マーベラス、『天穂のサクナヒメ』が世界出荷50万本を突破

マーベラスは 2020 年 11 月 25 日、国内では 2020 年 11 月 12 日に発売した和風アクションRPG『天穂(てんすい)のサクナヒメ』について、世界累計出荷本数が 50 万本を突破したと発表しました。

『天穂のサクナヒメ』はインディーデベロッパーのえーでるわいすが企画・開発し、マーベラスがグローバル展開を行っているタイトル。

対応プラットフォームは Nintendo Switch / PlayStation / PC (Steam)。

美麗グラフィックで描かれる『天穂のサクナヒメ』は、「ヒノエ島」を舞台に、島を支配する鬼と闘う爽快なコンボアクションと、日本古来の伝統を取り入れた米づくりシミュレーション要素が融合したユニークなスタイルの和風アクションRPG。

ガチ過ぎる本格的な稲作要素は発売後に大きな話題となり、メディアにも多数取り上げられるほど。反響の大きさや新規タイトルヒットへの期待から、発売元マーベラスの株価も押し上げました。

share