『アライアンス・アライブ』Switch版“HDリマスター”と3DS版との公式グラフィック比較映像、情報表示も最適化

フリューは2019年10月10日に発売予定のPlayStation 4 / Nintendo Switch『アライアンス・アライブ HDリマスター』について、ベースとなるニンテンドー3DS版との公式比較映像を公開しました。

アライアンス・アライブが美しくリニューアル

『アライアンス・アライブ』は、フリューから2017年にニンテンドー3DSで発売された、9人の主人公が交錯する群像劇RPG。対立する2つの種族が入り乱れる9人の主人公を、物語の流れに応じて視点を変えながら進行。次第に交錯しあい、やがて1つの物語へと収束します。

最大5人パーティーで展開する、キャラクターが入り乱れるテンポの良いバトルも特徴。

豪華スタッフが集結し制作されたことも話題となりました。

『HDリマスター』ではすべての映像がHD化して美しくリニューアル。高解像度化で見えにくかった部分までスッキリくっきり。大画面プレイに向け描き込まれたグラフィックへと進化しました。

また2画面だった3DSのゲーム画面を1画面向けに最適化。アシスト機能やガイドブック機能により、3DS版を楽しんだファンだけでなく、これから遊ぼうと考えている人にとっても遊びやすくなっています。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロの声優や俳優などナレーター陣による朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。ベストセラー小説やビジネス書、自己啓発、洋書、童話・児童書、落語、講演など、様々なラインナップが揃っています。

初回登録後、最初の1冊は無料 (2か月目以降は月額1,500円で毎月1冊購入、その後は30%オフ価格で作品購入可能)。

会員期間中は、追加料金なしで楽しめるAudibleステーションも利用できます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。