米ディズニーの7-9月期は6年ぶりの減収、メディアネットワークが不振

米ウォルト・ディズニーが10日に発表した2016年Q4(7-9月期)決算は、四半期としては6年ぶりの減収となりました。スポーツ専門チャンネル「ESPN」の加入者が減少するなど、メディア・ネットワーク部門の苦戦が響きました。

7-9月期の売上高は前年同期比3%減の131億4200万ドル、営業利益は10%減の31億7600万ドル、最収益は10%増加して17億7100万ドルでした。EPSは16%増の1.10ドルでした。

メディア・ネットワーク部門の売上高は3%減の56億5800万ドル、セグメント利益は8%減の16億7200万ドルでした。CATV部門の売上高は7%減の39億5600万ドル、セグメント利益は13%減の14億4800万ドルでした。ESPNやディズニー・チャンネルの減収や製作コストの増加が影響しました。

パーク&リゾート部門の売上高は1%増の43億8600万ドル、セグメント利益は5%減の6億9900万ドルでした。国内向けは好調だったものの、海外で入場者が減少。海外では上海が6月にオープンしていますが、パリや香港の業績が悪化したということです。

Q2が絶好調だった映画を含むスタジオ・エンターテインメント部門の売上高は2%増の18億1100万ドル、一方でセグメント利益は28%減の3億8100万ドルと大きく減少しました。

前四半期までに公開された『ファインディング・ドリー』や『キャプテン・アメリカ:シビル・ウォー』などは継続して貢献したものの、今四半期公開だった『ピートと秘密の友達』や『Queen of Katwe (原題)』のパフォーマンスが予想を下回ったということです。TV/SVOD では『スター・ウォーズ』クラシックタイトル販売が好調でした。

コンシューマー・プロダクト&インタラクティブ・メディア部門の売上高は17%減の12億8700万ドル、セグメント利益は5%減の4億2400万ドルでした。『Disney Infinity』事業の撤退により、新作がなかったことで売上高が落ち込んでいます。また商品ライセンス販売も不調でした。

四半期決算のほかに、2016年9月期の通期業績もあわせて発表。通期売上高は6%増の556億3200万ドル、セグメント利益は7%増の157億2100万ドル、純利益は12%増の93億9100万ドルと増収増益でした。

share

Amazon セール・キャンペーン

Amazonチャージ初回購入で最大 2,000 ポイントもらえる

Amazonの買い物なら、Amazonギフト券を使うのがお得。Kindle本の購入にも使えるAmazonギフト券(チャージタイプ)は、現金で5,000円以上の残高を追加するたびにポイントが貯まります。

通常会員なら最大2%、プライム会員なら最大2.5%がポイント還元。

今なら初回購入で最大2,000ポイントがもらえる。

Amazonギフト券チャージ : 初回チャージで最大2,000 円分ポイントがもらえる

Kindle Unlimited 読み放題

「Kindle Unlimited」は、月額 980 円で小説やコミック、ビジネス本、実用書、雑誌など幅広いジャンルの電子書籍が読めるサブスクサービス(定額制読み放題サービス)。初めての方は30日間無料体験。体験期間中にいつでもキャンセルでき、途中でキャンセルしたら料金はかかりません。

Kindle Unlimited を無料体験

Amazon Music Unlimited

「Amazon Music Unlimited」は月額 780 円(Amazonプライム会員の場合。一般会員は月額 980 円)から利用できる、7,500 万曲以上を楽しめるサブスクサービス(定額制音楽配信サービス)。初めての方は 30 日間無料体験。体験期間中にいつでもキャンセル・プラン変更でき、途中でキャンセルしたら料金はかかりません。

一部の楽曲は Ultra HD 音質にも対応する、より高音質な「Amazon Music HD」へのアップグレードも無料。

Amazon Music Unlimited

Amazonパントリー おまとめボックス

食料品や日用品を、ひと箱にまとめて1回で受け取れる。いつもの買い物の手間を減らせる「Amazonパントリー」を、すべてのAmazonユーザーが利用可能に。買い物がお得になる割引クーポンなども配布。

Amazonパントリー 対象商品をチェック