マイクロソフト、『CoD』などアクティビジョン・ブリザードのタイトルをPSに提供継続。任天堂プラットフォームのサポートも

先日マイクロソフトから発表されたアクティビジョン・ブリザードの買収。正式に買収が完了すれば、Xbox/Windowsと競合する他社プラットフォームへのソフト供給が将来的にストップするのではないかとの懸念がくすぶっています。

ファンの懸念に対してマイクロソフトは PlayStation プラットフォーム向け『コール オブ デューティ』シリーズのリリースを、既存の契約が終了した後も続ける考えを示しており、任天堂プラットフォームに関しても、引き続きサポートを継続する考えを示しています。

マイクロソフトの副会長兼社長、ブラッド・スミス氏は公式サイトで次のように述べています。

“マイクロソフトは『Call of Duty』やその他人気のアクティビジョン・ブリザードタイトルが、アクティビジョンとの既存の契約期間を通じ、PlayStation で引き続き遊べるようにすることを明確にしておきたいと思います。ソニーのファンが好きなゲームを引き続き楽しめるよう、既存の契約の範囲を超えて今後も PlayStation で扱えるよう、ソニーとの間で約束を取り付けました。また任天堂のプラットフォームをサポートするため、同様の措置を講じることにも関心を持っています。私たちはこの取り組みが業界やゲーマー、私たちのビジネスにとっても正しいことであると信じています。”

この発表は、アクティビジョン・ブリザードの買収を規制当局に承認してもらうためのプロセスの一環として出されたもの。反トラスト法(独占禁止法)に抵触せず買収が無事に完了すると、マイクロソフトは世界第3位のゲーム会社となります。

『コール オブ デューティ』は Nintendo Switch で発売されていませんが、アクティビジョン・ブリザードが持つその他の注目シリーズ、たとえば『クラッシュ・バンディクー』や『スパイロ・ザ・ドラゴン』『トニー・ホーク プロスケーター』『オーバーウォッチ』『ディアブロ』などは発売されています。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazon のボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書など約 40 万冊がラインナップ。

月額 1,500 円の会員になって 12 万以上のタイトルを聴き放題で楽しむことができるほか、各タイトルを単品購入することも可能。

聴き放題の対象はオーディオブックやニュース番組、トーク・お笑いを含むポッドキャストなど。Audible だけのオリジナル作品やオリジナルポッドキャストも配信。

本は、聴こう。Audible で聴き放題。