[映画] ノンストップおバカアクション『アドレナリン2 ハイ・ボルテージ』

ジェイソン・ステイサム主演のノンストップアクションおバカ映画『アドレナリン』の続編『アドレナリン2 ハイ・ボルテージ』。前作以上に悪ノリというかエロ、グロともにパワーアップしているので視聴の際は注意が必要。オバカなノリのエロはいいとして、グロいのは苦手だなあ。

[映画] アルティメット2 マッスル・ネバー・ダイ

リュック・ベッソン制作、脚本による『アルティメット』シリーズの第2弾。ダミアン(シリル・ラファエリ)とレイト(ダヴィッド・ベル)のコンビが今回も暴れ回る爽快なアクション。2人とも身体能力がずば抜けているし動きも綺麗。前作の3年後が描かれるので、前作を見ていた方が楽しめるかもしれないですね。

[映画] ウォーロード/男たちの誓い

ジェット・リー、アンディ・ラウ、金城武トリプル主演の歴史アクション・ドラマ。19世紀中国の清朝末期、太平天国の乱での実話を基に、彼ら3人の友情と確執が展開されます。戦争シーンでは中国映画お得意の物量作戦で迫力十分に表現されており、そしてちぎれたりなんやかんやでちょいグロい。

[映画] ダニー・ザ・ドッグ -DANNY THE DOG-

フランス映画と相性が良いのか(単にハリウッド作品が悪いのか)、監督に『トランスポーター』のルイ・レテリエを迎え、『キス・オブ・ザ・ドラゴン』に続いて再びリュック・ベッソン(製作・脚本)とジェット・リー(主演)が手を組んだのがこの『ダニー・ザ・ドッグ』。アクション演出にユエン・ウーピン、音楽はマッシヴ・アタック。

[映画] ドラゴン・キングダム

香港2大アクションスター、ジェット・リーとジャッキー・チェンの初共演が話題となったアクション映画『ドラゴン・キングダム』。遂に実現した初共演映画で、これでもかとばかりに年齢を感じさせないスピーディーなアクションを魅せてくれます。ファンならずとも楽しめる娯楽作品。

[映画] キス・オブ・ザ・ドラゴン

リュック・ベッソン製作・脚本によるアクション映画。 ハリウッドに進出したものの、彼を活かす作品に恵まれていなかったジェット・リーですが、この映画は好きで何度も見ています。ひたすら格好いい。 監督は、この作品がデビュー作となるクリス・ナオン。アクション監督には『ロミオ・マスト・ダイ』や『ザ・ワン』でもジェット・リー主演作品に携わっているコーリー・ユエン。共演はブリジット・フォンダ、チェッキー・カリョ

[映画] YAMAKASHIのメンバーが再集結『マックス!!!鳥人死闘篇』

リュック・ベッソンが立ち上げたヨーロッパ・コープの第一弾となった「ヤマカシ -YAMAKASI-」の続編。 VFX抜きで進行する驚異的な身体能力は今作でも勿論健在で、今回はそれに格闘アクションが+。相変わらずの無茶な漫画的ストーリー展開なんだけど、そんなことお構いなしで繰り広げられる生身のアクションと、それを引き立てる音楽も好き。

[映画] 『ダークナイト』、ヒース・レジャーのぶっ飛んだキレっぷりがバットマンを飲み込む

クリストファー・ノーラン監督によるバットマンの新シリーズ第2弾。各媒体で例外なく高評価を受けているのを目にしていながら、どうせバットマンでしょと劇場公開中はどうも気が乗らずに見逃してしまったダークナイトをようやく見た。なんであの頃は避けていたんだろうかと劇場で見なかったことをひどく後悔しましたね。