バーコードやQRコードをつかったKDDI (au) のスマホ決済サービス「au PAY」が、6月26日より店舗提示型QR決済 (スキャン支払い) に対応。また「楽天ペイ (アプリ決済)」加盟店でも利用できるようになりました(au PAYアプリのアップデートが必要です)。

R Pay / au PAYのロゴステッカー、または「お支払いは楽天ペイで」「au PAYも使えます」という文言が入った共通QRコード台紙が目印。

支払いイメージ

楽天とKDDIは、2018年11月に決済・物流・通信分野における事業協争の推進で合意。今回の取り組みは、この合意に基づいて「楽天ペイ (アプリ決済)」の決済プラットフォームや加盟店網の一部をKDDIへ提供。加えて各種決済インフラの相互利用を促進し、「キャッシュレス社会の実現」と利用者の利便性向上を進めることを目的としています。

両社は今後、合同キャンペーンの実施も検討しているということです。

au PAYは「au WALLETアプリ」から簡単操作で利用できる、KDDIのスマホ決済サービス。アプリ上に表示されるバーコードやQRコードを、店舗のPOSレジや各種端末で読み取る、あるいは店舗が提示したQRコードをアプリで読み取ることで、買い物の支払いをすることができます。

au PAYは利用金額に応じて、200円ごとに1au WALLETポイントが還元(0.5%相当)。auスマートパスプレミアム会員なら200円につき3ポイント(1.5%相当)が還元されます。7月31日までは、最大26.5%の「au WALLET ポイント」を還元するキャンペーンも実施中です。

「楽天ペイ (アプリ決済)」の決済フロー

「au PAY」の決済フロー

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で