【比較】『ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション』収録作品、特徴・追加要素

『ロックマンゼロ』『ロックマンゼクス』シリーズをひとつに。 カプコンの『ロックマン』派生シリーズである『ロックマンゼロ』シリーズと『ロックマンゼクス』シリーズをひとつにまとめた『Mega Man Zero/ZX Legacy Collection (国内タイトル : ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション)』が2020年1月23日に発売。 対応プラットフォームはPS4、PC

【比較】『ファイナルファンタジーVIII』リマスター版の特徴やオリジナルPS版との違い、変わったところ変わらないところ

1999年に初代PlayStationで発売された『FINAL FANTASY VIII』(ファイナルファンタジーVIII、FFVIII、FF8)が、発売開始から20週年の2019年、『ファイナルファンタジーVIII リマスタード』(FINAL FANTASY VIII Remastered) となってPlayStation 4 / Xbox One / Nintendo Switch / PC

『たべごろ!スーパーモンキーボール』がアジアのレーティング機関で確認、Switchにも対応

日本でセガが商標登録出願していることが明らかになった、『スーパーモンキーボール』シリーズの新作ではないかと思われる『たべごろ!スーパーモンキーボール』ですが、実際にこのタイトルで、韓国や台湾のレーティング機関に情報が登録されていたことが確認されてます。 対応プラットフォームはNintendo Switch、PlayStation 4、PC。発売日は未定。

Playtonicの『Yooka-Laylee』新作は2D横スクロール&3D見下ろし型アクションアドベンチャー、David Wise氏やGrant Kirkhope氏も再び参加

Playtonic Gamesが新作『Yooka-Laylee and the Impossible Lair』を発表。第1作目はN64やGC時代のような3D箱庭アクションゲームでしたが、新作は2人が活躍する2D&3D見下ろし型のアクションゲームになりました。 Capital Bの野望を阻止するため、仕掛けいっぱいのステージをYookaとLayleeが力を合わせ進んでいきます。

【比較】『オクトパストラベラー』Nintendo SwitchとPC(Steam)版との違い、画質・フレームレート

スクウェア・エニックスのファンタジーRPG『OCTOPATH TRAVELER (オクトパス トラベラー)』が、2018年7月のNintendo Switch版に続いて2019年6月8日、PC (Steam)でもリリース。対応機種が増え、より多くのプレイヤーが遊べるようになりました。 昔ながらの2Dドット絵に、3DCGの画面効果を加えた“HD-2D”と呼ばれるグラフィックスによる幻想的な世界、それ

コナミ50周年記念『アニバーサリーコレクション』シリーズ、『アーケードクラシックス』『悪魔城ドラキュラ』『魂斗羅』がそれぞれ発売。各8タイトル+ボーナスブック搭載

アニバーサリーはコナミ50周年にかかっていました。 コナミデジタルエンタテインメントは3月20日、コナミグループの創業50周年(2019年3月21日で創業50周年)を記念した『アニバーサリーコレクション』シリーズをNintendo Switch、PlayStation 4、Xbox One、PC (Steam) で順次発売すると発表しました。

ローグヴァニア『Dead Cells』に新たな魅力を追加する無料DLC「Rise of the Giant」が3月28日より配信、コンソール版も後日対応

Motion Twin は3月13日、ローグライク2D探索型アクションゲーム『Dead Cells』の無料追加コンテンツ「Rise of the Giant」について、ローンチが2019年3月28日(日本時間:2019年3月29日)に決定したと発表しました。

“G”相当の超大型DLC『モンスターハンターワールド:アイスボーン』が来年配信、『ウィッチャー3』コラボも決定

カプコンは12月11日、PlayStation 4、Xbox One、PC (Steam) で発売中の『モンスターハンター:ワールド (MONSTER HUNTER: WORLD)』について、超大型拡張コンテンツ『モンスターハンターワールド:アイスボーン (MONSTER HUNTER WORLD: ICEBORNE)』を2019年秋より順次配信すると発表しました。 『モンスターハンター:ワールド