【NPD】2020年1月の米国ゲーム市場は26%減、ソフト1位は『ドラゴンボールZ カカロット』

NPDグループより、2020年1月の米ゲーム小売市場規模が報告されています。レポートによると、2020年1月はハードウェア、ソフトウェアともに2019年1月と比べて30%以上の減少。アクセサリも11%減少して全体では26%減の6億7,800万ドルでした。 2020年末には PlayStation 5とXbox Series Xという2つの次世代機が控えています。米国の消費者の関心は、現行機から次世

【NPD】2019年の米国ゲーム売上トップ20 (全体・プラットフォーム別)、ハードなども含めた市場規模は1.6兆円

NPDグループから2019年のアニュアルレポートが到着。2019年の米国ゲーム市場規模はハード、ソフト、周辺機器などを合わせて145億8,100万ドル(1ドル110円として約1.6兆円)となりました。166億9,500万ドルだった2018年から13%減少しています。

【NPD】2019年12月の米ゲーム市場は『Call of Duty』と『スター・ウォーズ』が牽引

NPDグループより2019年12月の米国ゲーム市場規模が報告(一部デジタル販売を含む)。12月はハード、ソフト、周辺機器の3部門すべてが二桁減となり、全体も前年同月比で15%減の29億8,400万ドルでした。 11月に続いて、あまりに大きかった『Red Dead Redemption 2』(2018年10月発売)の影響が出たかたちとなっています。

UK:2010年代のソフト売上トップ10

FIFA、FIFA、FIFA、FIFA、そしてFIFA。 イギリスのゲーム小売市場において、この10年(2010 〜 2019年)に売れたソフトウェアのトップ10がBBCで発表になっています(GfK調べ、パッケージ版ソフトの売上)。 Nintendo Switchで存在感を取り戻した任天堂ですが、残念ながら過去10年間のトップ10入りはならず。スマブラやポケモンも、人気フランチャイズの牙城を崩すこ

UK:2019年のソフト売上トップ10、『FIFA 20』と『CoD: MW』が100万本を突破し『マリカ8DX』も昨年以上に売れる

英業界団体のERA (Entertainment Retailers Association) が、2019年UKエンターテインメント産業の市場規模を報告。 小売を通じて販売されたパッケージ版ソフトの総販売本数は1,760万本、売上高は6億260万ポンドでした。昨年から21.7%の減少です。デジタルの伸びも1.1%増にとどまり31億7,100万ポンドでした。合計では3.4%減の37億7,400万ド

【NPD】2019年11月は前年比19%減、『ポケモン剣盾』がシリーズ最大ローンチも『RDR2』の反動減が響く

NPDグループから2019年11月の米国ゲーム小売市場規模が報告(一部デジタル販売を含む)。全体では前年から19%減少の22億5,100万ドルとなりました。 ポケモン完全新作の『ポケットモンスター シールド・ソード』がフランチャイズ史上最大のローンチとなった一方で、昨年の『Red Dead Redemption 2』の反動減が響き、大きなマイナスとなっています。

SIE開発でPS独占だった『MLB The Show』が他社プラットフォームでも供給へ、マルチ展開

SIEサンディエゴスタジオが開発するメジャーリーグ公認ゲームシリーズ『MLB The Show』が、PlayStation以外のプラットフォームでも遊べるようになります。 Major League Baseball (MLB) と Major League Baseball Players Association (MLBPA)、Sony Interactive Entertainment (SI

【NPD】2019年10月の米ゲーム市場は10億ドルで歴代2位、『CoD: MW』『アウター・ワールド』『ルイマン3』などがソフトを牽引

NPDグループから2019年10月における米国ゲーム小売市場レポートが到着。『Red Dead Redemption 2』や『Call of Duty: Black Ops 4』が重なった2018年と比べると3割以上もの落ち込みとなってしまいましたが、10億ドル規模を販売し、ホリデー商戦へ向けた盛り上がりの兆しを感じられる月となりました。

【NPD】2019年9月の米ゲーム市場は8%減、次世代機発表で現行ハード売上が落ち込む

NPDグループのレポートによると、2019年9月のアメリカゲーム小売市場の規模は12億7,800万ドルでした。前年9月と比べて8%の減少。 次世代機発表で売上が鈍るハードウェアが22%減の2億4,000万ドルと大きく減少。ホリデー商戦へ向けた新作タイトルが発売され始めたソフトウェアも4%減の7億3,200万ドルで前年に届きませんでした。 周辺機器・アクセサリ類も7%減少し、すべてのカテゴリで前年割