[映画] ジェイソン・ステイサム主演のアクションサスペンス 『BLITZ』(ブリッツ)

ジェイソン・ステイサムが荒くれ警官を演じた映画『BLITZ』(ブリッツ)。ステイサムが、ロンドン市内で起きた、警官をターゲットとした連続札事件の解決に奔走するサスペンスもの。

[映画] ドニー・イェン演じる小柄な関羽が超人的アクションを魅せる『KAN-WOO/関羽 三国志英傑伝』

ドニー・イェンが三國志の関羽を演じた映画『KAN-WOO/関羽 三国志英傑伝』。監督は『インファナル・アフェア』のアラン・マックとフェリックス・チョン。

[映画] 最強パパを怒らせると後が怖いぞ!『96時間』

父の愛はすこぶる強えええ。 リーアム・ニーソン主演、リュック・ベッソン脚本の映画『96時間(原題:Taken)』。誘拐された娘(キム(マギー・グレイス))を救出するために、単身パリに乗り込んだ父ちゃん(ブライアン(リーアム・ニーソン))が大暴れするというアクション・サスペンス映画です。

[映画] パルクールをふんだんに盛り込んだエキゾチックアクション『プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂』

2004年にPS2で発売された、人気ゲーム「プリンス・オブ・ペルシャ」シリーズの同名タイトルの映画版。とはいえストーリーは映画オリジナルのものだそう。 「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズのジェリー・ブラッカイマー制作による、エキゾチックでスケールの大きなアクションアドベンチャー。

[映画] 戦国時代の中国を舞台にした、ドラマ性重視のジャッキー映画『ラスト・ソルジャー』

戦国時代の中国を舞台にしたジャッキー・チェン作品『ラスト・ソルジャー』。今回のジャッキーは農家出身の、戦を嫌う雑兵役。なのでアクションシーンは結構あるんだけど、強いジャッキーが敵をどんどん倒していくなんてことはなくて、追っ手から逃げるのがメイン。得意技は石投げ。

[映画] アクション俳優揃い踏み『エクスペンダブルズ』

シルヴェスター・スタローンを中心にアクション俳優がこれでもかと集結したアクション映画『エクスペンダブルズ』をやっと見ました。個人的には、ジェイソン・ステイサムやジェット・リーが出ていなければ見ていないだろうなと思う映画だったのだけれど、見てみると、還暦を過ぎたスタローンがえらい若々しく、そしてかっこよくてビックリ。

[映画] スタイリッシュなアクションムービー第3弾『トランスポーター3 アンリミテッド』

リュック・ベッソン製作・脚本、ジェイソン・ステイサム主演のの人気シリーズ第3弾。その場のノリで自ら課したルールを次々と破っていく運び屋フランク(ジェイソン・ステイサム)が、今回も請け負った仕事でトラブルに巻き込まれてしまいます。

[映画] ジャッキーが師匠役をこなした良リメイク『ベスト・キッド』

ジャッキー・チェンとウィル・スミスの息子ジェイデン・スミスの共演でリメイクされた『ベスト・キッド』。オリジナルもたしか見た事があるんだけど、残念ながら記憶はおぼろげ。オリジナルの設定からは空手からカンフーに、アメリカから中国に舞台が変更されています。

[映画] アクション要素も強い異色のホームズ『シャーロック・ホームズ』

ロバート・ダウニー・Jr、ジュード・ロウ主演、ガイ・リッチー監督で制作された新しいシャーロック・ホームズ。僕の中のシャーロック・ホームズのイメージといえば、犬を擬人化したNHKアニメ版だったりしますが、今回のホームズはかなりアクション寄りで、ホームズなので推理もあるものの成分は薄め。悪役とガンガンバトルしてます。

[映画] ジャッキー主演のゆるいアクション『ダブル・ミッション』

ジャッキー・チェン、ハリウッド進出30周年記念作品(なの?)な『ダブル・ミッション』。自転車を使ったり、デパートのエスカレーターのアクションがあったり、随所に過去作品のオマージュが挿入されていて、ああ、こんなことやってたよねえなんて思い出したり。全盛期のキレにはさすがに及ばないものの、小道具を用いたジャッキーならではのコミカルなアクションシーンは勿論あって楽しませてくれます。

[映画] スケート・オア・ダイ(2008)

麻薬の取引現場で起きた殺人事件を偶然目撃してしまったスケボー青年2人が、案の定見つかってしまいパリの街を舞台にエスケープ!というお話。なんだけど、せっかくスケートボーダーという設定があるのに、それがほとんど生かされることもなく、トリックをほとんど見せてくれるでもなく、ただただ逃げ回るだけなので、設定は面白そうなのにスタイリッシュさも無くて、なんだか勿体ない。

[映画] ジェット・リー vs. ジェット・リー 『ザ・ワン』

マトリックスのオファーを断って出た、という割りにはいまいちチープなジェット・リー作品『ザ・ワン 』。オープニングのVFXと最後のジェット・リーvsジェット・リーは見応えあったけれど、設定を生かし切れていないというか。125もあるパラレルワールドのジェット・リーがもっとハチャメチャに絡むのかと思っていたら、話が始まった時点で既に残り3人になっていたという。