【ポケモンSV】トビー・フォックス氏が楽曲提供、『剣盾』に続くコラボ

『アンダーテイル』などで知られるトビー・フォックス氏は、ポケモンシリーズ最新作『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット』に楽曲を提供していることを明らかにしました。 担当したのはフィールド曲のコンセプトを含む数曲とのこと。

増田順一氏が株ポケのチーフ・クリエイティブ・フェローに就任、ビデオゲームの枠を超えて『ポケモン』プロジェクトに携わる

株式会社ポケモンは2022年6月1日、増田順一氏をチーフ・クリエイティブ・フェローに迎えたことを発表しました。 増田氏はポケモンを開発するゲームフリークで 2022 年 5 月 31 日まで常務取締役を努めていました。ゲームフリーク設立当初からのメンバーであり、ポケモンシリーズにも『ポケットモンスター 赤・緑』から長年に渡り携わっているクリエイター/コンポーザーです。

【ポケモンSV】『剣盾』以来3年ぶりの本編シリーズ完全新作はオープンワールドでの冒険へ

『ポケットモンスター』シリーズは遂にオープンワールドへ。 株式会社ポケモンは 2022 年 2 月 27 日に配信した「Pokémon Presents 2022.2.27」にて、「ポケットモンスター」シリーズの完全新作『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット』(ポケモンSV)を発表しました。対応プラットフォームは Nintendo Switch で、発売時期は 2022 年冬予定。開発は

『ポケモン』開発元のゲームフリーク従業員1名が新型コロナに感染し入院、オフィス閉鎖はなし

ゲームフリークは4月23日、従業員1名に新型コロナウイルス感染症の陽性反応が出たことが4月22日に確認されたと発表しました。当該従業員は管轄保健所と医師の指導に基づいて、医療施設に入院しているとのこと。 ゲームフリークは従業員の新型コロナウイルス感染防止策として、1月末から対面での打ち合わせの見直しや海外への渡航禁止、時差通勤の推奨、手洗い・うがい・マスク着用の励行等を行ってきました。 さらに4月

『ポケモン』本編シリーズなど開発のゲームフリークも任天堂東京と同じ神田錦町に本社を移転

任天堂・古川俊太郎社長は経営方針説明会/第3四半期決算説明会で、東京で4つに分かれている事業所(開発を含む)を、一部のグループ会社とともに一か所に集約する準備を進めていることを明らかにしました。 東京の新たな拠点は神田錦町になるとの話でしたが、ゲームフリークも同じ場所に本社を移転する計画でいるようです。

『ポケモン』開発のゲームフリーク、「3DS向けRPG」を含む業務に携わるプログラマーを募集

任天堂/ポケモンの『ポケットモンスター』シリーズ本編等の開発元として知られるゲームフリークが、キャリア採用(中途採用)で「プログラマ(3D描画)」を募集しています。気になるのは、具体的な業務内容として「メインタイトルは3DS向けののRPG」とあること。