2019年9月3日をもって終了となります。 このところ動画配信サービスのWii Uサポート終了が相次いでいますが、3DSへの対応も徐々に縮小しています。

任天堂はSwitch Lite発売後も3DSのサポートを継続

「携帯モード」で遊ぶことに特化し再設計されたNintendo Switchの新モデル「Nintendo Switch Lite」の登場で、2011年から発売されているニンテンドー3DSにもいよいよ世代交代のときがやってきたように見えます。しかしそれでも任天堂はまだベテラン携帯型ゲーム機の引退を考えておらず、サポートを続けていくと強調しています。

『アライアンス・アライブ』Switch版“HDリマスター”と3DS版との公式グラフィック比較映像、情報表示も最適化

フリューは2019年10月10日に発売予定のPlayStation 4 / Nintendo Switch『アライアンス・アライブ HDリマスター』について、ベースとなるニンテンドー3DS版との公式比較映像を公開しました。

任天堂が発売する3DSソフトは『毛糸のカービィ プラス』が最後になる?

2018年の決算説明会で、発売から8年を迎えるニンテンドー3DSのビジネスについて、任天堂は「新作タイトルも発表しており、2019年以降も新作タイトルを準備している」と語り、実際に『ルイージマンション』や『メイド イン ワリオ ゴージャス』『マリオ&ルイージRPG3 DX』『毛糸のカービィ プラス』など、いくつかのタイトルを発売してきました。 しかしハード発売開始から9年を迎えるこれから、2019

3DS『毛糸のカービィ プラス』体験版が配信開始、「さいほう能力」や新難易度「デビルモード」をプレイ

任天堂は2019年3月7日に発売予定のニンテンドー3DSソフト『毛糸のカービィ プラス』について、ニンテンドーeショップで無料体験版の配信を開始しました。起動回数は「20回」。体験版では「ふんすいのにわ」と「にじのたき」をそれぞれ「ノーマルモード」「デビルモード」でプレイ可能。

Nintendo Switch、アジアではすでに3DSの累計の2倍以上を出荷

任天堂の家庭用ゲーム機「Nintendo Switch (ニンテンドースイッチ)」。日本や米大陸、欧州だけでなくアジア各国でも販売されていますが、そのアジア地域においても、過去の任天堂ハードと比べても非常に好調に売上を伸ばしているようです。

3DS『マリオ&ルイージRPG3 DX』のあらかじめダウンロードが開始、クッパが診察される紹介映像も

任天堂は12月13日、2018年12月27日に発売予定のニンテンドー3DSソフト『マリオ&ルイージRPG3 DX』について、あらかじめダウンロードを開始しました。あわせて、ゲーム概要を紹介する約6分の紹介映像を公開しました。

『スマスペ』や『ピカブイ』にも使える500円割引クーポンつき、Nintendo Switch/3DSプレゼントカタログ2018冬(Kindle/PDF)

クリスマスプレゼント・ギフト選びに便利な『Nintendo Switch/ニンテンドー3DS プレゼントソフトカタログ 2018冬』がAmazonで配信されています。店舗で配布されているものと同内容のデジタル版です。 価格は無料。 カタログを購入すると、対象の Nintendo Switch / ニンテンドー3DS ソフト(ダウンロード版)に使える500円オフクーポンがもらえます。 カタログはPC