任天堂、中南米・カリブのWii U/3DS eショップを閉鎖へ

任天堂は、ラテンアメリカおよびカリブ海諸国で提供している Wii U / ニンテンドー3DS 向けニンテンドーeショップについて、2020年7月31日をもってサービス終了すると発表しました。

サービスが終了するのは、eショップの基本的な機能が提供されていた42の国と地域。

閉鎖理由について任天堂は、我々は常にビジネスを再評価しており、さまざまな要因に基づいた決定によるものだと説明しています。

影響を受ける地域ではeショップサービスの終了後、ダウンロードコードを利用したり、ソフトの再ダウンロード、ソフトの更新もすることができなくなります。

そのため任天堂は、期日が来るまでに、まだ引き換えていないダウンロードコードの入力やソフトの再ダウンロード、アップデート確認など、必要に応じてそれら行動を行っておくよう案内しています。またニンテンドーeショップでの操作を伴うソフトウェアは利用することができなくなる場合もあるということです。

なおニンテンドーeショップのフルサービスが提供されているメキシコやブラジル(メキシコは両ハードのeショップが、ブラジルでは3DS向けのeショップが提供されています)は、サービス終了の影響を受けません。あくまで限定的機能のeショップサービスを終了するという判断のようです。

また Nintendo Switch 向けのニンテンドーeショップサービスも影響を受けません。Wii U/3DS向けの限定的なeショップのみ閉鎖となります。影響を受ける地域で今後ニンテンドーeショップのフルサービスを展開するかどうかについては未定とのこと。

影響を受けるのは以下の国と地域です。

アンギラ、アンティグア・バーブーダ、アルゼンチン、アルバ、バハマ、バルバドス、ベリーズ、バミューダ諸島、ボリビア、イギリス領バージン諸島、ケイマン諸島、チリ、コロンビア、コストリカ、ドミニカ、ドミニカ共和国、エクアドル、エルサルバドル、フランス領ギアナ、グレナダ、グアドループ、グアテマラ、ガイアナ、ハイチ、ホンジュラス、ジャマイカ、マルティニーク、モンセラト、オランダ領アンティル、ニカラグア、パナマ、パラグアイ、ペルー、セントクリストファー・ネイビス、セントルシア、セントビンセントおよびグレナディーン諸島、スリナム、トリニダード・トバゴ、タークス・カイコス諸島、アメリカ領ヴァージン諸島、ウルグアイ、ベネズエラ。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書などなど約 40 万冊がラインナップ。

初回 30 日間は無料で体験。コインが1枚付与され、好きなオーディオブック1冊と交換可能。毎月入れ替わるボーナスタイトル1冊も受け取れます。また聴き放題のポッドキャストも。

月額 1,500 円の有料会員になれば「好きなオーディオブック1冊と交換できるコイン」「無料でもらえる月替りのボーナスタイトル1冊」「聴き放題のポッドキャスト」を自由に楽しめます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。