[映画] 戦国時代の中国を舞台にした、ドラマ性重視のジャッキー映画『ラスト・ソルジャー』

戦国時代の中国を舞台にしたジャッキー・チェン作品『ラスト・ソルジャー』。今回のジャッキーは農家出身の、戦を嫌う雑兵役。なのでアクションシーンは結構あるんだけど、強いジャッキーが敵をどんどん倒していくなんてことはなくて、追っ手から逃げるのがメイン。得意技は石投げ。


コミカルでその場にある小道具をふんだんに使う、強いジャッキーアクションを期待しているとちょっと違うなあという印象だけど、最近増えてきているドラマ性を重視した、こういう物語はありかなと思う。むしろこうした渋い演技を見せるジャッキーが、今はとても格好いい。

大軍同士がぶつかり合うわけでもなく、表には出てこない歴史の1エピソードのような作品で、ひたすら追っ手から逃げるだけので(途中第三勢力が出てくるけども)、スケールは大きくなく道中ちょっと盛り上がりに欠けるかなと思う。

だけど、国も身分も違う敵の将軍(ワン・リーホン)と少しずつ心が通っていく様子であったり、平和への思い、家族への思いを語るシーンは熱く、そして国へ戻ったジャッキーがとった行動や、そこで待ち受けていた意外なラストは切なく、グッときました。見終えるとタイトルの意味がよく分かる。「ラスト・ソルジャー」も、原題の「大兵小将」も、英題の「LITTLE BIG SOLDIER」も作品をよく表していると思う。

戦乱の中国。戦を好まぬ“梁”の兵士(ジャッキー・チェン)は敵国 “衛”の傷を負った若き将軍(ワン・リーホン)を捕えることに成功する。
将軍は全滅した軍の中、深い傷を負い、まともに動くこともままならなかった。報酬を目当てに兵士は、将軍を捕虜として連れて帰ることにする。
こうして故郷で平和に暮らしたい戦嫌いな兵士と、一国を背負う豪傑将軍という正反対な二人の旅が始まる。
しかし、彼らの行く先を血眼になって追うものがいた。衛の国の捜索隊だった。
やっかいなことに彼らの狙いは将軍の救出ではなく暗殺!! 命がけで将軍を守る羽目になった兵士。果たして無事将軍を連れ、故郷へ帰ることができるのか…。

ラスト・ソルジャー
原題:大兵小将(英題名: LITTLE BIG SOLDIER)
監督・脚本・編集:ディン・シェン
原案・製作総指揮・武術指導:ジャッキー・チェン
制作:ソロン・ソユエンノン・スン
音楽:シャオ・クー
出演:ジャッキー・チェン、ワン・リーホン、リン・ボン、ユ・スンジュン、ドゥ・ユーミン、ユー・ロングァン

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロの声優や俳優などナレーター陣による朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。ベストセラー小説やビジネス書、自己啓発、洋書、童話・児童書、落語、講演など、様々なラインナップが揃っています。

初回登録後、最初の1冊は無料 (2か月目以降は月額1,500円で毎月1冊購入、その後は30%オフ価格で作品購入可能)。

会員期間中は、追加料金なしで楽しめるAudibleステーションも利用できます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。