タグ: ディズニー 1ページ/4ページ

東京ディズニーリゾートがSuicaやiD・QUICPayなど電子マネー決済に対応、ディズニーランドやシー、ホテル等で利用可能

米ディズニーの7-9月期は6年ぶりの減収、メディアネットワークが不振

キャンセルされた『エピックミッキー』スピンオフ『Epic Disney Racers』のコンセプトアート

『Epic Mickey』シリーズ3作目はドナルドダックを起用した『Epic Donald』になる予定だった、初期コンセプトアートが出品

米ディズニーの4-6月期は増収増益、『ジャングル・ブック』をはじめヒット連発の映画が貢献

3DS『ディズニーアートアカデミー』体験版、ミッキーマウスとオラフを描くレッスン、完成したイラストをSDカードに保存もできる

ディズニー、ビデオゲームの自社開発から撤退しライセンスモデルに移行。『Disney Infinity』は終了、開発スタジオは閉鎖

ディズニーの2016年1-3月決算、『スター・ウォーズ』『ズートピア』のヒットなど映画部門が好調で増収増益

3DS『ディズニーアートアカデミー』、誰でも楽しくディズニーキャラクターを描けるペイントソフト

ディズニーの2015年10−12月期は増収増益、『スター・ウォーズ』効果で映画やゲーム等消費者向け商品が好調

任天堂×ディズニーXD、WiiU『マリオカート8』の特別番組が放送へ

ディズニーの2015年7-9月期、メディアや映画が好調で増収増益。ゲーム関連は減収増益に

国内では『妖怪ウォッチ』、海外では『ディズニー』でダンス。Ubisoftから『Just Dance: Disney Party 2』が発表

ディズニーの2015年4−6月期は増収増益、映画などの好調で純利益が過去最高に

ディズニーと共同制作の『アナ雪』新エピソードも収録される、3DS『ディズニー マジックキャッスル マイ・ハッピー・ライフ2』が11月5日に発売決定

ディズニー、インタラクティブ部門と消費者向け製品部門を統合。新部門を立ち上げ

ディズニーの2015年1-3月、テーマパークや『アナ雪』グッズが好調で10%の増益

ディズニーの2014年10-12月、メディアやリゾート関連が特に好調で増収増益に。ゲームはモバイル向けが牽引

ディズニーの2014年9月期通期業績、全部門が拡大し増収増益に。ゲームを含むInteractive部門も黒字転換

ディズニーからマーベルキャラが多数参戦する『Disney Infinity: Marvel Super Heroes』が正式発表

Recent Posts 最近の記事